• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夫の外泊は離婚の序章!夫を外泊させず家庭へ繋ぎとめる方法とは?

Date:2014.03.18

ご主人の度重なる朝帰りや外泊に頭を抱えている方は居ませんか?「一度きりのことと思っていたらだんだん回数が増えてきた」と打つ手が無くて悩んでいる女性は意外に多いようです。

今回は、夫の外泊やめさせて家庭へと繋ぎとめた女性たちの話しをご紹介しましょう。彼女たちは一体どんな方法で夫の気持ちを家庭に戻して繋ぎとめたのでしょうか。

料理のレパートリーを増やした女性

月に5回以上、飲みへ出かけて朝帰りするご主人に悩むKさんは、料理教室へ通って家へ戻したと言います。

「お酒が好きな人なので飲みに行くことは当たり前でしたが、朝帰りをするようになったのはここ数年です。

子供たちの手も離れたので、たまには二人で飲みに行きたいと思っているのですが全く誘われません。

だからどうすれば家に居てくれるか考えて、料理が美味しければ家で飲む回数も増えるかもと料理教室へ通い始めたんです。そしたら大当たり!

夫は、似たような味付けばかりの料理に不満だったらしいんです。料理教室のお陰で朝帰りはもちろんですが外でのお酒もほとんどなくなり、自宅にて二人で飲むことが日課になりました」

夫の両親を呼び寄せた女性

仕事を理由に朝帰りが多いご主人を持つHさんには、子供が居ませんでした。子供が欲しい彼女は、一体どんな方法で夫婦関係を改善させたのでしょうか。

「朝早く出勤して夜中に帰宅するというスタイルが定番になっていたので、これを打破するために夫の両親を招き『そろそろ子供を、と考えているんですが○○さんの帰りが遅いんです』と相談したんです。

そしたら義理の母が『私も孫の顔が見たいわ!生活スタイルを変えるわよ』と仕事をしてない義理の母だけ一カ月くらい滞在してくれたんです。

口で言ってくれるだけでも良かったんですが、一緒に暮らす方が効果はあると思いまして、大変気疲れしますが夫の帰りを早くするために我慢しました。

そしたら毎日夫に早く帰るように言ってくれて、一週間過ぎた頃から定時で帰宅するようになったんです。

義理の母との仲も良くなりましたし、夫も子作りに積極的になってくれたので、今は夫婦関係も良好です」

同じ行動をとって離婚を口にした女性

ご主人の不定期の外泊に悩むYさんは、こんな方法で外泊をやめさせたそうです。

「なんとなく浮気じゃないかと思っていたのですがまさか聞けませんから、ここは同じことをして様子を見ようと思ったんです。もちろん浮気じゃなく外泊ですよ。

温泉や友達の家など自由に過ごしてみようと思ったんです。子供も居ないし、仕事もしていないので夫が外泊したら翌日は私、また外泊したら翌日は私、という感じで同じ行動を取ることにしたんです。

最初は『お前もたまにはストレス発散した方がいい』と平気な顔をしていましたが、5回目あたりで、『お前はどこに泊まっているんだ?』と質問されたんです。

私も同じように『じゃあ、あなたはどこに泊まっているの?』と質問すると答えない。

やっぱり浮気だと確信したので『あなた、バレテないと思っているの?不倫してるんでしょ。離婚して』と言ったらすごく慌てて、『もうしないから離婚はしないでくれ』と爆弾発言が出てきました。

その後は、本当に外泊が無くなって私にとっても優しくなりました。女が居たことは許せませんが、結果的には家に戻って来たので前向きに捉えて夫とやり直そうと思っています」

執拗に詮索して疲れさせた女性

ご主人の外泊や朝帰りに悩むAさんは、執拗に詮索して生活態度を改めさせたそうです。

「男の人って色々聞かれるのが嫌でしょ?うちの旦那は特になので、仕返しというかイライラ気分を晴らすために嫌がらせとして詮索することにしたんです。

場所や時間、食べた物や飲んだ物、一緒に居た人とか事細かく聞いて、飲み会と言う日には『お店の様子がわかる写真を送って』と電話もしました。

そんなことを繰り返していたら面倒になったようで、『もう詮索するな』と怒られたんです。

妻なんだから旦那がどこで何しているか知る権利があると言い張った結果、『外泊と朝帰りを止もうしないから、詮索するのはやめてくれ』と旦那が折れたんです。

旦那が家に居る時間が増えて子供も私も大喜びです」

ご主人に合った方法を見極めて

息抜き程度の外泊や朝帰りであれば目をつぶることも出来るでしょうが、ご紹介した女性たちのように悩み、耐えきれなくなった時には適切に対処することで夫婦関係の修復や家庭へ帰るきっかけにもなるようです。

ご紹介した方法を参考にして、ご主人に合った方法で問題解決に向けて努力してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事