• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性のオス化が急増中!ヒゲや体臭が気になり出したら要注意!

Date:2015.02.08

shutterstock_176986796_
おっさん女子、干物女なんて言葉をあちこちで見かけます。仕事はバリバリこなすけど家だとビール片手にゴロゴロ…「ああ、私のことだ」と思う女性も多いのでは?

おうちでのんびり過ごすのは悪いことではありませんが、ちょっとした生活習慣や環境が原因でおっさんくさい女子から本物のおっさんのようになってしまうことも。

行動や考え方だけでなく体質まで男性のようになる女性が急増し、ちまたでは「女性のオス化」と言われています。オス化の症状や原因、解決方法を見てみましょう。

女性なのにヒゲや体臭!?女性のオス化とは?

女性のオス化にはこんなトラブルが…

  • ヒゲが生えたり体毛が濃くなる
  • 顔や頭皮が油っぽくなってベタベタする
  • 男性の加齢臭のような体臭になる

などなど、目に見えてオジサン化してしまうのが女性のオス化です。

あなたのオス化はどのレベル?

今の生活がオス化を進めていないかチェックしてみましょう。いくつ当てはまるか数えてみてくださいね。

1.残業や休日出勤が多いor仕事一筋!休みなどいらぬ!
2.仕事終わりのビールが鉄板!or飲み会に誘われればすぐ駆けつける!
3.お肉、揚げ物、高カロリーなお惣菜が主食or炭水化物抜きダイエット中
4.冬でも夏でも常に寒いorオシャレは気合い!防寒よりファッションを優先
5.夜更かし生活最高!or忙しくて睡眠時間を削るしかない
6.ストレスたまりまくりで楽しいことがない
7.男性とのふれあいがないor最近ときめいてない

さて、いくつ当てはまったでしょうか?当てはまった数によってどれだけオス化が進行しているかの結果はこちら。

0個 オス化とは無縁!そのままの生活を維持しましょう。
1から3個 じわじわオス化が始まっている可能性が…。
4から6個 すでにオス化のトラブルが目に見えてきているのでは?
7個 あなたは立派なオス化女子です。このままだとおっさん街道まっしぐら!

1個でも当てはまった方は要注意。今はまだ大丈夫でも同じ生活を続けているとオス化が進行していきます。

早めに生活を見直してオス化をストップさせましょう!

オス化の原因は女性ホルモンの減少

オス化の原因は女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで起こります。女性の身体の中でも少量の男性ホルモンが作られていて、女性ホルモンが減少してしまうことで相対的に男性ホルモンが増加します。

男性ホルモンには、皮脂分泌を増やす、体毛を濃くするなどの働きがあるので、男性ホルモンが増えると男性のようなヒゲや体臭へとつながります。

上のチェック項目にあげた7つの生活習慣がどうして男性ホルモンを増やしてしまうのかを下で詳しく説明していきます。

女性ホルモンを減らす生活習慣

仕事が忙しくて休みがない

仕事をしている間は集中して興奮状態、オンオフの切り替えができないほど忙しい毎日を送っていると常に興奮状態になって男性ホルモンを活性化させます。

飲酒が習慣化している

アルコールは脳を麻痺させて代表的な男性ホルモン「テストステロン」の分泌を促進させる上に、女性ホルモンのバランスを崩します。

油っこい食事や炭水化物不足

油っこい食事に含まれる脂質を排出する際に毛穴が開いて体毛が濃くなり、炭水化物が足りないと脳の栄養素が不足して自律神経が乱れてホルモンバランスを乱れさせます。

体が冷えている

冷え性や身体を冷やすような格好や子宮や卵巣を冷やして女性ホルモンの分泌を悪くします。また、慢性的な冷えは自律神経のトラブルの可能性も。

夜更かしや睡眠不足

深夜は男性ホルモンが最も分泌される時間、睡眠不足は女性ホルモンの分泌を低下させます。

ストレスがたまっている

ストレスは自立神経を乱れさせる上に、女性ホルモンはストレスにとても弱いのでストレスを受けるとすぐ分泌量が減ってしまいます。

トキメキ不足

恋をするとキレイになるのは女性ホルモンの分泌が増えるから。ときめきが全くない生活は女性ホルモンを低下させます。

女性はストレスに弱い

男女平等の時代にナンセンスかもしれませんが、女性は元々ストレスに弱い生き物なので男性と同じようにバリバリ働くこと自体に無理があるという意見もあります。

歴史をさかのぼっても女性の社会進出が本格化したのはここ20年ほどの話、まだ体がこの生活に馴染んでいないのです。

出産などここぞという時の瞬発力は女性の方があるのですが、長期的なストレスを受け続けると女性は心身に様々なトラブルが表れてきます。ストレスと上手に付き合っていく方法を探しましょう。

ストレス体制には性差や個人差があります。「周りは何ともないのにどうして私はダメなんだろう」と思わずに、疲れている時は無理せずに過ごすようにしましょう。

女性ホルモンを増やしてキレイになろう!

女性ホルモンの減少がオス化を招くのなら、女性ホルモンが増えるような生活をしてヒゲや体臭を撃退してやりましょう!

女性ホルモンの美容効果とは?

  • バストやヒップに丸みを、ウエストにくびれを作る
  • 髪や肌をつやつやにする
  • 皮脂分泌を抑えてサラサラな肌、体臭をキツくさせない

女性がキレイなのは女性ホルモンのおかげと言っても良いほどです。

女性ホルモンを増やすには、生活習慣の見直しや女性ホルモンの多い食品を取るだけでOKです。

生活習慣で気を付けること

ストレスをためない

考え方を変えてできるだけイライラしないように、嫌なことがあっても引きずらないようにするのがコツ。

忙しくてゆっくり休めないという方はオンオフのメリハリを意識してスイッチの切り替えがスムーズにできるようにしましょう。

色々考えてしまって気が休まらない時は全部忘れて眠ると良いですよ。睡眠は脳をリフレッシュしてくよくよモードを断ち切ってくれます。

規則正しい生活

睡眠時間や食事の時間をできるだけ一定にしましょう。特に睡眠不足はオス化を進行させて美容にも健康にも悪いことばかり。不規則な生活でも睡眠時間はしっかり確保するのが一番です。

トキメキを大切にする

恋人や旦那さんがいる人はいつもと違うシチュエーションを楽しんだり、フリーの人は恋活や婚活をしてみたり。恋愛は関係なく男女どちらもいるサークルに酸化してみるのもおすすめ。

「外に出る元気も時間もないよー」という女性は恋愛ドラマや乙女ゲームでトキメキ補給を!

趣味や息抜きで心身をリフレッシュ

身体の疲れも心の疲れもオス化を進める原因になります。温泉やエステで自分を癒してあげたり、楽しい趣味で現実逃避をしたり、お休みの時は毎日がんばっている自分を思いっきり甘やかしてあげましょう。

食べ物で気を付けること

バランスの良い食事をする

お肉や油っこいものはほどほどに、炭水化物もきちんと取るようにしましょう。朝しっかりご飯を食べると仕事の効率アップにもつながります。

女性ホルモンを増やす食品を取り入れる

豆乳には女性ホルモン様作用が、キャベツには女性ホルモンを活性化させる働きが、プラセンタには女性ホルモンのバランスを整える効果があります。

いかがでしたでしょうか?特に仕事に忙しい女性に多いオス化現象、毎日忙しくて自分に構ってあげる暇がない方は気を付けましょう。

ちょっとした生活習慣の見直しで予防と改善ができるので心当たりがある方はぜひ実践してみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事