• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

効果絶大!お見合いパーティーで本命カードを勝ち取る方法

Date:2012.05.31

結婚相手を見つける場としてお見合いパーティーが主流となってきている昨今、せっかく参加したのにもらうのはいつもお友達カードという女性も多いのではありませんか?

お見合いパーティーに来る男性は、消去法で本命カードを渡す女性を選んでいる場合が多いのです。それでは男性が本命に選ばない女性の条件を学んでみましょう。

自分より収入が多い女性

男性は自分より収入が多そうな女性を避けます。なぜなら妻よりも稼ぎが悪いということは男のプライドが許さないからです。

いつか収入のことで文句を言われるのではないか、いつか尻に敷かれるのではないかと高収入の妻を持つことに内心びくびくしているのです。職業で言えば教師や看護師などの公務員、IT関係やエンジニアなどです。

またバリバリ働いている女性は主張が強そうなイメージを持たれてしまいますから、お見合いパーティーの場では事務職系のOLなんかを演じてみてもいいのではないでしょうか。

自分の話ばかりする女性

極端に口数の少ない女性、人見知りの激しい女性も考えものですが、それ以上に自分の話ばかりを止めどなくする女性は本命カードの対象外です。

男性は話を聞いてほしい生き物であり、そのうえお見合いパーティーに足を運ぶ男性の多くは草食系男子です。自分の話ばかりしていると、一見楽しそうに聞いているように見えても内心うるさい女だなと思われています。

自分をアピールしたい気持ちも分かりますが、男性の話をうまく引き出してあげて聞き上手であることをアピールするほうが賢明です。

ブランド好きの女性

今回は絶対いい男性と出会うぞ、と気合いを入れてお見合いパーティーに臨む女性も多いのではないでしょうか。しかし、アクセサリーやバッグなど高級ブランドを主張するアイテムを身につけている女性は本命にはほど遠いのです。

お見合いパーティーの最終ゴールは結婚にありますから、お金のかかる女と思われてしまっては男性が近寄ってくるはずはありません。

華やかに見せたいのであればむしろブランドのロゴが入っていないものや、ノーブランドでも上品な装飾感のあるアイテムを選んだほうが、結婚を視野に入れている男性にとっては好感触です。

メモばかりとる女性

お見合いパーティーでは、男性のプロフィールを必死にメモしている女性の姿がよく見受けられます。会話をした男性全員の情報を完璧にチェックしている女性に限って、結局誰からも本命カードを渡されません。

メモばかりとっている女性は理想が高いと思われますし、男性は自分が発した言葉を隅から隅まで書き留められているように感じて萎縮してしまいます。

パーティーが進行している間は男性との会話を楽しみ、休憩時間や次のローテーションの合間などに気になったポイントを走り書きする程度にしておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント