• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

焙煎大麦飲料が辛い冷えに効く!気になる栄養素を大公開

Date:2013.02.04

私は特に足先が冷えて辛いのですが、みなさんはどうですか?靴下を2枚重ねてはいてみたり、靴下をはかないと足が冷たくて眠れなかったり。そんな経験を持つ女性は多いですよね。

そろそろ何が対策をしなければ…と思っていたところ、キリンホールディングス株式会社・「食と健康 開発研究チーム」が「焙煎大麦が冷えに効く」という研究結果を発表しました。その詳細をご紹介します。

【冷えるとこんなによくないことが!

みなさん、自分の平熱って知っていますか?昔は37度近くあったそうなのですが、現代人では35度台という人も増えているのだとか。平熱が35度台の人を「低体温」と呼ぶのですが、体温が低いと免疫力が落ちて風邪をひきやすくなるばかりか、基礎代謝も落ちるため、体に脂肪を溜めやすくなってしまいます。

冬場やせにくいのは、「動かないから」とか「食べ物が美味しいから」ということ以外にも理由があったんですね。健康にも美容にもよくないなら、もう頑張って平熱をあげましょうよ、現代女子のみなさん。

焙煎大麦で末梢血流量がアップ!

大麦を焙煎(ロースト)するときに出るいい香りの正体は「ピラジン類」という成分。このピラジン類を抽出してラットに投与したところ、血流量がアップし、さらに血管拡張作用が確認されるという結果が出ました。血流量が増えて血管が拡張されるということは、冷えやすい手足の先まで温かい血が行き渡り体温が上がるというわけですね。

冷え症状のある女性で実験

冷えで悩んでいる20~40歳の女性48人を、焙煎大麦抽出液を飲むグループとプラセボ飲料(焙煎大麦抽出液なしだが、被験者には入っていますと伝えて飲んでもらう)を飲むグループに分け、手の温度変化を見る実験が行われました。

まず、それぞれの飲料を飲んだ後に手を冷やし、30分後にどこまで温度が回復するかをサーモグラフィーで見たのですが、プラセボ飲料を飲んだグループはまだ指先が冷たかったのに対し、焙煎大麦抽出液を飲んだグループは手を冷やす前の状態まで回復していることが見て取れました。

このことから焙煎大麦飲料を飲んでおけば、たとえ冷えても早く回復できることがわかりますね。

焙煎大麦入りの飲み物はコレ

大麦をローストして熱湯で煮出したものといえば、みなさんもご存知の「麦茶」ですよね。麦茶は夏の飲み物というイメージがありますが、焙煎大麦が冷えに効くのなら、冬こそ飲みたい飲み物です。

ただ、夏のように冷やして飲むのには抵抗があると思いますので、麦茶パックをお湯で沸かして、そのまま魔法瓶なり、保温性の水筒に入れておけば、いつでも飲みたいときに温かいまま飲むことができますね。食事のときの緑茶を麦茶に変えてみるといいでしょう。でも麦茶ばっかりでは飽きてしまいますよね。

そこで、「大麦コーヒー」なるものを見つけました!大麦を焙煎してコーヒー風味に仕上げた飲み物で、ミルクとの相性もいいし、体を冷やすと言われているカフェインも入っていないため、寒い冬の朝にはもってこいですよ。ネットで購入できるようですので、興味のある方は検索してみてください。

さあ、あなたも焙煎大麦飲料を飲んで辛い冷えとオサラバしましょう。

この記事をシェアする

関連記事