• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もう泊めたくないと思われてしまう女子同士のお泊り会での非常識行動

Date:2013.10.10

女子同士でお泊りすることってありますよね。女子会の延長線上にあるのがこの「お泊り」ですから、誰もが一度は女友達の家に上がったことがあると思います。

しかし、お泊りとなると、友人とはいえ他人の空間にあがるわけですから、普段とは少し違った気遣いが必要になってくるのもまた事実。これを誤ると友情にひびが入ってしまう恐れもありますから、要注意です。

女子は一度されたことは二度と忘れない生き物ですから、一度の非常識が友情を壊してしまう引き金になりかねません。

では、お泊りでは一体どんな行動が非常識とされるのでしょうか。例えば、引き出しの中を勝手に見る、日記を勝手に読む、などが代表的な非常識行動と言えるでしょう。

しかし、そのくらいなら誰でも考える範囲です。勝手に人のものを見てはいけないというのは常識中の常識です。では、さらに掘り下げて考えると、一体どんなことがNG行動になるのでしょうか。

この記事では、「もう一度泊めたい、ぜひまた遊びに来てね」と言ってもらえるような「お泊り美人さん」になれるようなポイントを紹介していきたいと思います。

パソコンの履歴を見てあれこれ言うのはNG

女子友達のお部屋に泊まらせてもらったときに、「自由にくつろいで~」と言われ、「本棚も自由に見てもいいよ」と言われることもあると思います。そしてパソコンを一緒に使ったり一緒に動画を見たりすることもあると思います。

しかし、こんなときに気をつけてもらいたいのが、友人のパソコンの履歴を見て、あれこれと詮索したり、何かを言ったりしないことです。

例えば、とある商品を検索していた履歴が残っていたとして、「これ欲しいの?」と聞いてしまうのは、すでに友人の領域に踏み込んでいることになってしまいますので、他意はなくとも口に出さないようにしましょう。

神経質な友達であれば「勝手に見られた」と思い込んでしまう可能性もありますので、要注意ですね。

何にも聞かずに化粧水などを使うのはNG

「自由にしていいからね」と言われてもなかなか自由には振舞えないのが友達の家というもの。トイレを借りる際などは必ず「ちょっとおトイレ借りるね」と声をかけたりと、結構気を遣うものです。

しかし気をつけていても、油断してしまった際についつい無断で使ってしまう恐れがあるのが、この化粧水や乳液といった化粧品の類です。化粧品の類を忘れてしまい、その友人の部屋に置いてあるものを借りる際には、必ず一言声をかけるようにしましょう。

お泊りの際に、タオルは出してくれるのに、シャワーからあがったときに化粧水を貸すということを忘れる人というのは結構います。借りてもいいかな、と一言かけること、非常に大事です。

食器などの片付けに協力しないのはNG

もし友達が手料理などを作ってくれた場合、積極的に片付けや食器洗いに手を貸すのはとても大切です。みずから「私、やるよ」と言うことで、泊めてくれる友達の負担を少しでも軽くしてあげましょう。

「何もしなくていいよ。ゆっくり座ってて」と言われたとしても、その言葉に甘えてリビングでのんびりしていると、「気のきかない子」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。

物の配置や散らかり具合にいちいち進言するのはNG

人の部屋にあがって、家具や物の配置について、あれこれ口を出してくる人というのは結構多いようです。

「この椅子をここに置くのは邪魔にならない?」、「この家具はここでいいの? 上手に使えてる?」という具合に、まるでインテリアのアドバイザーになったかのような口調で友人の部屋のレイアウトに関して進言してくる人というのは、泊めた友達からしたら、かなり「余計なお世話」と思われてしまう可能性があります。

人には人の生活スタイルというものがあります。たとえ他人が「この位置では使いづらいのでは?」と言ったところで、本人はその位置がしっくりきているわけですから、一度泊まりに行ったくらいで部屋の中のことにまであれこれと意見するのはあまりいいことではありません。

意見を言うのなら、むしろ褒めること意識しましょう。「この机、使いやすそうだね」、「このインテリア、可愛いね」とあくまでもプラスの意見を言えるようにしてみましょう。きっと泊めてくれる友達も、気分を良くしてくれるはずですよ。

フェイスタオルでテーブルを拭いたりするのはNG

タオルというのは家によって、人によってそれぞれ用途が違います。あなたが布巾だと思っていたものが実はフェイスタオルだったり、あなたがフェイスタオルだと思っていたものが友達の家ではバスタオルとして使われている可能性があるのです。

それなのに友人の家に行った際、勝手にそのへんにあるタオルで良かれと思って机を拭いてしまったら、実はそれは友人宅ではフェイスタオルとして扱われているものだった、ということもあるかもしれないのです。

何かを使う際には、必ず友達本人に確認をとってから使うようにしましょう。良かれと思ってとった行動が裏目に出てしまうこともありますから要注意です。

忘れ物をしないように家を出る前に最終確認する

さて、泊めてもらった翌日。後片付けをしてから帰るのはもちろんのこと、友達の家に何か忘れ物をしていないかどうかしっかり確認してから帰るようにしましょう。

物を忘れてしまうと、友達も気を遣って届けてくれたりと色々と手間をかけさせてしまう恐れもあります。家を出る前に最終チェックをしましょう。

お泊りというのは、その人の人間性が出てしまう機会でもあります。大切に育んだ友情を一夜にして壊してしまう可能性もあります。そうならないためにも、上記のことに気を配り、誰にも負けないお泊り美人になってしまいましょう♪

この記事をシェアする

関連記事