• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたはどのタイプ?大人ニキビの原因はこんなところに潜んでいた!

Date:2012.11.08

10代の頃、おでこのニキビを前髪で隠しながら登校していた青春時代…。20代になった現在では、出現頻度は幾分減ったようではありますが、決してなくなりはしないニキビの症状。

しかし、大人ニキビは、10代の頃のものとは少し事情が違うようです。同じ部分に繰り返し出来る傾向にあり、治ったかな~と思ったら、またひょっこり同じ穴から顔を出す…そしてその繰り返しで色素沈着してしまい、最終的にはシミとして残ってしまう運命に。

見逃しがちなあなたの大人ニキビの原因は、このどれかに当てはまるかもしれません。大人ニキビを繰り返している人必見!今までの筆者のニキビ経験および考察から、是非、大人ニキビの対策に役立ててください。

洗顔料やその他洗剤の洗い残し

一時期、フェイスラインや口の下にニキビが絶えないことがありました。バランスの取れた食事や規則正しい生活をしていた時だったので、原因が不明でしたが、ある日エステで、洗顔後に顔を拡大して見た時に原因が判明しました。「洗顔料」の洗い残しです。

髪が濡れるのが嫌で、朝の洗顔でフェイスラインに残った洗顔料をしっかり洗い落とせていなかったことが原因でした。また、口の下やアゴも、洗顔料が滞留しがちな部分です。洗い流す時は、口の内側から舌を前方に突き出し、アゴを前に突き出した状態で毛穴を意識してしっかり洗い流しましょう。

入浴の際、あなたはどのような順番でご自身を洗っていますか?洗顔⇒体洗い⇒シャンプー・リンス という方はかなり危険です!最後にシャンプー・リンスをしてしまうと、洗い流した際、せっかく綺麗に洗った顔や体に、もう一度別の洗剤をコーティングしてしまうことになります。

順番としては、シャンプー・リンス⇒体洗い⇒洗顔 というのがベストです。シャンプー・リンスの洗い流しを、さらに洗っていくというイメージで。特に背中のニキビにお悩みの方は、この順番を間違っていることが多いようです。筆者は順番を変えたことで、背中ニキビがかなり改善しました。

そして、必ず洗顔を最後に行うこと!クレンジングなどで始めに汚れを除去しておいて、全てが終わってから、洗顔料で元の汚れもシャンプー・リンスの汚れも、しっかり洗い流しましょう。

残っていると、これがニキビの原因になってしまいます。また、湯船に浸かった後などには、最後に綺麗なお湯か水で顔を洗うことも徹底しましょう。

就寝時の体勢

うつ伏せや、横向きに寝る癖がある人は要注意です。顔に、一晩中圧力をかけている状態になっています。これでは、ニキビが出来やすくなりますし、ニキビを悪化させてしまうことにもなります。

基本は、仰向けで就寝しましょう。また、前髪やサイドの髪は顔にかからないようにしましょう。気が付いたら横を向いてしまっていることも多いので、次にも触れますが、枕を常に清潔にしておくことも大変重要です。

枕・フェイスタオル・パフの清潔度

意外と盲点なのがここ。枕やフェイスタオル、パフといった、肌に直接触れるものを常に清潔な状態に保つことができていますか?枕カバーの上にさらに清潔なタオル等を敷いて、毎日寝ることが出来ていますか?そのフェイスタオル、いつ交換しましたか?

お使いのパフ、前回のファンデーションが付着したまま、何度顔をこすってきましたか?お肌に直接触れるものが清潔でないと、これまたニキビの原因になります。雑菌だらけのタオルやパフで、毎日顔に菌を広げてしまっていては、大人ニキビは改善しません。

枕カバーを毎日洗濯するのはかなり難しいですよね。しかし、いくら気を付けていても、寝ている間に必ず顔が触れてしまう部分でもありますので、枕の上に、清潔なタオルを敷いて寝ることをオススメします。こうしていれば、顔に近いところが常に清潔ですので、安心して寝ることが出来ます。

フェイスタオルも同様に、顔を洗う度、新しいタオルを使用することをオススメします。しかし毎日のこととなると、これもなかなか大変。

ミニタオルを洗面台の棚に大量に常備しておいて、毎日使っていくと良いでしょう。また、大きめのフェイスタオルをご使用の場合は、使用した面とは違う面を次の日に使う、といったように工夫してください。

パフは、毎日清潔な面にファンデーションを付けましょう。大きめのパフを使い、パフの表の上、下、裏の上、下、という風に順番に使えば、4日間は連続で清潔な面を使用することができます。全ての面を使い終わったら、パフ用洗剤でしっかり洗い、日陰で乾かして常に清潔にしておきましょう。

日常的環境による影響

自宅のベッドの位置や、オフィスのデスクの位置を気にしたことはありますか?ニキビには、日焼けも大敵です。外出時は日傘や日焼け止めでカバーしていても、室内では怠りがち。

朝の日光や日中の日差しが、実はあなたのお肌に届いています。日焼けをすると出来てしまったニキビが治りずらくなりますので、日差しの影響を気にかけるようにしましょう。

半顔だけにニキビが集中する、という方も、片方から日光の刺激を浴びている可能性もあります。さらに半顔だけにニキビが集中する方に考えられるのは、オフィスで、嫌いな人がそちら側に座っている、ということ。

これは一種のストレスですが、毎日、嫌な空気を半顔でダイレクトに意識してしまうことで、ニキビや肌荒れを起こしやすくなってしまいます。実際に経験がありますが、治りも遅く、オフィス環境の改善やストレスの除去でしか解決策がありません。

顔を触る癖や、頬に手を置いて肘をつく癖がある方も、その部分にニキビが出来やすくなるので注意しましょう。

病気として治療薬を処方しましょう

現在、ニキビ予防やニキビ治療に有効なスキンケア商品が数多く存在しています。自分に合ったスキンケアを使用することももちろん大切ですが、皮膚科での治療も同時にお勧めします。

ニキビの種類も様々ですので、ご自身で判断せず、皮膚科のお医者さんの意見を聞き、処方されたお薬を使用しましょう。最近は、メディアの情報に流されることも多いので、ニキビ対策には十分な知識と毎日の正しいケアが大切です。原因が分かれば、対策も立てやすいですね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント