• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏休み目前!家族で楽しむ、沖縄のおすすめビーチ

Date:2013.06.19

季節も春めいてきました。沖縄の方では、梅雨を飛び越えて、すっかり夏になってしまったような、暖かさを感じています。今の季節がずっと続けばいいのに、なんて思ってしまいます。

さて、夏休みの旅行の計画は決まりましたか?今日は家族で楽しめる、沖縄のおすすめビーチを紹介していきたいと思いますので、是非参考になさってください。

綺麗で自由!瀬底ビーチ

沖縄本島の中でも、北部地方の海は際立って美しくなります。グリーンと青の二層に重なる海、白い砂浜、洞窟のような岩、そんな景色が広がるのがこの瀬底ビーチです。瀬底島は、本島から少し離れた小島で、ここ数年で橋がつながったばかりの島です。

このビーチには、遊泳ネットがはられていたり、シャワーがの完備がされているわけではありません。ホテルのビーチや、やたらと決まりの多い管理されたビーチで物足りない方にはお勧めのビーチです。

岩場の陰などにレジャーシートやイスを置き、一日中本を読むのにもって来いです。また、このビーチの海は波も少なく、流れも感じない程度なので、小学生くらいのお子さんなら心配ないと感じます。

シュノーケルを装着して、海をのぞいてみると少しばかりの魚もいます。また、このビーチはその美しさから、グラビア撮影などが行われたりもしていました。

ぜひ、このビーチでお子さんの写真などを取ってみてはいかがでしょうか?きっと沖縄の美しい海の思い出写真ができると思います。

沖縄版アダムとイブの神話の島、小宇利島

やはり、この島も本島北部の離れ小島です。この島は、沖縄で最初の男女が降り立った島という、まるでアダムとイブのような神話があります。その神話からなのか、最近では「恋人の島」などと呼ばれたりもしています。

この島につながる橋も数年前にできたばかりで、あと数メートル長ければ交通料金が発生したと言う、無料で渡れる橋の中では日本一長い橋が架かっています。

晴れた日の、小宇利島までを渡るこの橋からの景色は、神がかり的に美しく、初めて訪れる人は、この橋からの景色に感嘆の叫びをあげる人続出となるでしょう。

そこから見る景色は、二層に重なる海、透けて見えるサンゴ、晴れ渡る空、近づく島というものです。映画「チェケラッチョ」がこの橋の所で撮影されたなど、映画CMの撮影現場としても使われています。

小宇利島はここ数年でどんどん発展を遂げており、カフェや売店もどんどんできてきています。ビーチから歩いてトイレやシャワー、売店にも行くことができます。パラソルも沢山立っていて、遊覧船に乗って海の中のサンゴや魚を見る事もできます。

バナナボートのお店もビーチに待機しているので、思い出に家族でバナナボート体験をしてみてもいいかもしれません。

このビーチの海はやや流れがあり、ぼんやりと浮いていたら流れていきます。安全ネットも張られていませんので、あまりにも小さなお子さんは、親同伴で泳ぐことをお勧めします。

小さなお子さん連れにお勧めルネッサンスビーチ

あまりにも、小さなお子さんがいる方や、清潔なシャワーやトイレ、ビーチにレストランがあればいいのになど、豊富な設備や、安全面を重視される方は、ホテルのビーチをお勧めします。

宿泊しているホテルのビーチなら、部屋から目の前ですし、心行くまで楽しむことができると思います。

ホテルのビーチは、宿泊してなくても利用することができるので、もしホテルなどに宿泊していなくても是非使っていただきたいと思います。そんな中、小さなお子さん連れの家族にお勧めしたいのが、恩納村にあるルネッサンスビーチです。

ルネッサンスリゾート沖縄というホテルの目の前にあるビーチで、シャワーに更衣室、レストランにエステなど、設備が豊富に整っています。また、安全ネットが張られているし、ビーチ自体が湾になっているので、お子さんが流される心配もありません。

ビーチスタッフが常に近くにいるので、タオルを借りたり、何かと便利でしょう。また、このホテル自体が家族向けのホテルになっていて、小さなお子様が騒いでしまっても安心です。

そして、ビーチから少し中の方に歩いていくと、海の中でイルカが飼われているのを見ることもできます。小さなお子様がいる方や、設備の整ったビーチで一日中くつろぎたい方などにお勧めです。

沖縄の様々なビーチ

沖縄にはこれ以外にも沢山のビーチがあります。

観光の方が多いビーチ、地元の方がバーベキューをするビーチ、人がほとんどいないビーチ、サンゴや魚がたくさんいるビーチなどなど、名前のついていないビーチなども含めると数えきれないほどの数になるのではないかと思います。

用途や楽しみ方によって、行くビーチも変わってきます。あなたも是非、沖縄で自分のお気に入りのビーチを見つけてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事