• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏休みに挑戦したい!沖縄でパラセーリング体験してきました!

Date:2013.08.13

日常に埋もれていると、思いっきり空を飛びたくなる時がありませんか?広い海の上を、パラセーリングで飛んだら、どれだけ気持ちがいい事でしょう。しかも、沖縄の海でそれが体験できたら、一生の思い出になると思いませんか?
 
今回、沖縄の海でパラセーリング体験をして来たのでレポートしていきたいと思います。

天気予報では曇り時々雨

前日、明日の天気は雨。日にちは、梅雨真っ只中の6月前半でした。雨でも、太陽がカンカンで暑いよりはいっか。そう思って、その日は眠りにつきました。

当日、目を覚ますと、嘘のように晴れ空が広がり・・・。.というわけにもいかず、それでも曇り空が広がりました。風も強く、気持ちのいい天気。私と友達は、ウキウキしながらパラセーリングを予約した沖縄北部、本部町に向かいました。

沖縄本島の中でも、北部の海は美しく、晴れた時の海の色は格別です。そんな海を眺めながら、車を走らせ本部町のパラセーリングのショップにつきました。

いよいよ船に乗船!パラセーリング初体験!

軽く説明を受け、車で港まで送迎され、船に乗り込みました。この日は、風が強かったため、もしかしたら中止されるかもとの事でしたが、船長の判断で無事船は走り出しました。風と波しぶきを受けながら、海の上を走る事数分。

船が止まりました。風が強いからなのか、波も高く、停止した船はドンブラドンブラ揺れています。「それでは、こちらにどうぞ」ショップスタッフに誘導され、私と友達は船の後部に移動しました。

テントのように大きなパラセーリングをスタッフが準備して、私達はそれに金具のフックでつなぎとめられました。「ブランコのような感覚で、ここを持ってくださいね」言われた通り、私達は紐をつかみ、わくわくとその時を待ちました。

「それでは、いってらっしゃい」スタッフの合図とともに、つながっている紐がどんどん伸ばされて私達は後ろ向きに空へと舞いあがっていきました。

ついに上空へ

「キャー!!!」私達は大声で叫びます。さっきまで乗っていた船がどんどん離れていき、小さくなっていきます。風が強いからなのか、たまに体が左右に振られスリルを演出します。

しばらくたつと、しっかりとした安定感が訪れ、風に身体が降られることもなくなりました。下を見れば、青い海と周りに広がる山々が見えます。「わ~、すごいね、綺麗だね~」私達は上空で言い合いました。

あまりにも安定していて、感覚としてはまるで凧揚げの凧にでもなった気分です。もっと揺れればいいのに!と思ったほどです。しばらくして慣れてくると、私はきょろきょろと周りを見渡しました。

後に繋がれている友達の足がピーンと伸びていているのに気づき、ギューと握ってみました。「足が筋肉痛になりそう!」と彼女は言いました。彼女は恐怖から足の力を抜くことができない様子でした。

確かに、高さを意識してしまえば、恐怖心も湧いてきそうな高さです。この距離から、もし海に落ちたら・・・と考えてしまえば、怖くもなるかも知れません。

しかし、私達はライフジャケットを着ているので、もし海に落ちても海に浮くことができるでしょう。私は、まったく怖くありませんでした。

現実に帰ってきて

時間が来たのか、繋がれていた紐が徐々に巻き戻され、私達は現実世界に、というか船の上に引き戻されました。船は波で大きく揺れています。一緒に乗船していた、家族が順番にパラセール体験をして行きます。

7歳の女の子が「楽しかった~?」と話しかけてきました。「楽しかったよ~」などと、色々話しているうちに、その子の順番がきて、彼女は「手を振るね~」と言って、お父さんと一緒にパラセーリングに繋がれて、空に舞い上がっていきました。

帰って来た時には、大泣きで、さっきまでの元気はなくなり、お母さんに抱きついていきました。子供や、高所恐怖症の人には、少し怖いようです。

セットで楽しむバナナボート

その後、セットで申し込んでいたバナナボートに乗り、ガンガン水を浴びました。私も、友達も「キャーキャー」と叫んでいましたが、本当は「キャーキャー」叫ばなくても大丈夫なくらいのスリル感でした。

私はストレス発散のため、友達はバナナボートを引っ張るスタッフに気を遣って「キャーキャー」叫び続けました。

その後、一度ショップに戻り、そのまま自分たちの車で戻ってきて、海水浴を楽しみました。雲が動いて晴れると、海が透明に広がりとても美しい色の海を眺める事ができました。シュノーケルをつけて、中をのぞくと、サンゴ礁と熱帯魚を観察する事ができました。

あなたも是非、大空を堪能してください

パラセーリングは、スリルを求める人にとっては少々物足りないぐらいの安定感でしたが、高所恐怖症の人にとっては、十分なスリルを味わえるのではと思います。また、船酔いが心配な人は、波の高さにもよりますが、覚悟していく事が必要だと思います。

天気としては、晴天の日に行えば、綺麗な海や景色を眺める事ができると思いますが、その分、日に焼ける可能性もありますので、パーカーなどを着ていく事をお勧めします。

パラセーリングだけのコースもあるのですが、せっかく海に行くのなら、パラセーリングと、シュノーケル、バナナボートのセットなど、色々なマリンスポーツとのセットで申し込めばお得な上、存分に沖縄の海を楽しむことができるのではないかと感じました。

特に、空の上や、バナナボートの上では広い自然の中で、大声を出す事ができるので気持ちが良くストレスも発散できました。あなたも是非、大空を飛んでみてください。

この記事をシェアする

関連記事