• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

妬まれお洒落過ぎママから好感度アップの素敵お洒落ママに変身

Date:2014.04.02

ママがお洒落をすると反感を買うということがあったりするそうです。その理由は「子供をなおざりにしているのではないか。アクセサリーで子供を抱っこしたときに、子供が痛いのではないか。

子供がセットした髪で遊んで子育てにならないのではないか。」という様なものだそうです。

子供はママがお洒落になってくれるのがうれしいと思うようなお洒落

子供は基本的に自分のためにママが綺麗になってくれていると実感することは、とっても嬉しいものです。ですが、その対象に自分が入っていないと悲しくなるものなのだそうです。

きっとママのお洒落に反感を持つ人というのはそういうことを心配しているのかもしれません。例えばメイクに何時間も時間をとって、子供の食事時間がないとか、そこまで自分のお洒落に費やしているのではないかと推測してしまうのでしょう。

ですが、最近はお洒落でないお母さんの方が少ないものです。ですから、子供と一緒にお洒落をすれば、子供もお洒落センスが身に付きますし、お母さんも日ごろの育児のストレスが解消できるというものです。

子育ての妨げになるようなお洒落は避ける

ポイントは子供優先ということです。お洒落した自分の姿をキープしたいから子供を近くに寄せないとか、そういう事はしないというものです。

子供が2歳くらいになるまでは、揺れるものが大好きですぐに触るので、ロングピアスや切れたら困るようなネックレス等はしない方がいいというようなものです。子供が私のお洒落を邪魔してくると思うようなお洒落はしない方がいいかもしれません。

子供と一緒にお洒落を楽しんでいく

ほとんどのママはそうだと思いますが、敢えて子供と一緒にを強調できるお洒落について考えてみたいと思います。

ソックスやレギンスの柄を合わせてみる

お揃いの靴があればカワイイですが、それは本格的なお洒落ですから、ここは、レギンスやソックスからでいいかと思います。ワンポイントをお揃いにするだけで、とってもカワイくみえますよね。

ママの髪飾りの模様を子供の服とお揃いの模様にする

ママの髪飾りをストライプのリボンだとすると、子供のTシャツやパンツやスカートにストライプを取り入れるというものです。水玉の場合は、水玉。色を統一するでも構いません。髪飾りと子供服のワンポイント、カワイイですよね。

逆に子供の髪飾りとお母さんの服装を同じ模様にするというのもいいですね。男の子の場合ですと、帽子のワッペンとお母さんの服というところでしょうか。

色違いのものを着てみる

お揃いというのももちろんカワイイですが、あえて色違いを着てみるというのもお洒落ですよね。男の子の場合ですと、お父さんと色違いのTシャツとかでしょうか。ポイントはさりげなくお揃いポイントがあった!というような感じですね。

いかがでしょうか?子供がいるからできるお洒落というのもありますから、子供もお洒落の一つのアイテムとしてみるのははいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事