• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏のむくみにはオーガニックケア ハチミツとオリーブオイルでスーッと通る体に

Date:2012.09.24

暑い日々が続くとどうしても水分を取りすぎてしまいます。しかも冷たい飲み物は体を冷やし代謝を悪くします。結果、夏は体がむくんでしまうのです。指輪がきつくなったな、と思ったら要注意。そんな時にはオーガニックケアでリフレッシュ。

夏にむくんでしまった体をしっかりケアして元通り、それ以上のスリムな体を手に入れましょう!

夏はむくみの季節です

人の体の6割を占める水分。そのうち細胞内で必要な水分は2/3、残りの1/3は細胞外の水分です。細胞外の水は体の約2割ということになります。

このうち血液以外の細胞と細胞の間にはその3/4、つまり体の15パーセント相当に値する水が「いったいどうしましょう?」というコントロールできない水です。しかしこの水にはゆっくりリンパ管に入って、リンパ液と名前を変え、体を循環する役割もあります。

筋肉の動きや血圧の力、呼吸運動によって循環し、最後にはリンパ節を通過して、鎖骨のくぼみの下にあるリンパ管で静脈に排出されます。

このリンパ液が過剰にあったり、ストレスや病気、過労、冷えなどにより正常に代謝されないと「むくみ」となって外見に現れます。

夏は過剰な水分をとってしまううえに、暑いので運動もしない、クーラーのきいたオフィスにいる、とむくみの要素がいっぱいです。

まず、チェック

むくみが現れやすい「指」に注目。指輪をあっさりと外すことができますか?あれ、と思ったら夏のむくみのせいでしょう。

また足がむくんでパンパンになっている、顔の輪郭がシャープでない、この3つは「もう限界にむくんでいます」という証拠。さっそく、ケアをはじめてください。

お風呂でオーガニックケア

毎日のケアでのおすすめは「お風呂でオーガニックケア」です。お風呂に入る前の洗い場で簡単なリンパマッサージをします。

用意するものは、ハチミツとオリーブオイル。できるだけオーガニックのものを選んでください。オリーブオイルもエキストラヴァージンが最適です。

まずはハチミツとオリーブオイルを1:1の割合でまぜます。それを手にとって体をマッサージしていきます。オリーブオイルのなめらかさと、ハチミツの保湿で、お風呂上りの肌状態もバッチリになります。

マッサージはまず指の先から少しずつなでるように心臓にむかって手の平を滑らせます。強い力でこするよりもなでるようにリンパ液の流れを促しましょう。

ただし丁寧に指の一本一本をなでてください。同じ個所を10回ほどなでましょう。同様に腕も心臓に向かってなでていきます。

次に耳の後ろから首にかけてなでおろします。ここはリンパ節の密集した場所。ここをよくほぐすと、体全体が柔らかくすらなります。

耳の後ろから肩になでおろしをやはり10回以上してください。その後は肩の後ろから鎖骨のくぼみにかけてマッサージします。

鎖骨まできたら鎖骨の上のくぼみをやや強く指で押します。オイルを手にとりながらなので、スムーズに流れると思います。さらに鎖骨の下を骨にそって内側から外側に向けてマッサージします。ここまでで目に見えてむくみが解消するはずです。

顔のむくみやはりハチミツオリーブオイルを手にとり唇の両端から耳たぶに向けてクルクルと輪をかくようにマッサージします。場所を少しずつずらしながら優しくマッサージしてください。

足がむくんでいる場合も、腕と同様に先から心臓にむけてマッサージしていきます。特にふくらはぎと足の付け根を丁寧にマッサージしましょう。足の付け根もリンパ節が密集しています。

体がだいぶスッキリしたことと思います。最後にはハチミツオリーブオイルをよく洗い流し、お風呂で温まって終了です。マッサージ効果でむくみもとれ、パック効果でお肌ももちっとするでしょう。

また、その後は水分の補給もお忘れなく。また、ハチミツオリーブオイルが残ったらお湯で軽く洗った髪にぬりこみ、タオルでつつんで5分ほど待ってからシャンプーしてください。翌日の髪通りがよくなります。

夏のむくみにサヨナラ

食事では塩分を取りすぎない、冷たいものを飲み過ぎない、体を冷やしすぎない、よく眠る、適度に運動をするという、日常生活のささいな注意にこのマッサージをプラスして夏のむくみにサヨナラしましょう。すっきりした顔と体で夏を謳歌してください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント