• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男をダメにしてしまう女の特徴!当てはまっていませんか?

Date:2013.12.20

「ダメンズ」という言葉がありますが、選ぶオトコ選ぶオトコろくなのいな~い!と感じたことはありませんか?気づけばダメンズにハマってしまう。

それは、もともと性格に難のある男性という可能性もありますが、自分も気づかぬうちに男をダメにしてしまう女性って意外と多いんですよ。

付き合い始めてから仕事がうまく回り出すようになった男性の彼女を「アゲまん」と言うように、その逆の「サゲまん」もいますよね。そのサゲまんっぷりは偶然でも相性でも何でもなくちゃんと理由があるのです。

女性のどんな性質が男をダメにしてしまうのか。当てはまっている数が多いほど貴女がダメンズを作っている可能性も!(笑)。

とにかくガマン!我慢体質の女

彼に言いたいことがあっても、それを言うことによって気まずくなるのが怖くて言えない。それなら自分が我慢した方が関係がいいと思い込んでしまう。そんな女性は赤信号!

他人から見てちょっと疑問に思うような相手の行動は、注意してあげないと後はドンドンつけ上がるばかり。そのうち「コイツはなにも言わない」と気づかれ、ワガママ気ままな俺様彼氏の出来上がり!です。

男は彼女にどこかしら母親を求めているので、ココ!という時に疑問に思っていたことを伝えるといいですよ。ただ、頭ごなしに言うのではなく、タイミングを見て相手が受け入れやすい時に伝わる言葉を選んで言ってみてくださいね。

彼に何でもしてあげたくなる!尽くしすぎる女

ん~、これは危険です(笑)。ナメられて下に見られる可能性大の危険信号ですね。好きな人のために何かしてあげたくなる。これは誰もがもつ感情ですよね。愛情でもあると思います。でも行き過ぎは禁物。

私が小さい頃、朝が弱い父に対してしつこく起こす母の声が嫌いでした。終いには金切り声になり、私たち子供にまで起こすように言われる始末。それをずっと疑問に思っていたのです。

「なんで自分で起きないの?自分のことでしょ?」本来ひとりで暮らしていたら自分でするはずの、小さな身の回りのことなどを引き受ける行動は、彼の自立性を徐々に奪って「やってくれて当たり前」という状況を生み出してしまうのです。

一度習慣になったことをやめてしまうと、今までやってくれていた感謝という気持ちは相手にはなく「やってくれなくなった」という残念な気持ちになってしまうのです。

それが恋人という仲の感情なのでは?と思います。家族になると苦楽を共にするのでそんな単純でワガママな取り方も少なくなる可能性があるのですが、付き合っている段階でそれをやってしまうと後に戻れなくなってしまいます。

「飴と鞭」とはよく言ったものです。彼が疲れている日や記念日などメリハリを大事にして尽くすことは素敵ですよね。

惚れた弱みにつけこまれる女

「なら別れる!もうムリ!」という言葉が喧嘩の度に出るカップルっていますよね。そのカップルのその先は結局のところ別れじゃないかな~と思ってしまうのです。

それは、互いを思う気持ちのバランスが悪いということです。ありがちなのが、束縛を嫌う男性が彼女の束縛に耐えられず言ってしまう、そんなところではないでしょうか。

喧嘩になるたびに「別れる」という言葉を出されてしまう関係は愛されていません。愛情があれば話し合おうとするもの。それが愛情です。

好きだから彼の行動が知りたい、好きだから彼にこっちを向いて欲しい、好きだからもっともっと側にいたい、好きだから、好きだから…って、書いてるだけで息が詰まります(笑)。

惚れたまま、相手に言われるまま付き合いを続けていくと、相手は貴女から何かを得よう学ぼうとする姿勢が少なくなっていくのです。それっていい関係じゃないですよね?

そうならないためには、惚れているままの姿を見せないことです。男性がハマッてしまう女は意外と「白黒ハッキリしている女性」。世間で言う鬼嫁のような家庭って、行き過ぎていなければいい関係が築けていることが多いのです。

自分の気持ちをコントロールすることは恋愛でもビジネスでも必要なこと。

金銭的な弱みを握られる女

これはもう社会人としていけませんね。結婚をしているワケでもないのに彼の自宅に入り浸っているような女性です。

彼にお小遣いをもらっている女性の話を聞いたときは驚きました。これこそ喧嘩をした時に「働いてもないクセにグチグチ言うな!」という流れが安易に想像できますよね(笑)。正当な意見だと思います。

「俺がいないとダメだと思わせる女が可愛い」という男の理想の女イメージを暴走的に勘違いしてしまった悪い例ですね。互いに社会的に自立していないカップルは未熟。金銭的な弱みを握られる関係はあまりにも足元が不安定です。

社会的にしっかり自立して、彼に何かがあったときに経済的に支えられるような女性こそ、最終的に求められる素敵な女性なのでは?

この記事をシェアする

関連記事