• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

デートや仕事中、急にお腹が痛くなった時の対処法とは?

Date:2013.06.01

デートや仕事中、腹痛に襲われた事はありませんか?いつ終わるのかわからない痛みに耐える時間は、苦痛以外の何物でも有りません。

腹痛には幾つかの種類がありますので、症状別に適切な対応が早期回復のカギです。今回は、急な腹痛に慌てず適切に対処する方法をご紹介します。

まずは痛みの原因を特定する

腹痛が起きた場合、痛みの理由がわかる場合があるでしょう。例えば、そろそろ生理になるのであれば生理前の痛みですし、食べ慣れない物や辛い物を食べた場合は食べ物による痛みという具体に、痛みの原因を特定しましょう。

生理前の腹部痛や生理痛の場合

生理前の腹部痛や生理痛には、とにかく体を温める事をお勧めします。温かい飲み物を飲む、貼るカイロを使う、腹巻やストールをかけるなどして体が冷えないようにし、必要があれば痛み止めを飲みましょう。

デート中であれば、女子特有の痛みと言うことを告げて帰宅することをお勧めします。生理前の腹部痛や生理痛は、心理的ストレスでも増幅すると言われているのでなるべく一人で過ごしたほうがよいでしょう。

仕事の場合は、痛みの度合いによって早退するかどうか判断しましょう。痛みがひどくて仕事に集中出来ない場合は、思わぬミスを引き起こすことも考えられるので無理だと思ったら帰宅しましょう

食べ物による痛みの場合

苦手な食べ物や少し傷んだ食べ物による痛みの場合は、食中毒の可能性があります。下痢や嘔吐がある場合は、トイレで症状が落ち着くまで過ごしましょう。

トイレでひとまず落ち着いたと感じても下痢や嘔吐がひどかった場合は、脱水症状になっていることも考えられます。口からの補給では追いつかないこともあるので、病院へ行って点滴などの処置を受けることをお勧めします。

デートの場合は、相手も同じ症状になっていることが考えられますから、二人で病院へ行くことをお勧めします。稀な体験ですが、症状が軽ければ後で笑い話にすることが出来るでしょう。仕事の場合は、生理痛同様に早退することをお勧めします。

理由がわからない痛みの場合

理由がわからない痛みの場合で腹部痛のみの場合は、生理痛と同様の方法で冷やさない様に温めましょう。下痢や嘔吐がある場合は、とりあえずトイレで症状と向き合いましょう。

デートの場合も仕事の場合も、理由が特定できない痛みを引きずったまま続けることは難しいでしょうから、症状が落ち着いたら最寄りの病院へ行くことをお勧めします。

胃腸が弱い方へのアドバイス

頻繁に腹痛や下痢がある場合は、疲労やストレスが原因で胃腸が弱っているか、もともと胃腸が弱い体質であることが考えられます。

普段から体を冷やさないように冷たい飲み物や食べ物を避けることや食べ過ぎないように自制すること、胃腸薬を持ち歩くことをお勧めします。

特に薬が手元に有るだけで安心感を得ることが出来ますので、お守り代わりにバッグやポケットに忍ばせておいてはいかがでしょうか。

また、慢性的に痛みがある場合は、胃潰瘍や胃がんなどの病気も考えられるので、薬の服用が続く時には一度内科や胃腸科を受診することをお勧めします。

デート相手にお腹を壊したと伝えることは恥ずかしいと思う方も居るかもしれませんが、お腹を壊した事が無い人は居ないと言っても過言ではないほど自然な事です。相手との距離を縮める良い機会と考え、しっかり伝えて腹痛に対処して下さい。

この記事をシェアする

関連記事