• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

年齢は関係なし、「おしゃ活」して憧れ女性になろう

Date:2013.06.01

最近、雑誌などで紹介されている「おしゃ活」。若い子は貪欲にオシャレを楽しむ傾向があるけれど、年齢を重ねるに連れてオシャレに鈍感になったり無難なオシャレしかしないところから、「女性はみんなオシャレを楽しむ権利がある」とオシャ活という言葉を使うようになったようです。

しかし年齢を重ねるに連れてオシャレしたくても使えるアイテムがないとどうしても地味になってしまいがちです。年齢を重ねても使えるアイテムなどを、いくつかピックアップしてみました。

靴は少し派手なくらいでもOK

意外にオシャレで忘れがちなのが靴です。特に年を重ねるとシックで無難な靴を選んでしまう傾向があります。洋服はどうしても流行や色にチャレンジできないという人でも、靴だったらちょっとしたオシャレとして取り入れることに抵抗を感じないという人も多いようです。

特にこれから夏に向けて足音はどんどんオシャレになっていきます。特にサンダルは流行や流行色を取り入れるものが多いので、そういうものを選ぶだけでもオシャレ女子に見えます。

夏でも洋服が黒っぽいものを好んで着たりする場合は、靴だけ差し色としてカラフルな今年流行のパンプスやサンダルを履くだけでも、印象がガラッと変わるので、「オシャレをしたいけれどなかなか流行を取り入れるのは」という人はチェックしてみましょう。

今年流行りの柄ものは年代関係なく使えるアイテム

今年流行っているのが柄物。特に大きな花柄が注目の柄なんだそうです。若い子は柄に柄を合わせて高度なテクニックを使っているようですが、大人女子は1つだけでも柄ものを取り入れるだけで印象が変わります。

特に抑えたいのが柄パンです。この季節だとサブリナパンツで花柄というのが増えてきているようで、そういうものを使うだけでオシャレな大人女子に仕上がります。

下が花柄でパッと派手な時は上にシックな色や1色使いのものを持ってくれば派手すぎないので気負いなくオシャレを楽しむこともできます。

流行色も使い方次第でどうにでも化ける

今年の流行色は、ピンクを筆頭にネオンカラーといったちょっと派手なものや、キャンディカラーといった淡いパステルのような色が流行色といわれています。

若者はこういった色を上手に取り入れていますが、大人女子となると「若作りにならないか」「似合わないのではないか」と躊躇してしまう部分もあります。

そういう場合、ピンポイントで流行色を使えばいいのです。洋服の場合、上下をこういった流行色で固めるのではなく、どちらかをキャンディカラーにするだけで印象は変わります。

他にもストールや靴といった小物に流行色を入れるだけでも今年風、そしてオシャレ大人女子に変身できます。

アクセサリーは付けすぎずがOK。アクセサリーで大人女子に近づける

アクセサリーにもその年の流行などがあります。しかしアクセサリーは、若者のようにたくさん着けると鬱陶しく見えたり若作りをしているように見えることがあります。

大人女子を演出するのであれば、アクセサリーは流行を抑えるというよりは、シックなものを使ったり、少な目のアクセサリーを使うことで落ち着いたオシャレ大人女子を演出することができます。

もし流行を取り入れたいという場合は、今年はパールなどを使っているものが多いので、パール(疑似パール)を使ってみるというのもオシャレに仕上げることができます。

年齢に関係なくおしゃ活はしていかなくてはいけません。

黒っぽい洋服が好きという人はちょっとしたオシャレアイテムを使うことで今までと違った印象を演出することができるので、若者のオシャレもチェックして、取り入れられるところは取り入れてオシャレ大人女子を演出していきましょう。

この記事をシェアする

関連記事