• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたは大丈夫?男受けの悪いメイクはあなたの魅力も台無しに。

Date:2014.05.19

メイクで女性は自分を演出できるのが素顔勝負の男性と大きく違う所ですね。でも自分で上手にメイクできたと思っても、男性がそれを「素敵と思ってくれているかどうか」は別問題だということを忘れてはいけません。

メイクを盛るのも廃れた今こそ、改めて男受けの悪いメイクをしていないかチェックしてみませんか?ぶっちゃけ、盛ったメイクは男受けは良くなかったんですから。

素肌がキレイでないと

今はやりの「元から美人顔メイク」。これが出来るためには、素肌が「本当に綺麗」でないと成功しないメイクなんです。だから吹き出物や毛穴の開きが目立つ肌のまま「元から美人顔メイク」をしても残念ながら「元から美人でない顔」にしか見えないのです。

「元から美人顔メイク」男性受けはいいのですが、条件がとても厳しいということを心得て、基礎化粧をしっかりして睡眠をよく取ったり、栄養のバランスの良い食事は必須になります。素肌美人目指して頑張りましょう!

真っ赤な口紅はなぜか不評

男性は真っ赤な口紅は「峰不二子のような女性がするもの」と思い込んでいるのかもしれません。男性にとって、身近(特に気になる女の子や、彼女など)な女性にはピンクの口紅がいいと思っている人が多い傾向があります。

特にチェリーピンクなど、かわいい感じが好まれるよう。日本の男性にとって口づけしたくなるような唇とは色香で誘うカサブランカのような情熱的な唇ではなく、可憐なスィートピーのような唇を永遠に求めていると言っても過言ではないかもしれません。

眉毛のお手入れは必須

細眉に整えるのは時代遅れになって、自分の眉毛本来の流れを活かしたメイクを!と雑誌などには載っていますが、それも程度問題です。やっぱり自毛だとボサボサ感が漂ってしまうのが普通ではないでしょうか?

案外顔の中で印象に残る部分なので男性もアイシャドウがムラにぬってあっても何も気が付きませんが、眉毛がボサボサだとすごく悪い方に印象が強く残ってしまいます。

眉毛は骨格と自分の目鼻立ちとのバランスを取るツールと思えば整え易いかと思います。迷ったら美容院で相談してもいいですね。カットの仕方を丁寧に教えてくれます。

アイラインは描き過ぎない

アイラインをあまりバッチリ引くのはもう止めておいた方がいいのではないでしょうか?これだけ盛りメイク派が減ってしまった現在では、バッチリアイラインをキリリと引いていると、「キャバ嬢」と陰で男性たちの間で言われるのは避けられそうに有りません。

無駄毛はご法度

最近は光脱毛専門のエステサロンもたくさん増えて価格も安くなりました。ケチケチせずに、自分への投資と思って無駄毛はしっかり処理しておきましょう。

男性にとって女性で無駄毛がある人は多毛症などの病気の人と思い違いしている人もいる位、妄想のような女性像が一般的です。無駄毛がある女性がいることを知っていても、処理をしない女性は女を捨てていると思われても仕方ないかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事