• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供の教育費…けちっていませんか?音楽教育と読み聞かせのメリット。

Date:2014.01.19

大人になって子供時代の習い事が本当に役に立っていると感じる事は少ないにしても、習い事からの益は成長過程に反映しているものです。

例えば、独特の節で歌う浪曲と呼ばれるものがありますが(浪曲とは詩吟のような発声ですが三味線にあわせて語るもの)、その浪曲の師範をもつ音楽の先生が小学校にいたため、クラスのみんなが習っているのでなんとなく通い始めた方は確かに大人になって浪曲の道に進んだわけではないものの、発声の良い訓練になっていたため、コーラス会のリーダーでサークルを盛り上げていたり…。

また近くの本屋で読み聞かせ会があったため、親に通わせられて通った方は当時は面倒くさく、初めは本も好きではなかったと言われますが、成長と共に講義を聞く際、ポイントの聞き取りのスピードはかなり速くなったようです。

つまり、直接的に役に立つものもあれば、間接的にまたは何らかの補助的な益があることがわかるのではないでしょうか?

子供の持てる時間のリミット

子供の教育費は限度がありますが、子供が持てる時間の限度と比べて限界に許容範囲が広くなります。もちろんそれぞれのご家庭の経済事情によってできるものとできないものがありますが、少なくとも関心を持ったもの1つくらいは習わせてあげたいものです。

ただ将来性に欠ける習い事かあるいは役立ちそうか、見極めてあげたいものです。「お金に限度はつけない」といっても先ほどふれた様に、子供のもつ時間は限られています。

6、7つの習い事というのも、そのお子さんにとって無理がなければよいのですが、それらすべてがどのように生かされるかはママさんの目利き次第です。

音楽教育のメリットは意外に知っているもの!?

最近軽視されがちですが、音楽教育は子供の発育には大切なものとなります。例えば、このような話をお聞きになったことはありませんか?まだお腹に赤ちゃんがいる時、音楽を聞かせるとアルファー波をうけて赤ちゃんの脳の発達が良くなるという話。

特にアルファー波があるモーツァルトの曲が良い…。また赤ちゃんのおもちゃに音がなるものが多いのも、成長過程において脳の発達をよくするため・・・だとか。

音楽教育者の方によれば、子供の発育にかなりの影響を及ぼす音楽教育の可能性を軽視しなかった場合、子供の言葉の取得数は音楽教育のされなかった子供さんよりも1000語以上の大幅な違いが出るとも言われているそうです。

お子さんのためにケチらないで…

また読み聞かせも同じく、言葉の習得数に影響を与えるようです。

ただ音楽教育の場合はリズムや音階などの違いに加えて数学的な楽典もありますから、音楽の道を歩ませるつもりはなくても、子供に音楽教育だけで、聴力、理解力、運動力、数学的な思考力のトレーニングになるという事ですから、侮れません。

音楽教育や読み聞かせは、大きなスクールだからよいと言う訳ではないようですから、個人で開いている教室もチェックすると良いかもしれません。

良い教室は体験に加えてほかの生徒さんのレッスンの見学も可能なはずですから、見分けるのに役立ててみてください。おむつがとれて来たら小学生までの間に受けさせてあげてみてください。

もし、教育費を出し惜しみしないなら…子供が大きくなった時、習わせておいてあげてよかったという充実感と子供からの感謝があなたにメリットとして返ってきますよ。お子さんと共に将来のための幸せの種をまいて下さい。

この記事をシェアする

関連記事