• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お腹がポッコリ、それ何太り?お腹太りの種類と原因、解消法

Date:2014.08.27

女性はウエスト周りやお腹周りに脂肪がつきやすく、ポッコリとしたお腹に悩む方が多いものです。

でも、そのお腹太りはただの脂肪太りとは限りません。お腹太りにも種類があるのです。そして、その種類によって解消法も変わってきます。

まずは自分のお腹ポッコリの原因を知り、解消していきませんか?

出産後のお腹太り

女性にとって、妊娠、出産は身体に多くの変化をもたらします。出産後、子宮は妊娠前に加えて15倍も重くなるといいます。その後6週間ほどかけ、元のサイズに戻っていくのです。

でも、出産後数か月、または何年にもかけ、お腹太りに悩む方が多いものです。これは出産によって緩んだ骨盤底筋が関係してきています。この筋肉を引き締めてあげることでお腹ポッコリが解消されるのです。

そこで、簡単なエクササイズをしましょう。この筋肉は尿を足しているときに途中で止めるときに使う筋肉です。その感覚で、日常の中で気付いたときに、15回から20回を1セットとして、1日5回尿道を引き締めて緩めるというエクササイズを行うのです。

ただ、このエクササイズはトイレで行うと感染の原因にもなりかねますので、トイレで行うのは避けましょう。

また、食事としては、サーモンオイルなどの魚のオイルがお勧めです。食事から摂るのも良いですし、サプリメントとして摂るのであれば、毎食後、1日3回を目安に摂るようにしましょう。

腹部膨満感によるお腹太り

手足は細いのにお腹だけポッコリ。そんな女性に多いのは腹部膨満感によるお腹太りです。

これは多くの場合が胃腸にガスが過剰に溜まってしまったり、食べ物などで胃腸にアレルギー反応が出てしまったりしていることが原因となります。

もし食べ物に反応しているのであれば、原因を解明することが必要となります。

反応が出やすい食品は小麦製品、グルテン、アルコール、イースト、乳製品などです。これらを食べて反応が出ているように思えるのなら、その食品を週に2回までに抑え、様子を見てみましょう。

また、ガスが溜まってしまうことによる膨満感は、早食いでよく噛まなかったり、一緒に空気を沢山飲み込んでしまったり、ガスが発生しやすい炭酸飲料を沢山飲んでしまっているということも原因となります。

この対策としては、意識してゆっくりとよく噛んで食事をすること、炭酸飲料は避けることが有効です。

また、水太りにより引き起こされる膨満感もあります。これは、水を飲まないことが原因となるので、一日を通して少量ずつ水を飲むように心がけましょう。

体重過多によるお腹太り

これは所謂脂肪太りです。このタイプの方は、お腹だけに限らず、他の部分にも脂肪がついているはずで、お腹の肉が柔らかいのが特徴です。

これは単純にカロリーオーバーで、その背景にアルコール、砂糖、精製された炭水化物を摂取しすぎていることが考えられます。アルコールは止め、砂糖と白米や白いパスタ、パンなどの白い炭水化物は避けるようにした上で、カロリー量を減らしましょう。

代わりに、魚やオーガニックの卵、肉など、質の良いタンパク質を摂り、玄米や全粒粉製品、そして野菜をたっぷりと摂りましょう。その上で適度な運動も必要です。

この手のお腹太りは少し努力をすることで結果は見えやすいです。

ストレスによるお腹太り

ストレスに起因するお腹太りは、腕や脚などの脂肪はそれほどではなく、お腹に集中してついており、更に脂肪が固めです。

この手のお腹太りに悩む方は、完全主義の人で、自分を追い込むタイプの人に多く見られます。

このような方はあまり自分を追い込まず、ストレスを減らしてあげることが一番の解消法です。

また、コーヒーやお茶、ジュース類、加工食品、アルコール、タバコ、砂糖を減らしましょう。代わりにカモミール、ジンジャー、シナモン、レモン、ペパーミントなどのハーブティー、そして室温の水にレモンやライム、ジンジャー、ミントなどを入れたものを飲み物として摂りましょう。

また、脂肪が少ない魚に加工されていない食品、サーモンオイルなどのサプリメント、アーモンドなどのマグネシウムが豊富な食べ物を摂ることをお勧めします。

いかがでしょうか?自分に当てはまるのがありましたか?まずは自分の身体を知ることが大切となります。自分の食生活など生活スタイル全般を見直し、自分の体質を知ることで、お腹太りを解消していってくださいね。

この記事をシェアする

関連記事