• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

おっとり美人を目指したい方必見!話し方でこうも印象が変わります

Date:2013.10.15

話し方で女性の印象はとっても変わることをご存知でしょうか。特にビジネスシーンにおいては、声の大きさから、言葉の選び方まで女性なら知っておきたいキレイな話し方もたくさんありますよね。

今回は、話し方ひとつで“おっとり美人”になれる今からすぐ使えるテクニックをご紹介していきます。

大きくても小さくてもNG!まずは声の適度な音量を覚えましょう

まず声は決して大きな音量で話さないことに気をつけてください。ビジネスシーンのみならずプライベートにおける異性との会話でも要注意です。女性の大きい声はどうしても上品には聞こえないのです。かと言って、蚊の泣くような小さすぎる声も困りものです。

いっけん小さい声の方が女性らしくてかわいらしい印象を持たれそうですが、声が小さすぎて聞き取りにくい相手と話したときのことを思い出してください。会話の途中で何度も「すみません、ちょっと聞こえにくいのですが・・・」と言わないといけないわずらわしさ。

何度もこういうやり取りが続くと、相手に無駄なイライラを募らせてしまう可能性もありますよね。基本的な音量は、場をわきまえて使い分けることがもっとも大事だということを心に留めておくといいようです。

音量よりも大事な“声の質”とはどういうモノ!?

実際、会話を続けるうえで、一番重要と言っても過言ではないものがあります。それが“声の質”なのです。低すぎず高すぎず適度な音域とリズムで、言葉を語尾までしっかり話すように気をつけます。

また、くれぐれも気をつけたいことが、知らず知らずのうちに語尾を伸ばしてしまうこと。語尾の長い話し方は、とてもだらしない話し方に聞こえてしまいます。

ここ一番、絶対失敗したくない電話での対応をする場合は、次のことを意識して話してみると今までよりもいい印象を与える可能性大です。

背筋を伸ばして話す

背筋が曲がっているとキレイな声が出にくい気がします。特に電話で人と話をする時は、背筋を伸ばして顔を下に向けないように意識しながら話をすると、普段より高音が出るのでキレイに聞こえます。

話す速度にご注意

もっとゆっくり話して!あなたって本当に早口ね!なんて指摘されたことがある人は要注意です。早口で話すと、聞き取りにくいだけではなく、心が込もっていない印象を与えてしまうことがあります。

ビジネスシーンなど、時と場合によって早急に用件を伝えなければならない時は別ですが、普段話す時はなるべく落ち着いてゆったりと話すように心がけてください。

女子アナのしゃべり方をまねてみる

テレビでよく見かける女性アナウンサーをまねて、普段からしっかり話すクセをつけてみましょう。

今すぐアナウンサーのような話し方が身につかなくてもいいのです。女子アナは、女性らしい雰囲気を大事にして、言葉を大切にしている職業ですからきっと参考になるはずです。

いかがでしょうか。話し方ひとつで、なんとなくがさつな女性では?と思われることもあれば“おっとり美人”という印象を与えることもできるのです。そう思うと「話し方」って恋愛にはとっても大事なアイテムのような気がしませんか。

オフィスにおいても、相手を気遣ったり、場の雰囲気を大事にしたりできる女性は、社内でも絶対に一目置かれますし、電話対応がうまくこなせる女性は、対外的にも評価が上がり、円滑に仕事をすすめるきっかけになることも珍しくありません。

電話では特に顔の見えない相手ですから、声で第一印象が決まる時もあります。いずれにしても話し方ひとつで女性の印象を左右することは珍しくありませんから、話すのが苦手・・・と思われる女性も、一度は自分の話し方について見直すきっかがあってもいいかもしれません。

ポイントは、姿勢を正して、適度な声の大きさで、ゆっくりきちんと話し、語尾を絶対に伸ばさないこと!です。毎日の心がけでうんと良くなりますから、ぜひトライしてください。

この記事をシェアする

関連記事