• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夫や彼に「言いたい事」の効率良い伝え方とは?6つのコツを教えます!

Date:2012.08.31

男性に対して「言わなくてもやってくれたらいいのに…」とか「そんなことまでイチイチ言わないといけないの?」と思ってしまった経験ありませんか?

女性は言葉にしなくても分かる生き物ですが、男性は言葉にしなければ伝わらない生き物です。ましてや女性の考えていることなど分かるわけもないのです。

しかし女性は「男性は分かってくれない」というイライラから、つい口調がキツくなってしまいがちです。自分の感情を害することなくうまく男性に言いたいことが伝えられたらいいと思いませんか?

Helpformen.comというサイトで男女間のコミュニケーション支援を行っている心理セラピストであるジョー・マンスフィールド氏による6つのコツをご紹介します。

男性との正しいコミュニケーション方法を学んで、夫や彼氏を手のひらで転がしてしまいましょう。

コツその1:感情的になったらダメ!

「そもそも男性は自分の感情に意識を向けるようには育てられていません。男性は感情から隔絶されているのです」とマンスフィールド氏は言います。

夫や彼との間で問題が起こりそのことについて話し合おうと決心したら、感情的になってはいけません。話の途中で泣き叫んだり、感情をむき出しにするのは、得策とは言えません。男性の思考回路を妨げてしまうだけです。

一呼吸おいてみましょう。そして話し合いを始める前にまず、夫や彼に何をして欲しいのかを明確にしておきましょう。そしてそれを直接伝えましょう。

コツその2:自分の殻に閉じこもっているときに男性を責めてはダメ!

女性は男性の沈黙を嫌います。「何を考えているのかわからない」「何がいけないの?」「何で何も言ってくれないの?」とまくしたてたくもなります。でも心配しないでください。決してあなたのせいではありません。

マンスフィールド氏によると、男性にはときどき自分の殻に閉じこもりたくなるときがあるのです。そのことを認識するだけで二人の関係が格段によくなるカップルも多いのだそうです。

コツその3:非難してはダメ!

こんな場面を想像してみてください。二人で食事に出かけた先のレストランで夫や彼が、かわいいウエイトレスに色目を使いました。あなたは嫉妬します。そして後になって非難し始めるのです。

しかし一方的に非難し続けるだけでは、彼も防御態勢を取るだけです。非難し返してくるかもしれません。そしてあなたも戦闘態勢に入るわけです。火に油を注ぐようなものです。これでは何も解決しません。

そこで彼を非難する代わりに、まず最初に彼の行動によって自分が悲しい思いをしたとか嫌だったという風に、そのとき感じた自分の気持ちを話しましょう。そして二度としないで欲しいとお願いしましょう。

非難したい気持ちをグッとこらえて、「要求」という別の形で表現してみてください。男性は聞き耳を持って素直に従ってくれるでしょう。

コツその4:しゃべり過ぎは禁物!

女性のしゃべり過ぎは時として男性を参らせてしまいます。ちょっとした一言が何倍にもなって返ってくることを恐れているのです。

女性が興奮してしゃべり過ぎているとき、男性は一言、短く答えます。すると、女性は自分の話を興味を持って聞いてくれていると思いこんでしまいがちですが、男性はただその話題に加わりたくないだけなのです。

ぐちゃぐちゃとしゃべり続けるだけでは夫にゴミ出しをさせることはできません。夫や彼に何かをお願いしたいと思ったら、短い言葉で要求を伝えるようにします。長々と続けてはいけません。説教されているような気持ちになってしまうからです。

コツその5:車の中で大切な話をしてはダメ!

「私は車の中で大ゲンカをしたというカップルの話を、何百人も聞いてきました」とマンスフィールド氏。その理由は「アイコンタクト」にあるそうです。

運転中の夫や彼は前方に目がいっていますので、助手席に座っているあなたを見てはいません。アイコンタクトを取りながら会話ができないので、誤解が起こりやすいのです。

効率的なコミュニケーションに、アイコンタクトは欠かせません。同じ理由で、暗いベッドルームで大切な話をするのもよくありません。アイコンタクトだけでなく、言葉以外の大切な要素であるボディ・ランゲージも見逃してしまうからです。

コツその6:「分かってもらえない」と思いこんではダメ!

男性と女性はコミュニケーションの取り方に大きな違いがあるということについて書かれた本がたくさん出ているのは事実です。

しかし、「違いがあることは確かですが、それが男女関係にとって大きな障害になるわけではありません」と話すのはボストンにあるエマーソン大学で組織政治コミュニケーション学部の教授を務めるフィリップ・グレン氏。

この男女間のコミュニケーション方法の違いを、ほんの少し調整してあげるだけで、スムーズな関係が築けるようになるのです。

感情的にならずに本当に伝えたいことを短く。そしてたまにはそっとしておくことが、男性が女性の気持ちを理解するために必要なことのようです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント