• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男友達に告白されたら正しく対処!関係を悪化させない対処法

Date:2017.04.17

皆さんには男友達はいるでしょうか。友達は同性だけとは限りませんので、男友達がいることは決して珍しいことではありません。

しかし、そこに恋愛感情は全く無いと言えるでしょうか。あなたにはなくても男友達には恋愛感情があるかもしれません。

募る想いを突然告白されたら一体どんな対処をすれば良いか考えたことはあるでしょうか。

「そんなことはない」と思い込んでいると対処できずに関係が終わってしまうことになりかねません。

今回は、男友達との関係を悪化させないために告白された時の対処法についてご紹介しましょう。


恋愛感情が芽生えた男友達に告白された時の対処法

友達だと思っていた相手から告白されたら戸惑う方は多いでしょうが、告白された時の対処の仕方によって今後の関係が左右されると言っても過言ではありません。

両想いであればそのまま付き合うことはできますが、そうではないケースの方が多いことでしょう。

告白されたとしても友人関係を続けたいのであれば、拒絶する、その場を無言で去るなどせずにしっかりと向き合う必要があるでしょう。

ここでは、異性でも意識していなかった男友達から告白された時の対処法についてご紹介しましょう。

好きな人や片思いの人がいることを伝える

男友達から告白された時は、「実は私、好きな人がいるの」と付き合っている人や片思いの人がいることを伝えるという方法があります。

特に片思いの人がいることを伝えた場合は、男友達もあなたに片思いしていて同じような状況なので共感してもらえる可能性が高いでしょう。

そして、「好きな人がいるなら仕方ない」と納得してもらうことができるでしょうから友達としての関係に傷がつくこともありません。

普段から恋愛相談していない場合や実は好きな男性がいないという場合は、「男がいたなんて知らなかった」と驚かれるかもしれません。

そんな時には、「恋愛相談は女友達に聞いてもらっていた」、「からかわれそうだから言えなかった」など、理由を話しましょう。

そして、告白して振られた男友達が落ち込まないように、男友達のことは嫌いではないし尊敬しているということを必ず伝えましょう。

「好きだからこそ友達でいるけれど、それ以上に好きな男性がいるから気持ちに応えることはできない」ということが伝われば、を円満に解決させることができるでしょう。

恋愛対象として見ていないことを伝える

男友達から告白された時には、「恋愛対象ではなく友達や家族として見ている」と伝える方法もあります。

ショッピングやドライブなど恋人同士がするようなことを一緒に楽しむ仲だとしても恋人未満で、そこに友情や愛着などしかないことを伝えましょう。

同性の友達や家族を恋愛対象として見ないことと同じなので、理由を話せば納得してもらえるでしょう。

恋愛対象として見ないということはそもそも男性として見ていないので、告白をされたからと言って意識しないし、友達関係も変わらないということを伝えれば傷つけることもないでしょう。

お笑い系の男友達なら冗談にする

告白してきた男友達がお笑い系のタイプの場合は、冗談にするという方法もあります。

告白されても内容全てを冗談と受け取って流してしまうのです。

「冗談抜きで好きだ」と言われるかもしれませんが、取り合わないことで二人の関係に白黒つけず友達関係を続けることができます

冗談として流し続けることで告白した男友達も脈がないということに気づけるでしょうし、告白自体を男友達の中でも冗談として処理できれば関係が変化することもないでしょう。

付き合ってみてから断る

男友達から告白されて迷う気持ちがある時には、付き合ってみるという方法もあります。

男友達にも「お試し期間ということで付き合ってみませんか」と提案してみましょう。

そして「もし付き合ってみてやっぱり友達のほうが良いと思ったら元通りの関係になることを約束して欲しい」とお願いしてみましょう。

提案とお願いを受け入れてもらえるのであれば、万が一上手くいかなくても友達関係に戻れるでしょう。

付き合ってみると意外と楽しく恋人関係になりたいと思えるかもしれませんが、やはり友達のままが良いと思うかもしれませんので、お試し期間中は男女の仲にはならないほうが良いでしょう。

付き合ってみた上で断れば、男友達も断られたことを納得するしかないと思いますので、告白されて迷う時に試してみてはいかがでしょうか。

保留にして元通りになることを待つ

告白された時には、すぐに答えを出さなければならないわけではありません。特に、友達だと思っていた相手から告白されたら悩み、迷うことは自然なことでしょう。

「あまりに急だったからすぐに返事はできない。少し考えさせて」とお願いして、ひとまず告白の答えを保留にしましょう。

無期限の保留作戦に持ち込んで男友達の態度が戻ることを待ちましょう。もちろん、待たせている間には、「返事が聞きたい」と答えを迫られることもあるでしょう。

その時には「じっくり考えた上で答えを出したい」と言い、またしばらく答えを待ってもらいましょう。

そのうちに男友達も「これはダメかな」と感じ取ってくれるかもしれませんし。

長い待ち時間の間に「悩ませて悪いな」、「友達関係のほうがやっぱり気楽だな」などと心境の変化があるかもしれません。

男友達が根を上げることを待つような方法なので、男友達が辛抱強いタイプの場合は長期戦になることも考えられます。

しかし、待つ時間が男友達の気持ちを変化させることもあるので、「断ることが躊躇われる」、「しばらく自分の気持ちを見つめる時間が欲しい」という方にお勧めの方法でしょう。

友達としてのメリットと恋人になることのデメリットを話す

男友達から告白された時には、冷静に話し合うこともお勧めです。友達としてのメリットと恋人になることのデメリットを話すのです。

友達としてのメリットは、悩み相談や遊び仲間など普段ご自身が感じていることを話しましょう。

恋人になるデメリットは、恋人として上手くいかなかった場合に縁が切れてしまう可能性があることが最大ではないでしょうか。

これまで積み上げてきた二人の信頼関係が崩れてしまうわけですから、お互いに別々の道を歩んでいくことになります。

もちろん上手くいけば結婚して最高のパートナーになるというメリットはありますが、別れないという保証はどこにもありません。

恋人になるデメリットを話した上で、「友達というより、親友と思えるほど大事な人だからこそ関係を変えたくない」と絶対に失いたくない友達であることも伝えて納得してもらいましょう。

男性として見ることを伝える

男友達から告白された時には、異性として見る時間が欲しいとお願いすることも対処法の一つです。

これまで友達として見ていた相手ですからすぐに答えは出せないし、男性と見ることも難しいということを伝えるのです。

しばらく男性として意識できるか、可能性があるかどうかを判断するのです。

実際に友達ではなく男性として意識できれば告白を受け入れようという気持ちになるかもしれません。

もちろん、いつまで経っても友達としてしか見えない場合もあるでしょう。

その時は「友達を今から男性として意識することは難しい」と伝え、理解してもらいましょう。

異性として意識できない場合、付き合うことは不可能ですから男友達も納得するしかなくなるでしょう。

恋愛する気がないことを伝える

男友達から告白された時には、断るために自分の恋愛観や恋愛事情について話すこともお勧めの方法です。

以下のような恋愛する気がないという詳しい事情を伝えましょう。

  • 一人でいることが好き
  • 辛い失恋をした
  • 男友達とは付き合わない主義
  • 恋愛することが疲れてしまった

恋愛する気がないという意思を伝えれば、告白してくれた男性に問題があるわけではないので、お互いに傷つくこともないでしょう。

視野が狭くなっていることを伝える

男友達から告白された時には、男友達の視野が狭くなっていることを指摘することもお勧めです。

お互いがフリーの場合は、遊びや買い物など二人で過ごす時間が多くなりがちで、視野が狭くなっている可能性があります。

指摘する際にお勧めの言葉は以下です。

  • 「一緒に居過ぎて勘違いしているかもしれないよ」
  • 「気を遣わない相手だから楽なだけじゃないかなぁ」

上記のようなことを話して、出逢いがないことや周りの女性と遊ばないことで選択肢が狭まっていることに気づいてもらうのです。

もしかしたら、勘違いや一時の気の迷いということに気づくこともあるかもしれませんし、現状を知ることで告白してきた男友達の気持ちが変わる可能性があります。

2人で過ごす時間を少しでも減らせば、男友達が好きな女性と出逢うチャンスが増えるでしょうから、視野を広げることも提案しましょう。

動揺しない!告白されたら気まずさの対処もしよう!

男友達から告白されても、以前と変わらず友達関係でいたいと思う方は多いことでしょう。

告白された後ですから多少気まずさは感じるでしょうが、意識しすぎると友達として付き合うことが難しくなってしまいます。

ここでは、告白後にありがちな気まずさを取り除くためにお勧めの方法をご紹介しましょう。

告白されたことに関する話をしない

男友達は、告白した側なのでなかったことにすることは難しいかもしれませんが、話題にしないことで気まずい空気にならないでしょう。

告白があったという事実はあっても、それに関する話は一切しないのです。

告白の話を男友達からされても「もう終わったことだよ」と言って、過去ではなく未来の話をすることを心がけましょう。

二人でしたことや行きたい場所など、これからの話をすることで過去を振り返ることが徐々に減れば、いずれ話題になることもなくなるでしょう。

二人でカレーを食べる

告白されたという記憶はなかなか消えにくいものですが、クルクミンという名のスパイスを食べることで記憶を消すことができると言われています。

クルクミンは、カレーに使用されるスパイスで、ニューヨーク市立大学の心理学者たちのラッドを使った研究で判明しました。

クルクミンを摂取したラットは、過去に起きた怖い記憶を忘れたのです。

告白は怖い記憶ではありませんが、摂取することで負の記憶を消す効果があるのではないかと言われています。

心的外傷ストレスやアルツハイマーなどにも効果が期待できると言われているので、告白してくれた男友達と一緒にカレーを食べることで告白のことを忘れることができるかもしれません。

深呼吸して普段通り接する

男友達のことを意識すればするほど言動が不自然になり、気まずさも感じるものです。

このような時は、呼吸が浅くなって心拍数も上がりやすいので、意識してゆっくり呼吸しましょう。

一緒にいることで意識しすぎる時には、化粧直し立ってトイレで深呼吸しても良いでしょう。

とにかく普段通り接することが気まずさを回避する近道ですから、態度は変えずに告白される前と同じように接しましょう。

告白後には男友達に勘違いさせない環境を作って対処!

気の合う友達とはできれば生涯に渡って付き合いを続けたいものですが、異性の場合は恋愛関係になってしまうと別れが訪れることもあります。

告白後に男性として見ようと思った場合は別ですが、今後は友達として付き合いたいという場合は更に勘違いさせないような工夫が必要です。

ここでは、勘違いさせない環境を作る方法を簡単にご紹介しましょう。

異性として意識する時を知って避けよう!

友達になれば性別を意識することはないので、基本的に異性としてみることはありません。

しかし、シチュエーションや接し方の変化が刺激になって、異性として意識する時があるようです。

具体的には、以下のようなシチュエーションです。

  • 恋愛や人間関係などの相談をして優しくされた
  • ちょっとしたことで連絡をする仲になっていた
  • ドレスアップやイメチェンした姿で魅力に気づいた
  • 冗談でされたアプローチを本気にしてしまった

友達同士で冗談を言う機会は多いですが、異性への恋愛系冗談は勘違いへ繋がることもありますので、十分注意したほうが良いでしょう。

常日頃から意識していれば告白される可能性が低くなるでしょうから、友達でいたいのであれば勘違いされないように気を付けましょう。

再び告白されないための環境作りはコレ!

告白されるということは、それだけあなたに魅力があるということです。

しかし、男友達全てと恋愛関係になってしまうのでは疲れてしまいますよね。

男友達が多い女性は、サバサバしているという共通点があり、異性として意識しなくていいので付き合いやすいようです。

異性として意識されないようにするためのポイントをご紹介しましょう。

  • スリットスカートやミニスカートなど女性らしい服装は着ない
  • ちょっとしたことで連絡をする仲になっていた
  • お酒が入ると女性度が増す場合は飲み過ぎない

友達なので全く恋愛感情がないという環境作りのために、彼氏がいる場合はのろけ話をしても良いでしょう。

男友達に告白されても友達に戻れる!対処の仕方に気を付けよう!

友達としてみていた男性から急に告白されたら驚きますし、今後の関係について不安に思うこともあるでしょう。

異性として見ておらず、付き合いたいという気持ちがない場合は断るしかないですが、告白時の対処次第で友達に戻ることも不可能ではないでしょう。

もちろん気まずさは多少あるかもしれませんが、時が経てば笑える話に変わることもあります。

長い付き合いであれば、男友達から告白されて断ったからといって関係が終わるとは限りません。

その後のフォローをきちんとすれば大事な友達を失うことはありませんので、ご紹介した方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント