• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男は「女の熱量」に弱い!オヤジから年下君まで熱量で思いのまま

Date:2013.02.03

草食系などと呼ばれすっかり勢いをなくしつつあるいまどきの男の子から、バブルに踊り家計に苦しむ今の40代後半男性まで、女性の「熱量」に弱い!これさえ知っていれば彼氏から職場上司まで使いこなせること請け合いです。

ももクロ現象

「ももいろクローバーZ」このアイドルグループのファンは意外にも40代後半の男性が多いのです。就職はバブルで踊り、現在はそのころのツケともいうべきローンと恐妻に苛まれる世代が心の癒しとするのが、なんと超アイドル「ももクロ」。

コンサートに足を運ぶ人も多くいるそうです。確かにももクロの戦隊レンジャー風の衣装は昭和っぽく、歌やパフォーマンスもオヤジ心をつかんでいるようですが、何よりも「熱量がいい」という40代ももクロファンの意見です。

その「熱量」とは一生懸命さ。体当たり的な勢い。ほとばしる熱を感じるそうです。それに触れることで「月曜からまた頑張れる」と自分を奮い立たせることができるのです。このももクロ現象。一般女性にも応用が効きます。

だって男が弱いから

と、声を大にして言いたくなる瞬間が多い昨今です。デートからベッドの誘いまで女任せ。逆プロポーズがすでに「逆」とも言えない時代。ともかく男性が意気地なしです。

家庭のなかでも波風立たなければ十分、出世もまぁまぁで十分、事なかれ主義バンザイ、女性にもてなくてもいい、平和ならば......。歯ごたえのない男性が年齢を問わず増えています。この男性にやる気を与えつつ手のひらで転がすなら「熱量」を有効利用しましょう。

ぶつかる、負けない

男性に比べ情緒豊かな女性には、「熱量」があります。その熱は男性の心を溶かし、再編成できるエネルギーです。優柔不断な男性にあえて大げさに全力でぶつかることはかなり効果的です。

例えば、結婚を煮え切らない彼氏には、「あなたと結婚したいの」と情熱でぶつかりましょう。そこで脅迫をしてもダメですし、答えの期限を決めても逆効果です。女性のエネルギーに触れることで男性も感化され、「よし、ここらで決めるか」と思わせるように持っていきたいもの。

女性が仕事でもプライベートでも熱量を持ってがんばること、積極的に前に出ることは、男性の意識までも前に向かせることなのです。 

そして負けない女性はカッコイイ。すぐにあきらめずに何度でも繰り返し粘る力強さは、女度ばかりでなく人としての評価を高めます。これも熱量が高いからこそできること。

日ごろから

では、この「熱量」。高めるかたには日ごろから豊なものに触れるように心がけましょう。芸術、本、映画、恋、風景、友だち......周囲の影響が複雑に混じり女性の熱を作りだします。

特に「恋」は外せません。恋してる女性はそれだけでもキラキラと熱を感じます。外にでて、自分の持つ「熱量」をさらに高める瞬間を作ることが、まずは第一歩です。

この記事をシェアする

関連記事