• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夫がメタボ判定!ダイエットする夫のための食事で気を付けること

Date:2014.07.17

メタボな体型の人は年々低年齢化して、30代で既にメタボ判定を受けてしまう男性も珍しくありません。

大事な家族のために、まだまだ夫には頑張って欲しい年代でメタボと診断されたらダイエットしてもらうしかありません。運動は本人の努力ですが、食事は奥様のあなたが気を付けてダイエットをサポートしてあげましょう。

朝は抜かせない

朝食は抜かせないように、前の晩残業や、飲み会で遅かったとしても簡単に食べられるおかゆやお茶漬け、シリアルのようなものを用意しましょう。朝は時間が無くても「栄養素」はしっかり摂ってもらうために、ご飯は玄米ご飯や雑穀を混ぜて炊く等。

シリアルも全粒粉タイプのものを選びましょう。食物繊維が多いため、白米や精製された小麦粉で作ったシリアルよりも腹持ちがいい上、なにかと不足しがちな栄養素が含まれているのでおススメです。

昼食にお弁当を持っていってもらいましょう

外回りの営業の方など、お弁当を持っていっても食べる所がないでしょうが、自分の机で普段はご飯を食べられる環境の夫にはお弁当を作ってあげましょう。凝ったことはしなくて良いのです。

・主菜はおもに鶏胸肉や、魚(フライよりは焼く・煮る)

・ヒジキ・昆布などは血圧を下げる効果の高いカリウムとナトリウムの割合が黄金比率ともいうべき絶妙なバランスで含まれているのでお勧めです。おぼろ昆布などはただ、ご飯やおにぎりに合わせるだけで食べられて楽々お弁当向けの海藻です。

・野菜は根菜やブロッコリー、青菜、パプリカなど彩りで目で楽しめ、満腹感も出る食物繊維も多く摂れるようにしましょう。

とかくダイエット弁当、しかも高血圧もあれば薄味でとなると食べる楽しみも半減した気分になってしまう人も多いものですが、野菜の色彩を最大限活用しましょう。人間、案外目で食べている部分が大きいものです。

手間をかけることが大事なのではありません。プチトマトとか、オクラをさっとゆでた物におぼろ昆布を絡ませるなど、毎日作る奥様も苦痛感のない工夫をしてみましょう。ダイエットはマラソン競技と思って心してください。

晩ごはんはこんにゃくごはんでカロリーオフ

・ご飯にはこんにゃくごはんを混ぜたごはんを入れる。(今はまとめ炊きしても冷凍保存できるこんにゃくごはん用もこんにゃくも売っています。)

こんにゃくごはん用のこんにゃくは高いと感じるなら、冷凍保存は出来ませんが「しらたき」をみじん切りにして炊き込めば同じような効果が得られます。

・昼食のお弁当と同様に、晩御飯の食卓も彩りに気を遣うのは大事な事です。

・早食いの夫には「ゆっくり噛む」為に「会話のネタ」になるものを用意しましょう。お子さんも思春期になるとあまり食卓を一緒に囲むことは少ないものです。奥様が話し相手になるのが一番でしょう。

「特に共通の話題って言われても…」と当惑する方もいるかもしれませんが、その場合はペットを飼ったり、ダイニングに置ける鉢植えを育てるなどして、お互いに当たり障りなく会話できる対象物があると良いかと思います。話しながら食べている方が、断然早食いは防げます。

デザートはアイスクリーム等のお菓子類から果物に変更しましょう。カリウムが摂れて高血圧の人には減塩と同じ効果が得られます。

ご飯茶碗は小さい物に変更

ご飯茶碗は今まで使っていたものよりも小さいものに変更しましょう。一応「一膳食べた」という気分の問題ですが、今までのご飯茶碗に少しだけのご飯をよそうといつまでたっても「少しのご飯しか食べれない」と思ってしまいますが、ご飯茶碗が小さければなれるとそれが普通になります。

この記事をシェアする

関連記事