• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寒くなる時期に落ち込む気持ちを食品で和らげることができる?オススメ食材ベスト3

Date:2013.11.23

寒くなると、日頃元気な人も気分が落ち込みやすくなると言われています。これは病気などではなく気候のせいで、普段元気な人でもこういう症状に襲われることがあるそうです。

こういう時、食品・食生活でその落ち込む気持ちを多少なりと和らげることができるそうです。簡単に手に入れることのできるオススメ食品3つを紹介します。

その1.ヨーグルト

乳製品は体にもよく「眠る時にはホットミルクを飲むとよく眠れる」というくらい心を落ち着ける効果があると言われています。

ヨーグルトを含む乳製品にはプロバイオティクスという成分が含まれており、その成分は精神不安定やうつ病等の治療に効果があるということも言われています。

その中で何故ヨーグルトなのかというと、ヨーグルトに含まれているビフィズス菌などが胃腸の状態を整えることによって美容にもよいとされています。やはり自分の肌状態などがよくなることで落ち込んでいた気持ちも少し上昇してくるので、美容も大切なのです。

そしてヨーグルトの場合、他にビタミンを含んだ果物などとの食べ合わせも良いということと、牛乳などが苦手な人でも摂取しやすいという点からヨーグルトがやはりオススメです。

その2.肉類

よく「お肉はカロリーも高いし太りやすいから食べない」という人がいます。食べたとしても量を減らしている人も多いのではないでしょうか。

実は肉類にはセロトニンを作り出すトリプトファンという成分が多く含まれており、このセロトニンというのがうつ状態を軽減してくれるとも言われています。

お肉にはそれぞれの種類で良い面もあります。牛肉のような赤身の肉には貧血を予防する効果もありますし、豚肉に含まれるビタミンBは反対に太りにくくする成分があるとも言われています。鶏肉は低カロリー・高たんぱくなので筋肉をつけたい人には向いている食品です。

自分の体調に合わせて少しでもお肉を食べるようにするだけで気分は変わってきます。もし肉類がどうしても食べることができないという場合は、代用としてチーズなどでもトリプトファンは摂取できると言われているのでチーズを代用してみあしょう。

その3.チョコレート

チョコレートと言うと「砂糖たっぷりで太ってしまう」と思っている人が多いと思います。確かに大量のチョコレートを食べると太ってしまいますが、適度な糖分・チョコレートは気分転換やストレス解消になると言われています。

その中でもチョコレートに含まれているカカオ成分は、認知機能を高めていく作用があるとも言われているので甘いものの中ではオススメのお菓子です。

よく「イライラした時に甘いものを食べると頭がスッキリする」といいますが、これは本当で知らない間に気分がリフレッシュされているのです。たくさん食べるのではなく、ちょっと一息つく時に1つチョコレートをつまむ程度で摂取してみましょう。

実は気分が落ちている時、鬱状態になると痩せていく人もいますが大半の人が太ってしまうそうです。気分が落ちることで代謝も落ちてしまい食べてなくても太ってしまうというような状況になることが多いそうです。

少しでも上記のような食品を食べて気分の落ち込み・鬱状態を軽減し、心も体も健康状態を保てるよう心がけていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事