• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ファンデも浮かせない!綺麗に仕上がるお化粧直しの方法

Date:2013.06.03

朝、綺麗塗ったファンデーションも、夕方になるとベッタベタ!そんな時は、皆さんお化粧直しをすると思いますが、朝のように綺麗に戻らないって事ないですか?なんとなくテカリが残ってしまったり、ベタツキが感じられたり・・・。

そんな方は、お化粧直しの方法を間違えているのかもしれません。朝のスッキリしたお顔に戻せる、お化粧直しの方法を、お化粧品売り場の方に聞いてきましたので参考にしてみて下さい。

まずは、脂取り

私も脂取りをしてから直してるわ!って思う方もいるかもしれませんね。しかし脂の取り過ぎも良くありません。

1枚の脂取り紙で、浮き過ぎた脂を取り除いた後は、軽くティッシュでオフしましょう。メイクがベタベタに見える元でもあるので、しっかり取り除いておきます。

裏技!ウエットティッシュ

これはビックリですが、脂取りの後にウエットティシュやハンカチを濡らした物などで、テカリの気になる部分を更に押さえていきます。脂取り紙やティッシュでは取りきれなかったベタツキや汚れが、綺麗に落とせる裏ワザです。

但し、こすってしまうと付いているファンデーションがよれて、美しくなくなるので、押さえる!という感じにして下さいね。汚れを更に取り除くので、脂取り紙だけよりもスッキリする感じがしますよ。

ファンデは叩いて塗る

次は、ファンデーションを塗り直していきますが、脂を吸ったファンデーションがお肌に付いたままなので、塗り伸ばしてしまうと仕上がりがムラになってしまいます。ファンデーションは、朝付けるよりも少ない量を、叩きこむ感じに塗りましょう。

目元や口元などを、しっかり塗り直しておくと、綺麗に仕上がります。

アイラインは必ず直す

目元のアイラインが落ちてくると、疲れた印象になってしまうそうです。アイシャドーを直す時間がない場合でも、アイラインだけは、必ず引き直しておきましょう。

チークは薄めに!

お化粧直しは、ファンデーションを重ね塗りしているので、チークを濃く入れ過ぎると厚化粧に見えやすくなるそうです。

お化粧直しの際のチークは、少量ブラシに取ってほんのり色づく程度にすると、綺麗に仕上がるようです。

リップライナーを使おう

リップの塗り直しは、ダイレクトに付けてしまうより、リップライナーを使い唇の輪郭をしっかり引いてから付けると、お顔全体の印象が見違えるように綺麗に見えます。

プロに聞いたお化粧直しの簡単な正しい手順を紹介しましたがいがだでしょうか。時間がなくても、これなら綺麗に直せそうですね。正しいお化粧直しをして、綺麗を持続させちゃいましょう。

この記事をシェアする

関連記事