• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

大量に買ったけど使いきれない!一人暮らしの女子の為のお肉類の保存方法

Date:2012.12.01

日曜日のスーパーは、お肉をまとめ買いをすればするほどお得な地域に住んでいる筆者であります。平日に買うより俄然安いので、ついついチラシを見てはスーパーへ直行してしまう週末です。

安く買ったその時は良いけれど、結局使いきれずに腐らせてしまう経験もあります。安く購入しても最早意味がない!まずは肉に謝罪しろ!という気持ちでいっぱいです。

ここでは「肉類」の上手な保存方法をいくつか学び、食材を賢く使う秘訣を紹介したいと思います。

鶏肉の保存方法

2~3日以内に使う時は、肉を洗って水気をよく拭き取り、塩やお酒、しょうゆなどで下味をつけ、ラップに包んで冷蔵室へ。2~3週間以内に使う時は、小分けをし、薄くして、ラップに包んだものを冷凍専用のポリ袋に入れて冷凍保存を。

ぬめりや悪臭が出てきたり、弾力がなくなったり、表面が乾ききった時はもったいないですが捨てましょう。

豚肉の保存方法

2日以内に使う薄切り肉は。1枚ずつ広げてラップを挟み、冷蔵室へ。2~3週間以内に使う時は、塩やお酒、しょうゆなどで下味をつけたり、ラップに包んで冷凍保存用のポリ袋に入れて冷凍保存をしましょう。

お肉がダラリとして弾力がなく、ぬめりや異臭を感じたら、もったいないですが捨てましょう。

牛肉の保存方法

2日以内に厚切り肉や塊肉を使う時は、ラップに包んで冷蔵室へ。2~3週間以内に使う時は、茹でたり、塩やお酒、しょうゆなどで下味をつけたりしたものを、ラップに包んで冷凍保存をしましょう。

ツヤがなく、脂肪と肉の境界が不鮮明の時は腐っているサインです。もったいないですが、捨てましょう。

ひき肉の保存方法

買った日に使わなければ、金属製のトレイに伸ばし、取り分けやすいようにスジを入れて冷凍室へ。カチカチに凍ったら、使いやすいように取り分けて、ラップで包み、冷凍専用のポリ袋に入れて冷凍保存を。

ミートボールやハンバーグに加工して保存してもOK。その方が作りおきができて、すぐに調理ができるので便利です。

ハムやソーセージなどの加工食品の保存方法

お中元やお歳暮の時期に大量にいただくけれど、食べきれないという時ってありますよね。賞味期限内に食べきれない時は、新鮮なうちに冷凍保存をしましょう。

使いやすいように小分けにし、ラップに包み、冷凍室へ。使う時は冷蔵室で自然解凍をしましょう。

この記事をシェアする

関連記事