• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋したい女性必見!幸せになれる“オトナ恋愛脳”を育てる方法

Date:2015.08.22

shutterstock_114704407 - コピー

恋人は欲しい、結婚もしたい、けれど、周りの男性にときめかないし、新しい出会いも見つけられそうにない…。

そんな時は、待っていてもダメです。まずは、恋愛ができる自分にならなければ!

幸せな恋愛ができる自分になるための、“恋愛脳”の作り方をご紹介します。

カギは脳内伝達物質だった!恋する脳の育て方とは?

長らく恋愛をしていないという女性は、実は出会いがないのではなく、脳が恋愛をするモードになっていないから、という可能性があります。

恋愛のチャンスに敏感な脳を育てるには、どうしたら良いのでしょうか。

恋愛は相手への共感から始まる

脳の中で、恋愛に関わっていると考えられているのが「大脳辺縁系」と「前頭葉の前頭前野」です。

大脳辺縁系というのが、動物の本能を司る部分です。恋をし生殖するという、生まれながらにして持っている本能や、好き嫌いなどの感情が起こるのは、この部分が働いています。

前頭前野は、人間の脳の中でもっとも時間をかけて成長していく部分で、人間関係を円滑にするという高度な働きを担っています。

  • 他人に共感する
  • 目の前の利益にとらわれず、長期的な損得を考える
  • 計画的に行動する

特に上記のような働きは大人の恋愛に欠かせません。つまり、こうした脳の部分を活性化させることで、恋のチャンスを逃さず、幸せな恋愛に発展させられる可能性が増えて行きます。

恋愛脳を活性化させるには?

もうずっと誰にもときめきを感じていない。そういった人は、闇雲に婚活パーティや合コンに行っても、やっぱり誰にもときめかないもの。

まずは、恋愛しやすい脳の準備から始めてみましょう。先に紹介した、大脳辺縁系と前頭前野を活性化する方法とはどんなものでしょうか。

大脳辺縁系…恋愛の要、感情や性欲を司っている。

  • 自律神経にも関わっている部分です。できるだけ規則正しい、ストレスのかからない生活をしましょう。休みをしっかりとって、ストレスを発散させることも大切です。
  • 嗅覚は大脳辺縁系に直結していて、思考が入り込まずに脳に直接影響を与えます。好きなアロマオイル、香水等の香りを日常に取り入れてみましょう。
前頭前野…他者とのコミュニケーション、損得の計算、計画的な行動を司っている。

  • 脳内伝達物質のドーパミンとセロトニンの分泌を増やしましょう。

ドーパミンの分泌は、恋への期待感ややる気をもたらします。

  • 映画や小説などでラブストーリーに触れ、「ときめく」
  • 運動をする
  • 目標を立て、それを達成する
  • 目標をクリアしたら、自分にご褒美を与える

これらの行動が、ドーパミンの分泌を促します。

セロトニンは、精神を安定させ、満足感を与えます。前頭前野を活性化させ、幸せな恋をするのに重要です。

  • 腹式呼吸をする
  • 感動するストーリーを見て涙を流す
  • 朝起きたら、太陽光を浴びる

涙を流すと気持ちが落ち着いたりすっきりするのは、セロトニンが分泌されるから。泣くために泣ける映画を借りる、などの“涙活”で恋愛脳を活性化させましょう。

惚れやすいだけじゃダメ!大人のための“幸せになれる”恋愛脳

shutterstock_95091373 - コピー
“恋愛脳”と言うと、ちょっと良いなと思った人にすぐ恋に落ちてしまう、そんなイメージはないでしょうか。

十代の恋愛ならばいざ知らず、大人の女性にとっては一度の恋も人生がかかっています。幸せな恋愛をするための“恋愛脳”は、どうしたら育てられるのでしょうか。

感情をコントロールする

好きになったら止められない…ドラマチックなセリフではありますが、現実の世界ではどうでしょうか。

とても魅力的に感じた男性であっても、金銭感覚や仕事への意識、性格面など、「この人と付き合ったら苦労するだろうな」と思うポイントが見つかる場合は多々あります。

幸せな恋愛をするには、恋をする本能的な部分と、相手を見極める冷静な思考が必要なのです。

この男性は危険だ、と感じたら次のようなことを心がけてみてください。

  • 顔を合わせる機会を意識的に減らす、または完全になくす
  • 仕事や友達との用事など、予定を詰め込む
  • 新しい恋を探す

その男性のことを考える時間を減らし、感情をコントロールしましょう。

ダメ男から自衛する

脳が恋愛したいというモードに切り替わると、突然モテたりするものですが、結果ダメ男を寄せ付けてしまっては元も子もありません。

ダメ男がなぜ“ダメ”なのかと言えば、その依存体質にあります。女性に対して、何らかの形で甘えたい、頼りたい、もっと性質が悪いと利用したい、と考えています。

こうしたダメ男から自衛するには、“この人には依存できない”と思わせればOK。

男性の前で、強がった相手に対して優位に立つような発言は控え、悩み事の相談や弱みをさらしてみましょう。ダメ男であれば弱い女性には依存できないので去りますし、自立した男性であれば親身に相談に乗ってくれようとします。

まずはリラックスを…心を整えると良い恋愛ができる

shutterstock_189187532 - コピー
恋愛脳に必要なドーパミンやセロトニンの分泌を増やすには、規則正しい生活を送り、ストレスのない安定した心でいることが大切です。

それはつまり、心に余裕がある人ほど、恋愛ができるということ。

恋人が欲しいと考えている人は、まずは深呼吸を。リラックスして周囲を見回してみたら、案外近くに素敵な恋人候補がいるかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事

コメント