• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

絶対やっちゃダメ!「お金」にまつわる嫌われる女子の特徴

Date:2013.12.23

良い意味で、「お金に敏感な女性」になろう!

女性は、お金に関して無頓着でも、神経質すぎてもダメ。男性って実は、女性のお金に対する考え方をしっかりチェックしているものなのです。いくら外見をキレイにして性格の良さをアピールしても、お金への価値観が違っていると嫌われてしまうかも?

10代~20代前半程度までだったら許せることでも、これから結婚を考える年に差しかかる頃には大問題になります。今のうちに、女性としてのお金に対する考え方を、しっかり確立させておきましょう。

「おごってもらうの当然!」は絶対にNG

男性とのデートや食事、代金は当然男持ちでしょ?そんなバブリーな考えを持っている人、まだまだ多いようです。確かに男性の立場としても、お金は極力自分で持ちたいと考える人もいます。

しかし、それを当然のこととして捉えられたり、感謝の気持ちが感じられないと一気に冷めてしまうのだそう。

お会計は何回かに1度は自分が持つなど、でしゃばり過ぎない程度に支払いましょう。男性が断っても、「少しは出させて」と感謝の気持ちを金額に表してみてはいかがでしょうか。

お金の管理がずぼらな女性は婚期を逃しやすい!?

お金の管理は、大人の女性のたしなみです。家計管理は結婚してから急に始めるものではありません。自分の給料をしっかりやりくりして、小額でも貯蓄を持っておきましょう。

例えば、お財布の中を把握していなかったり、入らないレシートがどっさり入っていたり・・・。こんな女性の印象はちょっと品にかけてしまいます。

また、外見や遊びにお金をかけてばかりで、支払いの終わっていないものがあったり、給料日前にはカツカツの生活をしているというのも困りもの。男性の衝動買いや浪費を心配したり、節約方法をさりげなく提案できるくらいの余裕は欲しいものです。

さらにお金を返さない・・・なんて失礼なことをしているのは論外です。金の切れ目は縁の切れ目。親しき仲にも礼儀ありですから、借りたお金は時間を置かずに返すようにしましょう。

また、返せる目処が立たないならば借りないのが基本。お金のことで彼に嫌われるなんて、悲しい思いはしないでくださいね。

プレゼントやデートでが高級志向の女性は嫌われる

「プレゼント何が欲しい?」「旅行はどこに行きたい?」そんな彼からの質問に、贅沢なリクエストをしていませんか?もちろん理想は高く持ちたいですが、相手への遠慮や謙虚さは忘れないようにしましょう。高級志向な女性は、結婚の対象になりにくいものです。

将来結婚したとき、どんな生活を望むのかを見ている男性は多いもの。気持ちが盛り上がっているカップル間でも、現実を見ることは非常に大切です。

お金に関する知識が全くないのは危険

日々のお金のやりくりや貯蓄だけでなく、将来必要になるお金の知識はたくさんあります。保険や年金、税金などなど・・・。こういったお金の知識が低い人は決して少なくありませんし、結婚後も夫にまかせっきりのケースも多いです。

しかし今のご時勢、知識のない女性は頼りないと感じられてしまいます。これも「将来家庭に入ったとき」のことを男性に想像させてしまいます。

もちろん、ケチケチ女子もNG

しっかりとした金銭感覚を持っていることは大事でも、ケチという印象を持たれては困ります。1円単位まで計算したり、デートを安く済ませる、ベテラン主婦のようなチラシチェック・・・。あまりに細かくて面倒なことをしていると、男性も引いてしまうかもしれません。

節約にこだわる女性は、男性の前ではそれを見せない工夫も必要でしょう。「デキる」ということをアピールするのも必要ですが、やりすぎには注意です。

現代の男性は実に節約思考なんです!

昔は男性が社会的に強く、経済的にも優位な立場でした。しかし、最近の日本ではそのような常識は薄れつつあります。若い男性の多くが「女性が経済的に自立していること」「正しい金銭感覚と知識を持っていること」を望んでいます。

この記事をシェアする

関連記事