• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

仕事場のお局様がストレスの原因?!心理作戦で自分を守って!

Date:2014.10.17

どこでも仕事場に長く勤めているお局様がいるものです。

普通お局様は独身者をさしますが、最近は既婚者であってもお局のように幅を利かせている女性が多くみられます。

ひと昔前なら仕事さえある程度しっかりやっていれば、さほど理不尽なことはありませんでした。

しかし最近は悪質なケースが多くなり仕事を辞めざる得ない状態に追い込まれたりするものです。

仕事場をかわればよいと言うものでもなく、いわゆるトラウマに悩まされ精神的にダメージを受けて病院通いすると行った方もみえます。

仕事場でのストレスはある程度、辛抱が必要ですが自分を守ることも必要です。ではどのように自分を守るのか?それが心理作戦です。

お局が独身とは限らない?!

*お局キャラ…

  • かなりのプライドの高いタイプ
  • 何でも知っておきたい傾向を持つ
  • 上司などの目上の人の評価を普通以上に気にする

お局様も所詮同じ人間であることをおぼえておきましょう。そしてお局キャラになってしまったという事は、かなりのプライドの高いタイプといえるでしょう。

上司からの評価を人一倍気にし、何でも知っておきたい傾向があります。

こうした傾向があるという事は常にピリピリしており実はさみしがり屋で精神的に不安定なタイプです。

こちらが言葉が少なければ、何でも知っておきたいため知らないことがあると不安になり情報収集のために近寄ってくるでしょう。

そしてへつらったり媚びてくるか?観察しはじめます。

この時点でこちらがお局キャラの持ち主だと分かっていれば、心理作戦を使ってコントロールを始めます。

もちろん今までずっと我慢してきた場合でも、心理作戦を始める事ができます。ではその心理作戦とは何でしょうか?

相談の仕方も注意深く…

媚びるかへつらうかを観察して、どちらもしてこないと分かれば「使えない」と判断するためいじめなどの行動に出てくるものです。

ではへつらう事をすれば状況が良くなるか?というとそうではありません。

ですから、お局キャラをもつタイプには上司に先手を打つことで不安心理を使いましょう。

この場合注意する必要があるのは、誰の事も絶対に悪く言わない事!お局キャラの人の事をリスペクトしている雰囲気を上司にしっかりアピールするのです。

結局使えるのは同僚でもなく上司であることを覚えておきましょう。

もし上司もあてにならない場合でも…、効果はあります。

下のものが尊敬して頑張っているのに評価してやらないのはなぜか?という事を言われるのが一番お局キャラにはこたえます。

ですから、つらい状況であっても悪口はタブーです。事実を話したり報告しましょう。

これは事実を知ってもらうために必要な行動です。

例えば、無視にちかい状態で扱われているなら現状を聞いてもらえそうな上司に話すとします。

そのような場合、まず現状を伝え、改善点をアドバイスしてもらえるようお願いしてみます。

それから、話した後に「一度この後直接ご本人に(そのお局キャラの人に)聞いてみます」という事!上司にも気になってもらう空気を作るのです。

NPO法人 労働相談 POSSEに相談してみましょう

もし上司もお局キャラの味方に見えてしまう場合も、同じように行います。ですが話した後は風当たりが強くなることを覚悟しましょう。

なぜなら、話して終わり…ではないからです。職場で取り扱ってもらえない問題は、NPO法人労働相談POSSEに相談してみると良いでしょう。

ここではブラック企業のトラブルの相談も受け付けています。厚生省からの斡旋で開かれている法人団体ですから相談も無料です。

この機関に相談していることを伝えるなら上司もある程度真剣に耳を貸すようになるかも知れません。

お局キャラのタイプは意外と家族や親族には甘く優しかったりするものです。

何らかのつながりでお父様の会社に知り合いがいるとか、同じ自治体に遠い親族がいるとか…そのような横のつながりを意識させることもできます。

「これ以上おかしなことになったら、話しますよ」という空気を相手に読みとらせましょう。

あくまでも空気を作ったりする心理作戦で行い、悪口やかげ口は言わないでおきましょう。

残念ながら助けてくれると思っていた人に裏切られることもあるものです。

ですから悪口や噂を流したら、こちらに落ち度を持たせることになるので注意しましょう。大きな会社の場合には相談窓口があるものです。

なかなか改善されない場合は、そのような窓口を利用しましょう。そして厚生省の相談窓口もありますが、まずは労働相談に相談してみて下さい。

思いつかないような知恵を教えてくれることもあるものです。

この記事をシェアする

関連記事