• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お金にルーズな彼とケチで貯金派な彼。女性を幸せにするのはどっち?

Date:2012.12.29

結婚する前も、特に結婚した後はお金の問題はとても重要になってきますね。お付き合いをしている状態では、お金の使い方に関しては深く考えなくても、今後結婚することを考えたら、お金に関する価値観を確認しておく必要がありますよね。

お金にルーズだったり、浪費家だったら結婚した後、生活していくにあたって大丈夫なのかな?と心配になるし、あまりケチでも買いたいものも自由に変えない生活はイヤだし…。お金にルーズ、お金にケチ、どちらが幸せになれるのでしょうか?

お金にルーズな男性とは?

お金遣いが荒い、買いたいと思ったものは後先考えずに買ってしまう、貯金なんて考えていない、彼女にお金を借りる、デート代や食事代は彼女が払うことが多い、お給料をすべて使ってしまい給料日の1週間前はカップラーメンばかりの生活…なんて男性はお金にルーズな男性といっていいいでしょう。

男性としては情けないですね。ものすごい年下であるとか、何か特別な理由がなくデート代を女性が払うことは多くないですよね。

せめて割り勘にしてほしいもの。いつもデート代は自分が払うなんてちょっと悲しいです。お金にルーズな男性と付き合う場合、お金に関しては彼女の方に余裕がないと、成り立っていかないかもしれませんね。

お金にルーズな男性はデメリットばかり?

デート代は彼女持ち、お金がないと借金をする、なんて彼を持つと苦労が目に見えていますね。被害をこうむるのは彼女です。ただ、自分がお金にルーズだと、彼女のお金の使い方に口をはさむことはない男性が多いですね。

結婚後も生活費をにぎるのは奥さん、ということになる可能性が強く、女性にとっては自由に旦那さんのお金を使えるということでもあります。もちろん、結婚後は旦那さんに好き放題お金を使わせないように、コントロールすることが必要になってきますよ。

ケチな男性のデメリットとは?

デートでクーポン券を使う、旅行など二人で行った先での写真代を請求する、デートはお金を使わない外でのデートが多い、電車代をケチって歩く、ドライブに行ったらガソリン代を請求される、会社の差し入れのお菓子をほとんど持ち帰る、なんて彼ははっきり言ってイヤですよね。

ケチだとムードなんてなくなってしまうし、こんなにケチな男性と結婚しても楽しくないのではないか、と思ってしまいます。お店などでも恥ずかしい思いをしたり、それを自分に求められるのも嫌ですね。

時には二人で高級レストランにも行きたいし、ロマンチックな気分になれるホテルにも行きたいです。そんな楽しみ味わえないのは悲しいですね。

ケチな彼のメリット

ケチは言いかえれば堅実です。程度にもよりますが、金銭感覚がしっかりしているとも言えますね。お金は大切に使うものですものね。ムダ遣いを控えて、コツコツ貯金をして。そんな彼と結婚すると、きちんと貯金ができ、生活は安定したものになるのではないでしょうか。

自分との価値観と合わせて

金銭感覚の問題は、結婚を考えたときにはとても大切なことですね。お金にルーズな彼も、ケチな彼も程度というものがありますが、自分が我慢できる、合わせていける相手であれば問題はないと思います。

金銭感覚が違うとケンカの原因になりやすいものですが、金銭感覚が正反対でも、お互いがお互いのいい点を学んでやっていくことができると、いいですね。

この記事をシェアする

関連記事