• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

長く付き合うためには言葉と仕草がポイント!男心を掴む方法とは

Date:2014.07.21

皆さんは、男心をがっちり掴むことができる女性だと思いますか?浮気やよそ見をさせないように男性の心をがっちり掴んでおくためには、言葉や仕草など日頃から努力すべきことが様々あります。

今回は、男心を掴んで長く付き合う方法を4人の女性から紹介してもらいましょう。

悪い部分を指摘せず良い部分を褒める女性

彼氏と付き合って5年になるAさん(30歳)は、良い部分に目を向けて男心を掴んでいると言います。

「私の彼氏は、私より5歳年下なので子供っぽいなと思う部分や直したい部分が沢山あります。でも、悪い部分を指摘していたら母親や姉みたいな存在になってしまうだろうと思うので、良い部分を探して褒めるようにしています。

褒めて伸ばす感じなんですけど、仕事でも家でもあまり褒められることがないらしく、私が褒めるとすごく喜んで『Kに喜んでもらえるように、もっと頑張るからな』と言ってくれます。

日々たくましく成長しているように見えますが、本心では私の家に泊まった時に服を脱ぎ散らかさないで欲しいとか、私の家族や友達ともっと会話して欲しいとか色々と言いたいことはあるんです。

けど、年下の彼氏の心を掴んでおくためにはあまりお小言を言いたくないんです。同い年か年下と思ってもらえるように、適度に頼りつつ、そして褒めつつ、いつか結婚できたらいいなと思っています」

いつでも笑顔で過ごす女性

前の彼氏に浮気されて別れたYさん(28歳)は、彼によそ見をされないように笑顔で居ることを心がけていると言います。

「前の彼氏と別れてから自分自身の態度を見直してみたら、結構わがままで気分屋だったように思ったんです。だから、次に彼氏ができたらダークな感情を表にあまり出さずいつも笑っていたいなと思って、今の彼氏の前ではいつもにこにこしています。

もちろんワガママや自己中心的な態度もやめて、彼氏の気持ちを優先することも忘れません。彼氏からは、『Yは、いつも笑っているからこっちまで元気になる』って言ってもらえて、3年付き合っている今もラブラブなんですよ。

生理前や悩みがある時には、会わないことで笑顔では無いダークな私を隠すことができているので、このままいつもにこにこの彼女で居ることができれば浮気されて別れることはないんじゃないかと思っています」

香りや髪型、服装など好みのスタイルにする女性

女性からモテる男性と付き合っているMさん(29歳)は、彼好みのスタイルにして彼の心をがっちり掴んでいると言います。

「彼氏とは職場恋愛なんですが、同じ職場の女性や取引先の女性からとにかくモテる。彼氏が拒否できればいいんですが、女性に甘いと言うかだらしないと言うか、受け入れちゃう部分があって携帯電話を盗み見するといつも女性と怪しいメールが残っていたんです。

それで、彼が相手にする女性達と私で何が違うか考えてみたら、髪型や服装だと気づいたんです。もともとロングヘアが好きでストレートやカールにしてアレンジしていたんですが、彼氏はショートが好きみたいなのでバッサリ切りました。

服装も清楚系が好きでしたが、彼氏の好きなカジュアル系にして香水も彼好みにしました。そしたら、私の劇的な変化と覚悟に気づいて目が覚めたのか、彼氏は周りの女性たちとのメールや電話を一切止めて私一筋になったんです。

彼好みのスタイルにしても無理だったら別れようと思っていたのですが、今は人が変わったように私に尽くす彼氏になってくれて結婚に関する話題も増えました」

家でも外でも触れ合いを大切にする女性

同棲中のIさん(26歳)は、男心を掴むために触れ合うことを大切にしていると言います。

彼氏とは同棲しているので仕事以外はいつも一緒に居ます。家に居る時は彼氏の近くに座って、お風呂も一緒に入りますし、外出中も手を繋いだり腕を組んだりして傍を離れません。

普段からべったりくっつくことが当たり前にすると離れている時に無性に寂しさを感じるんですが、それは彼氏も同じみたいで『早く帰ってIとくっついてテレビ観たいな』と仕事中にメールが届いたり、飲み会へ行っても『Iが居ないから楽しくない。できるだけ早く帰るからな』って電話がかかってきたりするんです。

お互いに傍に居ないと不安で落ち着かない関係になってしまいましたが、お互いの心がピッタリくっついている証拠だと思うので、これからも触れ合う時間を大切に彼と生活していこうと思っています」

努力を惜しまずに!

男心を掴むための方法はいかがでしたか?我慢や妥協をしながらも彼氏と仲良く付き合うために色んな努力や工夫をしているようです。男心を掴みたい方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事