• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

おもてなしスキルを磨いて、ホームパーティーをひらきましょう♪

Date:2013.09.16

自分の家に友人を招いて、ホームパーティーって憧れますよね。

手料理とか、人に食べさせられるほど自信ないし・・・と思ったアナタ、
何もお料理上手だけがおもてなし上手とは限りませんよ!

今回は、ゲストを五感で満足させられる、おもてなしスキルをご紹介します♪

お料理は、美味しければ何でも良いんです

ホームパーティーのメインはやっぱりお食事。
ゲストにお料理上手の友達がいたりすると、
なんだか自分のお料理をふるまうのが、恥ずかしいような気持ちになりがちですが、
そんなことは気にしないで。

気合を入れて何品も作らなきゃ!と思うから、ハードルが上がるのであって
1品だけしっかり作って、あとは美味しいお取り寄せを使ったっていいんです。

大切なのは、全部手作りでもてなすことでは無く、
心地よい空間で、美味しいものをふるまうこと、なんですから。

例えば、失敗の少ない「お鍋」。
美味しいお肉をお取り寄せして、しゃぶしゃぶやすき焼きなんて喜ばれそう。

ワイン好きのゲストなら、普段は買わないような高級なチーズを、
ドライフルーツなどと一緒に、アラカルトとして出すのも素敵です。

出したいものを出す、というよりはゲストの好みにあわせたメニューを
考えることがポイント
ですね。

お料理には相性があるので、全て揃えるのは難しいかもしれませんが、
例えば、好きなフルーツが分かれば、ぜひ用意したいところです。

手作りのものをたくさん出したいのであれば、
作り置きできて、日がたった方が美味しい「煮豚」や「ピクルス」などを
何日か前に仕込んでおきましょう。
当日にあわてて何品も作らなくてよいので
その分、お掃除やほかの準備に時間が使えます。

ゲストが使う空間のお掃除は徹底的に!

ホームパーティーの際、リビングの次にゲストが使う場所は「トイレ」。

トイレットペーパーはホルダーにたっぷり補充して、
いきなり紙が切れるなんてことのないようにしましょう。

蛇口系統は、スポンジでしっかり磨いてピカピカに。
これだけで、かなり印象が違います。

ポプリや芳香剤で、においのケアも忘れずに。

また、香りというとアロマやお香、キャンドルが浮かびますが、
使うスポットとしては、玄関が一番おすすめ。
入ってきた時の第一印象は玄関のたたずまいと、その香りで決まります。

食事を楽しむ会であれば、食事中のリビングでは、香りものを使わないのがベター。
香りは好き嫌いが分かれるところなので、全員が食事を楽しめる空間を作りましょう。

使いたいアロマがあれば、食後にまったりするタイミングで
「これ、すごくいいから焚いてみようか」と確認すれば、
雰囲気の切り替えにもなって良いでしょう。

BGMは、さりげなく、お洒落に。

パーティーの欠かせない演出としては、BGMがあります。
好きな歌をかけるというよりは、お喋りの邪魔にならない程度のものがベスト。

お喋りが止まった瞬間、完全な無音だと、「シーン・・・」と気詰まりだったりしますが
この時に、感じのいいBGMが流れていると、無言の時間すら心地よく過ごせるものです。

最近では、様々なシチュエーションミュージックのCDが出回っています。

・カフェ系(ボサノヴァなどの軽やかなものから、ジャズ系まで)
・ホリデイ、モーニング、などのシーン別のオムニバス

など、レンタルでも取り扱いが多いので、いくつか借りて
ホームパーティー用のプレイリストを作っておくと便利です。

おひらきの後は、お礼の連絡を忘れずに・・・

パーティーがおひらきになり、ゲストを見送った後は
もちろん、お片づけが待っています。

そこでもうひとつ、忘れてはいけないのが「お礼のメール」。

ゲストの方から、「今日はありがとう!」という風に連絡をくれるかもしれませんが、
本来は、わざわざ足を運んでくれてありがとう、と招いた側からお礼をするべき

心からの感謝と“気をつけて帰ってね”の心づかいを、
できるだけ早いうちに伝えましょう。

手作り料理だけがおもてなしじゃない!ってこと、おわかりいただけましたか?
ホームパーティーならではの、親近感とくつろぎに、自分もゲストも
HAPPYになれること、うけあいですよ♪

この記事をシェアする

関連記事