• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

鹿児島直送のさつま揚げをお取り寄せしてみました。

Date:2013.10.15

昔からあるおかずに「さつま揚げ」があります。日本人ならごく普通に小さいときから食べてきたどこにでも売っているおかずですが、近年のグルメ志向に乗って本場のものも取り寄せてみたい!という願望が筆者の中に沸いてきました。

きっと従来のさつま揚げにない美味しさがあるはず。「お取り寄せ」など筆者も身の程知らずもいいところですが、実際に買ってみました。

そもそもさつま揚げの歴史とは?

買ったのは楽天市場内に店舗がある鹿児島の「別甲屋(べっこうや)」さん。さつま揚げ屋さんらしからぬ、シックで斬新なパッケージはお使い物にもいいかも。

そもそも「さつま揚げ」って鹿児島の旧名が「薩摩」だからつけたのだと思っていたのですが、ネーミングの由来は他のところにありました。

時代は薩摩藩がかつての琉球(沖縄)王朝と交流を始めた時代にまで遡ります。沖縄に「チキアギー」という魚肉のすり身に砂糖や塩で味付けして揚げた料理があり、それが鹿児島に渡って「つき揚げ」と呼ばれたと考えられています。

当時は今より漁獲量が多く、魚が獲れすぎて余ったり、刺身や煮つけにするにはサイズが小さい魚の処分法として作られたのがこの料理でした。

要するに「揚げかまぼこ」の部類ですが、さつま揚げにはたっぷりとたんぱく質が含まれています。また塩っ辛いので塩分が心配なところですが、高たんぱくの食品では多少の量の塩分は気にしなくて良いという研究結果も発表されています。

地元では普通のさつま揚げとの差別化を狙って、さつま揚げタネの中には砂糖、塩の他に地酒をも練りこみ菜種油で揚げるというこだわりよう。油で揚げてあるのにぜんぜん油っぽくないのが嬉しいところ。

高級油の菜種油にはオレイン酸、リノール酸を含み血圧を下げる効果もあります。それに一般のどこでもあるさつま揚げと違うところは「味が濃いこと」と「中の具が凝っていること」です。

近年、さつま揚げもグルメ志向になって中に入れる具の工夫も昔よりは進みましたが、この別甲屋さんのさつま揚げにはさつまいもやひじき、大豆、にら、人参、ごぼう、しょうが、昆布、チーズ、レンコンなどが入っておりバラエティーに富んでいたこと。

少し火であぶってなにもつけなくてもそのままですごく美味しく頂くことが出来ました。さて、クール宅急便で送られてきたさつま揚げを美味しく頂くには、次の方法があります。

1 もういちど揚げなおすことにより出来たての風味がよみがえる
2 おでんなどの煮物に入れるとほんのりとした甘みが出る
3 焼き網で軽くあぶると香ばしさがアップ

また、これらを「わさび醤油」で頂くのも格別です。

そしてさつま揚げにはやはり「地酒」がないといけません。薩摩に合わせて「焼酎」と行きたいところですが、それほどお酒に強くない筆者は日本酒にしておきました。さつま揚げと日本酒の絶妙のコンビネーション!!ほんとうに「日本人でよかった!」と思う瞬間でした。

この記事をシェアする

関連記事