• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男性が思わずドキッとする大人の女性の告白スタイルとは?

Date:2013.04.11

告白

好きな男性に告白をするとき、どのように告白しますか?ストレートに「好きです」と言うのは男性にとっても分かりやすく、好感のもてる告白の方法ですね。しかし、あまりにもストレートすぎると、現代の男性は引いてしまいます。

また、ストレートに告白されたのだからストレートに返事をしなければ、と思わせてしまいそれがNGな場合は、すぐに振られることになってしまいます。

女性もある程度年を取ったら、余裕のある恋愛をしたいものですね。告白のスタイルも男性を「えっ?!」と戸惑わせて、全くその気がなかった女性に対しても、気になる存在になれればうれしいですね。

男性がドキッとするような大人の女性の告白の方法とは?

お茶やご飯に誘う

軽い感じでお茶やご飯に誘いましょう。友達を誘うような感じで明るく誘うのがコツ。このときは好意を見せないように、相手が自然にOKしてしまえるような感じで誘いましょう。

夕食や飲みに、というと「何かあるのでは?」と勘繰られてしまうので、ランチやお茶がいいでしょう。断られたら、「また今度」と言って、再度誘います。

普段の会話の中でさりげなく

彼と普通に会話している中で、唐突に「○○さんっていい感じですね」と伝えます。好き、という言葉を使わずに、素敵な男性だと思っていることを伝えます。そのセリフのときだけちょっと声のトーンを落とし気味に。彼の目を見つめて言いましょう。

言った後は微笑んで、「じゃ、また」と去りましょう。言い逃げされた男性は「どういうことだろう?」と気にしてくれるでしょう。

視線でボディタッチ

男性の手や胸や背中、自分の好きな部分を手で触るのではなく、視線をはわせましょう。そして、「男らしい背中…」とつぶやきます。気をつけないと欲求不満の女性に思われてしまうので、言ったあとは無邪気に笑ってごまかすフリをしましょう。

決して誘っているわけじゃなく、つい口に出してしまった、という感じを出しましょう。

ずっとこうしていたいね、と言う

二人でいる時間を作ります。仕事でもプライベートでも何でもいいので、とにかく二人で時間を過ごします。そのときに「ずっとこうしていられるといいのに」とさりげなくつぶやきます。言うだけで、相手の反応を見るようなことはせず、すぐに別の会話をしましょう。

余裕を見せる

スマートな告白のコツとしては、余裕を見せることです。少し自分の思いを告げる瞬間だけ女性の目をしていても、言った後はその感じを消すことが大事。

すがるような視線を送っていても、アナタにその気のない男性にとっては重いだけ。「別にいいのよ、振られても」という余裕が必要です。

唐突に言う

相手が油断しているとき、唐突に告白しましょう。そんなことを言われると思っていなかったところに突然の告白。びっくりさせることがポイント。告白した後は普段通りに接しましょう。

気持ちは抑え気味に

どんなに彼のことが好きだとしても、その気持ちの大きさを感じとらせてはいけません。特に相手がアナタにその気がない場合は、想いの強さや大きさは負担になってしまうからです。

想いが強いと彼と話をするときも自然と女性っぽくなってしまうことも。できるだけそれを抑えて、普通に会話をするようにしましょう。その中で、ちょっと気持ちをのぞかせて、彼の気をひくことが大事です。

焦りは禁物

いくらさりげなく、自然に告白をしても、毎日のようにしていてはしつこいだけです。コツは彼がアナタの言動に疑問を持つこと。彼がアナタのことを考える時間を与えることが必要です。そのためには時間が必要。焦って答えをせかさない余裕を持ちましょう。

周りには絶対悟られないこと

周囲から彼にアナタの気持ちが伝わってしまわないように注意しましょう。もしアナタの他に彼を狙っている女性がいたら要注意。そういう女性は彼のことや彼の周りの女性のことに敏感です。

彼が周りの誰かに「○○さんで僕に気があるのかな?」と聞いたとして、「え?そんなことないんじゃない」と言われるのが理想。ますますアナタのことが分からなくなり、気にし出すのも時間の問題。そうなるまでアナタの気持ちは誰にも内緒です。

この記事をシェアする

関連記事