• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お小遣いと将来の貯金を分けてない人は貯まりません!別々に管理を

Date:2013.05.27

将来どんな生活を望んでいますか?子供の学費は今後いくらかかるのでしょう?一つの口座だけで管理しようと思ってもなかなか貯金は増えません。生活費とお小遣い、将来貯金は別に管理して確実に貯金していきましょう。

貯金する時は目的と金額をしっかり算出する事!

貯金をするにも、その目的がはっきりしなければ何気ない時についつい使ってしまいます。何の為に貯金をするのか考えて貯金をしましょう。簡単に貯金を引き出す事が出来ない状況にすることで、確実に貯金をしていく事ができます。

目標となる金額を決め、それを何年で貯めたいのか計算します。これによって月々の貯金額がわかります。貯金額が計算できたら、自分の収入と生活費など必要な費用の計算をします。そうすることで、貯金額が妥当な金額なのかどうか調べる事ができます。

もし多すぎる金額になった場合は年数を増やすなどして、無理なく貯金ができるようにしましょう。金額が多すぎると困った時に貯金を使ってしまうことになり貯金は増えていきません。

収入と生活費用の計算で出た差額の内、7割貯金して3割は別費用として別々に管理するといいでしょう。

差額全てを貯金にしてしまうと貯金を引き落としてしまい結局お金は貯まりません。自由に使うお金お小遣い的と貯金は全く別で管理しましょう。

学費の貯金は子供が義務教育卒業までに!

子供を育てていく上でかかる費用が大学卒業までに1000万くらいかかると聞いたことありませんか?短い期間でそれくらい貯めるのは、よほどの高収入でなければ無理がある話ですが、高校入学までには300万大学入学までには500万など区切りを決めるとよいでしょう。

子供の進学費用を貯めるのは、義務教育である小中学生の時にするのが望ましいです。公立学校であれば学費はかかりませんし、生まれてから小中学校卒業まで15年は安定して貯金できます。

比較的お金がかからない義務教育卒業までに目標金額までの貯金ができるようにしたいものです。

老後の安定した生活の為に

定年を迎え、退職金等のまとまったお金が入ったり、年金の支給が始まります。生活レベルを下げないでどのように生活をしていきたいか考えておきましょう。

それまで、頑張って働いてきたご褒美に趣味や旅行に出かけたりなど老後の楽しみもありますよね?その他、年をとれば医療費の事も考えなければなりません。

老後の為の貯金を始めるのは30代後半ぐらいからが多いようです。少しずつ長く貯金をする考えも無理なく貯金するコツです。

目標金額が決まったら定期預金がオススメ!

定期預金は、契約期間中の払い戻しができない預金になります。上記にあるように貯金の目的がはっきりしている貯金をする時は普通預金より定期預金にするのがいいでしょう。

普通預金<貯蓄預金<定期預金というように、定期預金は金利が高くなっています。解約をせずに長期で契約すると金利が高くなります。銀行によって定期預金の商品内容が違いますが、満期まで払い戻しができない分、確実に貯金できます。

積立定期預金も定期預金と同じようなものですが、こちらは払い戻しが可能です。1回分だけ払い戻しする事やまとめて払い戻しする事も自由にできます。また、随時預入できるのでお小遣い貯金向きです。

どちらも口座自動振替にできる預金で、総合口座のように普通・貯蓄・定期等が一緒になっていて一つの通帳で管理することができるものもあります。預金口座を上手に使って計画的に貯金しましょう。

(旧)お小遣いと老後の為の貯金は全くの別!間違った貯金知識に改革を

*貯金する為に貯金額を算出する事と老後や子供の学費の貯金時期についての説明をします。また、定期預金と積立定期預金の違いについて簡単に説明します。

この記事をシェアする

関連記事