• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏の疲れは早めにとって!お鍋と温泉で夏バテさようなら

Date:2013.10.23

急に体がだるい、なんだか本調子ではないと感じるあなた。これこそが、夏バテです!外の気温と室内の冷房の温度差で自律神経が弱り、体と胃が疲れています。そんな時こそ、お鍋を食べましょう。

夏野菜のお鍋で、元気もりもり

旬のものを食べれば、元気がでると言われていまので、いくつかご紹介。

  • ビタミンB1,B2を多く含むものは、豚肉、豆腐、納豆、ゆず、うなぎ
  • ビタミンCがたっぷり野菜は、トマト、枝豆、ゴーヤ、カボチャ
  • すっぱいクエン酸で元気がでるのは、ゆず、酢、レモン、梅干し、ブレープフルーツ
  • 香辛料、キムチ、ねぎ、しょうが、カレー、唐辛子

どうですか?お鍋が浮かんできますよね。夏バテしていると、食事のメニューを考えるのもめんどうだと感じます。そんな時こそ、お鍋です。連日お鍋になっても、味を変えれば、お鍋が飽きた時にはすっかり元気になっているはず。

ゆずポンのお鍋でさっぱりと食べた後に、キムチを入れて、徐々に汗をかきながらの食べるのもおススメ。お鍋だと、野菜がたっぷり食べれますね。

疲れたら、温泉に行こう!

ついつい夏はシャワーを浴びるだけの生活ですが、自宅のお風呂なら半身浴で疲れを取りましょう。夏向けのさわやかな入浴剤も多く販売されているので、今日はお風呂に入るぞと気合を入れてからの入浴もいいですね。寝る前にぬるめのお風呂に入れば、ぐっすり睡眠できるはず。

お風呂を掃除して、自分でいれるのもイヤ!そう思ってしまう方も多いでしょう。もう完全な夏バテだと自覚して、思い切って温泉に行きましょう。日帰り温泉でもいいですし、とにかく気分転換も必要です。

温泉は秋になってからと思っているかもしれませんが、夏の温泉は即効性があるので元気がでます。疲れたら何も考えずに、手ぶらで温泉に行ってしまいましょう。でも、お金は持ってくださいね。さあ、お鍋と温泉で、夏バテをふっとばしましょう!

この記事をシェアする

関連記事