• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

妊娠中など薬が飲めない時に玉ねぎで美味しく風邪を直す方法【画像有】

Date:2012.08.09

玉ねぎの効果ってすごいんです

風邪を引いたら病院へいき風邪薬を飲んで治すというのが普通。そんな人に知っておいて欲しい方法です。妊娠中等の「薬」が一切飲めない状況に風邪を引いてしまったら是非試してみてください。

玉ねぎを調理していると、涙が出てきますよね?その玉ねぎに含まれる刺激成分(チオスルフィネート)が体の代謝を助けて、温めてくれます。また、玉ねぎには疲労回復や精神不安、利尿等の効果がありますので、普段から玉ねぎを摂取すると風邪を引きにくいと言われていますよ。

準備するもの

まず用意するものですが、玉ねぎ1個、豆乳または牛乳1カップ、にんにくヒトカケ以上です。

玉ねぎを半分にきります。1/2は後で使うのでそのままとっておきます。

半分に切った、残りの1/2を繊維を絶つように、薄切りにしてゆきます。

薄切りの玉ねぎをマグカップに入れる

薄切りにした玉ねぎをなるべく大きなマグカップに入れます。

にんにくもスライス

にんにくヒトカケも薄切りにします。

マグカップに薄切りにしたニンニクを入れます

マグカップに豆乳を注ぎ30分放置する

玉ねぎとにんにくが入ったマグカップに両方が浸るくらいたっぷり豆乳(もしくは牛乳)を注ぎ30分以上、放置します(夏場などは冷蔵庫に入れてください)

電子レンジで温める

30分放置後に電子レンジで温めます。

電子レンジで暖めている間に1で半分に切った残りの玉ねぎを大きめにザクザク切り割れ難い容器に入れておきます。

完成しましたっ!

出来上がり!ちょっとホワイトシチューっぽい味です。ちょっと風邪気味かなあ?と思うときにこれを飲んで早めに寝ると大体なおります。咳も出ているようなときは、寝るときに、枕元に9の玉ねぎを置いておきます。咳が止まりグッスリ眠れます。

この記事をシェアする

関連記事