• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋愛のトラブルの種「誤解」!しないさせない大人の付き合いとは

Date:2015.02.23

shutterstock_161522204_
恋する男女につきものなのが「誤解」。恋愛小説や漫画、ドラマなどでもこの「誤解」というシチュエーションはよく登場します。時に話をややこしくし、時に恋人たちの気分を盛り上げます。

ただ、現実の恋愛においては、誤解はトラブルの元。誤解のおかげで恋する気持ちが加速するということは確かにありますが、若いうちならまだしも、結婚を見据えた落ち着いた恋がしたいお年頃であれば、不要なトラブルは避けたいものです。

では、誤解のない心穏やかに愛を育むことができるお付き合いをするには、どうすればよいでしょうか。恋する二人の「誤解」について、改めて考えてみることにしましょう。

恋する二人の「誤解」の種類

恋人間に起こる「誤解」にはさまざまなタイプがありますが、よくあるパターンとしては、以下のようなものが考えられます。

他の異性との仲を誤解

下手をすると、二人の間に亀裂が入るほど、こじれる危険性のある「誤解」です。

本当はただの会社の同僚であるかもしれないのに、それが異性であるというだけで、ちょっとしたことですぐに仲を疑ってしまうことって、よくありますよね?

自分が好きになるくらい素敵な人なのだから、周りが放っておくはずがない、などと、恋人のことを過大評価してしまうのが恋愛中の脳。異性の存在に目を光らせすぎることから起きる誤解です。

恋人の気持ちを誤解

恋人の気持ちを誤解するケースとしては、次のパターンがあります。

〇自分への気持ちを誤解

「お前が考えているよりもずっとお前のこと好きだと思うよ」なんて言われたことがある人も、いるのではないでしょうか。

恋をするとつい不安になって、相手が自分のことをそんなに好きじゃないのではないか、好きなのは自分の方ばかり…、などと、勝手に相手の気持ちの度合いを測ってしまいがちです。

メールや電話の回数が少なくても、なかなか会えなくても、それを愛情の尺度にすることは間違いです。人それぞれ、愛情の表れる場所は違うもの。自分の物差しで測っていては、誤った判断をしかねません。

〇行動に伴う気持ちを誤解

「いつもより口数が少ない=怒っている」「一緒にいても上の空=心変わり」など、恋する脳はとにかく、悪い方へ悪い方へと想像を膨らませてしまいます。

口数が少なくても不愛想でも、ただ体調が悪かっただけなのかもしれないし、上の空の原因は女性のこととは限らないのです。

相手の行動を見て、その心の中を見ようとしても、それはただ単に「想像」でしかありません。間違うことも多々あるのです。

恋人の本質を誤解

結婚を考えるなら、一番避けたい「誤解」がこれ。相手の行動から、「きっと、彼はこういう人に違いない」と勝手に思いこんでしまうパターンです。

表に見えている部分だけ、都合のよい部分だけを見て、素敵な人だと分析してしまう。恋する脳は、とにかくこの恋を終わらせたくないので、あばたもえくぼどころではない、えこひいき判定をしまくるのです。

「誤解しない」付き合い方

誤解をすると、不安になったり、イライラしたり、ひとつの誤解が更なる誤解を生んだり。よくないことばかりです。

誤解をしないようにするには、どうしたらいいのか、5つのポイントについてまとめてみました。

人との付き合い方を分析する

必要以上に異性との仲を疑わなくてすむように、まずは、彼が普段、どんな風に人と付き合っているのか、じっくり観察してみてください。

・人との距離の取り方
・男女の意識の仕方
・メールのやり取り

人には人の「普通」があります。彼がどのくらいフレンドリーに人と付き合っているのか、異性かどうかで付き合い方をどの程度変えているのか、よく知る必要があります。

個人的なものもありますし、環境による影響もあります。たとえば、女性が男性とまったく同じ仕事をする職場で、なおかつチームで働くような仕事をしている場合、男女の区別なく、同僚としてメールや電話をすることは珍しくありません。

彼の日常において、異性の存在がどの程度普通に存在するのか、しっかりと理解した上で、焼きもちをやくなり、浮気を疑うなり、する必要があります。

生活スタイルを分析する

次にチェックしたいのは、彼の生活スタイルです。

彼の職種によっても、多忙さによっても、趣味の有無によっても、彼女への時間の割き方は変わってきます。

あなたになかなか会えないのも、メールの返信が来ないのも、大切な何かに時間を割いているからかもしれません。

自分より仕事が大切なのが許せない、趣味を優先するのが許せないというなら、それはそれで仕方がありませんが、彼がどういうスタイルで生きているのか、付き合いを続ける上でもちゃんと知っておく必要があります。

仕事が忙しいふりをして、他の女の子と遊んだり、二股をかけたりする人もいるので、そういう危険性がないか見極めるためにも、しっかりチェックが必要です。

行動パターンを分析する

彼の行動に隠された気持ちを知るには、彼の性格をよく知り、その行動パターンを学ぶよりほかありません。それには、相手をよく見ること。漠然と見ていてもわからなければ、ノートに書き出してみるのもよいでしょう。

行動に伴う「どういうつもりで」という理由や気持ちは、本当のところは本人にしかわからないので、わからなければズバリ聞いてみるというのもよいでしょう。それがてっとり早いし、誤解がなくていい方法です。

ただ、逐一聞いていたのでは鬱陶しい女。行動と理由のパターンを見て、理解を深めていくことが大切です。

本人以外に目を向ける

彼の本質を知るには、彼を取り巻く人や環境に目を向けることも大切です。

〇友人をよく知る

おしゃべりな人に聞き上手の友達が多いように、付き合いが長く続く友人のタイプを見れば、その人の性格がわかる場合もあります。

〇実家に遊びに行く

家族を見れば、育った環境、遺伝による性格や雰囲気など、参考になるものもあるでしょうから、実家に遊びに行くのはよいことです。

それに、家族に接しているとき、人は本来の性格が出てしまうもの。彼の地の性格が見られるかもしれないので要チェックです。

セロトニンを増やす

何が一番いけないって、恋する脳が冷静な判断をさせてくれないこと!そこで、興奮状態の脳を落ち着ける効果があるセロトニンを増やす努力をしてみましょう。

・規則正しい生活を心がける
・バランスのよい食生活&よく噛んで食べる
・日によく当たる
・リズム運動を意識する

彼に好かれたくてダイエットにも力が入りがちですが、食事制限の伴うダイエットは避けること!

たんぱく質・ビタミンに加え、炭水化物もセロトニン分泌には大切。しっかり食事をとった分、ウォーキングやスクワットなどリズム運動を取り入れましょう!

「誤解されない」付き合い方

誤解しないことも大切ですが、誤解されないこともまた大切。いらぬ誤解を受けて、相手を怒らせたり、信用をなくしたりしては大変です。

できるだけ誤解されることがないように、心がけるべきことを押さえておきましょう。

あらかじめ伝える

先ほどの逆。誤解しないために相手をよく知ることが大切なように、誤解されないためには、自分をよく知ってもらうことが大切です。

・人間関係、人との付き合い方
・恋人との付き合い方
・よく周りから注意される注意行動など

自分はどういう性格なのか、周りに聞いたりして確認しながら、相手にあらかじめ伝えるようにしましょう。

その都度伝える

男性は、もともと女性よりも鈍感な生き物。言葉に出して伝えなければ、わかってなどもらえないと思いましょう。

・相手への愛情
・言わなければ伝わらない、理由・不安・不満

胸のうちに留めていないで、思ったそのとき、感じたそのときに、その思いをそのまま伝えるようにしましょう。

頑張りすぎない

よく見てもらおうと、いつもはできないことも頑張りすぎると、本来の自分よりもできる人と思われて、後々苦労したり、彼を落胆させたりすることにも。

彼のために自分自身が向上していくのはよいこと。でも、長続きしないような無理があることは、素直に「頑張ったけど、ダメだった」と打ち明けてしまいましょう。

それで相手が離れて行くようなら、そこまでの仲。頑張ったことを評価せずに、結果だけを見て×をつけるような男ならこちらから願い下げ!くらいの気持ちで。

結婚を考えているならなおさらです。無理は一生続けられるものではありません。共に生活してゆけるとかどうかということを考えて、自分のできる範囲で努力するくらいが、誤解が生まれず、また、自分も疲れてしまわず、ちょうどよいのです。

ありのままに

誤解は、自分の勝手な解釈や素直ではない気持ちから生まれます。ありのままをありのままに受け止める、ありのままで接する。そうすれば、自ずと誤解は少なくなるでしょう。

また、自分の気持ちばかりに捉われることなく、相手を理解しようと努めること。

恋愛ホルモンに脳が支配されている中では、なかなか難しい話ですが、自分本位な恋から相手を尊重することができる恋へ。大人の余裕、大人の優しさ漂うお付き合いができるようになりたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事