• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

デキる女性は、お金をかけない素敵なおもてなしができる!?

Date:2013.12.22

デキる女性に見られたいなら…低予算で手際よくおもてなし

自宅に友人を招いて、食事や飲み会をするときはやはり「おもてなし」感を大事にしたいですよね。お客さんに出すための料理メニューやドリンクのチョイス、テーブルセッティングなどには拘りたいもの。

しかし、高級な食材を使ったり、高い食器を揃えるのは大変なこと。来客の度に大きな出費をすることになり、後々気軽に人を家に呼べなくなってしまうことも。お金をかけなくても、工夫次第でオシャレなおもてなしはできます。

それも、手間を省いてささっと準備するのがポイント。準備に時間がかかったり、面倒な手間がかかると疲れてしまいますよね。気心の知れた友人には、気軽に遊びに来て欲しいもの。

それと同時に、こちら側はいつでも快く人を招けるよう「低予算でカンタンにできるおもてなし方法」を身に付けておきましょう。

料理の準備と分担

なるべく予算と手間をかけず、おもてなし感を出すためにはみんなで一つの物を分け合って食べるものがおすすめです。例えばピザ。食材も高価なものは必要ありませんし、どこのスーパーでも手に入ります。

ピザ生地も自分で作る必要はなく、具とソースを乗せて焼くだけのものが市販されています。具材さえ切っておけば、後は乗せてオーブンで焼くだけ、更に見た目も華やかなのでおもてなしには最適です。

また、寒い季節は鍋料理も良いですね。こちらも市販のスープで様々な種類の鍋ができますし、豪華で楽しい食事になること間違いナシです。その年ごとに、ブームとなる変り種の鍋が出てくるのもおすすめなポイント。

「食べてみたかったけどなかなか機会がなかったのよね!」なんて、喜ばれるかもしれません。

鍋料理は、具材や薬味、トッピングなどを少しこだわるだけでおもてなし感が増します。好き好きで調味料などを足せるよう準備しておくと「デキる!」という印象になるかも?

また、最後の締めもしっかり考えておきましょう。リゾットや雑炊、ラーメン、うどん・・・。この最後の締めで、来客に至れり尽くせりな感覚を味わってもらいましょう。

もし色々なものを少しずつ食べたいという場合、なるべく料理は一品ずつ持ち寄ってもらいましょう。ひとりで複数人分の食事を作り、配膳、片付けをするのは大変です。自分も座ってゆっくり話す時間を少しでも多くしたいですよね。

お酒のディスプレイでオシャレ感アップ!

ワインやビールなど、ちょっと特別なお酒があるときはディスプレイにこだわってみましょう。ディスプレイと言っても、かなり低価格で簡単にできます。特に瓶入りのお酒に使えるのが「木箱」です。

100円ショップで買える長方形の木箱に、ラッピング用の紙パッキンを敷きます。紙パッキンも100円ショップで購入できますし、ちょうど良い紙があればシュレッダーをかけて作ることもできます。

そこにお酒の瓶を置くだけで、ちょっとしたお店のディスプレイのようになるんです。瓶がしっかり入らなくてもOKで、ちょっと斜めにはみ出しているくらいが小慣れ感を演出します。

テーブルセッティンググッズはテーマを決めてから買い物するべし

雑貨屋さんを覗くと、食器やカラトリー類はどれも可愛くて素敵・・・。目移りしてしまいますよね。でも、決して衝動買いしてはなりません。自分がおもてなしをするときは、どんなテーマのテーブルセッティングをするか明確にしておきましょう。

例えば和食メニュー中心が多いのか、イタリアンや洋風料理が多いのかでも、揃えるものは大きく変わります。和食の場合は、取り分ける用の蓮華、人数分の小鉢、お猪口、箸置きなど、細々したものが多く必要。飲むお酒でも揃えるものは変わってきますよね。

100円ショップであっても、無駄遣いは避けたいもの。安いからと言ってあれもこれもと買い足していると、不要なものや系統の合わないものが出てきます。ムダに収納場所が必要になるので注意しましょう。

最低限揃えたいのは、ランチョンマットや箸置き、グラスや人数分の揃ったお皿など。小鉢などは少々バラつきがあってもいいですが、大皿の形や色はある程度統一感を持たせると良いです。

なるべくごちゃごちゃと色の入っていないもの、白や黒などのすっきり見える色がおすすめです。

この記事をシェアする

関連記事