• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

歯もアンチエイジングを!今から始めたい正しいオーラルケア

Date:2013.06.06

口元の老化は全体の若さの印象を大きく左右するもの。歯の黄ばみや歯茎痩せなど、歯をはじめとした咥内の老化にはどんなものがあるのでしょうか。また、歯のアンチエイジングの方法にはどんなものがあるのでしょうか。

歯の老化とは?

年齢とともに老化するのは肌だけではありません。残念な事に歯も老化します。お口が老化すると起きる現象には次のようなものがあります。

  • 歯が黄ばむ
  • 歯茎が下がって痩せる
  • 唾液が少なくなる
  • 虫歯が出来やすくなる
  • 口内炎が出来やすくなる
  • 歯周病が起きやすくなる
  • 口臭が強くなる

こんなお口になってしまったら残念ですよね。では、いつまでも健康で白い歯でいるためにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか?

正しい歯磨き、ブラッシング

基本の基本ですが、まずは歯磨きの仕方を見直しましょう。まずは歯磨き粉選びから。歯のエナメル質が削られると、黄ばみの原因イなったり、知覚過敏を起こす要因になります。歯磨き粉はエナメル質を酸から守ってくれるものを選びましょう。

また、ブラッシングも大切です。柔らかいブラシで小刻みに左右で動かすように。さらに歯と歯茎の間の歯周ポケットを磨くように念入りにブラッシングする事も忘れずに。くれぐれも力を入れすぎずブラッシングするようにしましょう。

デンタルフロスの使用

それでも取りきれない歯垢を普段から取り除く事が大事です。ぜひ歯磨きだけでなくデンタルフロスも使用しましょう。歯の健康の基本は歯垢の蓄積をストップすることからです。

歯医者さんでのジェットクリーニング

それでも取り除けないヤニや汚れをピカピカにし、より本来の白い歯に近づけるためには、歯医者さんでジェットクリーニングを行う事をおすすめします。

歯のエナメル質を分解してしまうような強力なホワイトニングとは異なり、純粋に汚れのみを取り除く施術ですので、定期的に取入れることで口腔内を清潔に保つ事が出来ます。

唾液の分泌を保つ

唾液には口の中の汚れを落としたり、最近の増殖を抑える働きがあります。加齢とともに分泌が低下する唾液の分泌。それを改善するためには、食べ物をゆっくり嚼んで食べたり、水分補給をマメするなど心がけましょう。ガムを噛むのも一つです。

アミノ酸とビタミンCを取る

歯茎の半分以上はコラーゲンで出来ています。つまり、歯茎が痩せるのはコラーゲン不足のせいなのです。歯茎痩せには、コラーゲンの元となるアミノ酸とビタミンCを積極的に取るようにしましょう。

さあ、今日から以上を心がけて歯もアンチエイジングを!いつまでも若々しい口元を手に入れましょう。

この記事をシェアする

関連記事