• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

7年後のオリンピック、あなたはどうなる?

Date:2013.12.26

今年も気が付けば、あと僅かになってきました。2020年のオリンピックまで7年。5年後、10年後の目標設定は考えている人もいると思いますが、7年後はどうですか?

オリンピックに出場できる人は限られていますが、何かに挑戦して一緒にオリンピックを迎えましょう。

自分で目指す金メダル

もし金メダルをもらえるとしたら、どんな事に挑戦しますか?もちろん本当にオリンピックを目指せる種目もあると思います。マラソン、アーチェリーなど、年齢の幅の広い種目もありますしね。

その他にも語学、仕事、料理、育児。メダルをもらえるほど、何かに挑戦しようと決意すると、力が湧きますね。目標がある人とない人では、毎日の生き方も変わってくると思います。

オリンピックスタジアムが作られる時

大きな建物を作るときには、土台が大切です。いくら装飾品にお金をかけても、土台がしっかりしていなければ、すぐに揺らいでしまいます。これから日本中で、オリンピックに向けた準備が始まると思います。

オリンピックの波にいち早く乗り、自分の中に新しい土台を作っていきましょう。

語学に挑戦してお客様を迎える

オリンピックの開催が日本で決まり、世界中の人が日本の「おもてなし」の心を楽しみにしています。まだまだ先と思っている人、外国語はしゃべれないと思っている人でも、あと7年もあります!

外国語は英語だけとは限りません。何となく興味がある、言葉の響きが好き。食べ物が好き。新しい語学に挑戦してみましょう。

今では、100円ショップで語学の質のいいCDが売っています。お金を掛けずに、世界の言葉を学ぶのは、難しい事ではありません。オリンピック出場選手が一人の国もあるでしょう。世界の国旗を見ながら、どんな国なのか調べるのも楽しいですね。

オリンピックに参加する

今からオリンピックの開会式を見るために、毎月貯金を始めた方がいました。夫婦二人で月に2000円。一括で考えると、無理そうな値段でも毎月少額で貯めると楽しいですね!観戦者としてオリンピックに参加する他に、仕事として参加する事もできます。

今の職場ですでに仕事としてこれからオリンピックに参加する企業もあるでしょう。また、個人でアイディアを練っている方もいるでしょう。これから日本の各地で、オリンピックのスタッフの募集が始まると思います。

ボランティアになる場合もありますが、何かに関わろうと思って情報を探していると、チャンスをつかめます。

オリンピックを他人事と思うか、積極的に関わろうと思うのでは、これからの7年間に大きな違いがでてきます。東京での開催ですが、地域の特産品を世界の人に紹介するチャンスです。世界旅行に行ったことがない人でも、世界中からたくさんのお客様がきてくれます。

ぜひ一緒にオリンピックに関わり、楽しい7年間にしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事