• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ローションやパックとしても使える!お茶を知り尽くして美肌美人

Date:2015.10.11

shutterstock_120114397 - コピー

茶道という文化を持つ私達日本人にとって、お茶は正しく生活の一部。

暑い夏でも、寒い冬でも「体と心を潤してくれるのはお茶!」と考えている女性も多いですよね?

最近はお茶の素晴らしい美容効果が科学的に証明されているので、肌の老化防止に緑茶やマテ茶を飲み、ニキビ予防にはルイボスティーで、デトックスには昔「紅茶キノコ」と呼ばれた発酵させた紅茶、Kombuchaと用途によって飲み分けている人も増えています。

でも、飲んで私達の美しさに影響があるのであれば、「直に肌に付けても美しくなるのでは?」と考えるのも不思議ではありません。

そこで、様々なお茶を使った、美容法をここでは紹介しますので、是非今日からお茶であなたの美しさに更なる磨きをかけてみませんか?

日本のお茶である“緑茶”で全身スッキリ美白美人に

熱い日差しが照りつける夏も終わると、気になりだすのが夏の間に浴びた紫外線による日焼け跡にシミ、ソバカスですよね?

これらを一手に引き受けてくれるのが抗酸化作用の強いポリフェノールが豊富な緑茶です。

冷ました緑茶を顔の気になる箇所につけたり、まぶたの腫れ、目元のくすみや目の下のクマが気になる場合には水に浸した緑茶のティーバッグを両目に1つずつ暫くのせておくと即効性も期待できます。

また、1、2回飲んだだけのお茶の葉を集めておいてガーゼなどに包んで浴槽に浮かべた“グリーンティバス”に入れば、緑茶の成分が全身に行き渡り、日焼けでダメージを受けた肌細胞を再生し、トーンダウンしてくれますよ。

そして、寝不足、お酒の飲み過ぎに、前の晩切ないドラマで散々泣いた翌朝に待っているのは目の下が黒く落ち窪むクマや腫れ上がったまぶたですよね?

こういうピンチの時の為に、緑茶のティーバッグを水に浸した物を幾つか冷蔵庫に保管しておけば、翌朝に即効で効いてくれる、アイパックの出来上がり。

緑茶のポリフェノールのお蔭で目の下の炎症であるクマを改善してくれ、カフェインと冷たくなったティーバッグのお蔭で、まぶたのうっ血も和らぎ腫れに直ぐ効くとお医者様のお墨付きなのです。

更に、夏に限らず頭皮のベタつきが気になる女性は、シャンプー後の髪を緑茶でリンスすると、頭皮の余計な脂分を取り除いてくれるだけではなく、程よい保湿もしてくれます。

頭からつま先まで“紅茶“で香る様な美人に変身

緑茶と同様に抗酸化作用が高く、女性の美容に貢献してくれるのが、海外ではブラックティーと呼ばれる“紅茶”です。

紅茶の濃い茶色が髪に自然な色を加えてくれるので、シャンプー&トリートメン後に濃い目の紅茶を髪全体に行き渡らせてから40~60分放置した後に洗い流すか、あるいはそのままタオルドライしても良い香りがついて更にグッド!

また、これから冬になるとブーツを履く事が多くなりますが、ブーツを脱いだ時に気になるのが足の臭いです。

この臭いも温めた紅茶で足湯をすると、タンニンと呼ばれる抗菌作用の高い成分が足を清潔に保ち、水虫などのトラブルも、足の嫌な臭いと共に取り除いてくれるのです。

それから、カミソリなどで脚の処理をした後のクールダウンには冷たい水に浸したティーバッグで脚を軽くマッサージするか、数個脚にのせて冷却脚パックをすれば炎症が効果的に抑えられるそうです。

ハイビスカスティーが持つ多様な美容効果で全身アンチエイジング

ハイビスカスティーに含まれる抗酸化作用の高いアントシアニンとビタミンCが日焼けによる炎症や、年齢による毛穴の広がりを軽減し、自然なヒドロキシ酸(フルーツ酸)が古い角質をとりのぞいてくれ、弾力のある肌を保ってくれるのです。

更に、ハイビスカスティーには粘りのある多糖類も含まれており、これが保湿の役割もしてくれるので、正にナチュラルな万能アンチエイジングローションと言っても過言ではないのです。

それに、ハイビスカスは頭皮や髪にも良い事で知られており、フケなどの頭皮のトラブルにも作用し、また上にも書いた保湿力が髪の健康も守ってくれるので、シャンプー&コンディショニング後にハイビスカスティーで髪を洗い流してみてください。

またご存じの通り、ハイビスカスティーは綺麗な赤い色をしていますよね?

この色が茶や黒髪に自然な赤いハイライトを加えてくれるので、もしハイビスカスティーでハイライトを入れたい人は、濃い目のハイビスカスティーを髪に浸して30~60分間おいてから洗い流しましょう。

高い保湿効果を持つローズティーで乾燥知らず

これからの季節は、脂性、混合肌に敏感肌など、どんな肌の女性でも乾燥が気になりだします。

そこで、どんな肌の女性でも安心して使えるのがローズハーブティー。

ローズは化粧品などにも使われるくらい美容効果が高い花で、自然な保湿効果が優しく肌を守り、肌を柔らかくそして、滑らかに保ってくれるのです。

使い方としては

洗面器に湯気の立つお湯を張り、その中にローズティーの葉を入れて顔を湯気に
当てるだけ。頭の上からバスタオルなどを被ると湯気が逃げずに済むのでより効果的。

また、ローズティーの代わりに乾燥させたバラのつぼみ(ローズバッド)を
使うと更に保湿効果が上がるのだそうです。

そして、そのお湯が温くなってしまっても捨てずに、コットン等を湿らせてフェイス&ボディーローションとして活用する事も出来るので、ローズティーの保湿効果を余すことなく利用できますよ。

ニキビ、湿疹などのお肌の悩みにはカモミールティー

カモミールティーはカフェインを含んでいないので、寝る前でも飲めてしかも、神経が高ぶっている時などに一杯飲むと心が落ち着くと言われていますよね?

でも、カモミールティーは私達に起こり得る、様々な肌トラブルにも効果を発揮してくれるのです。

ローズ同様、天然の殺菌作用が大人ニキビを撃退してくれ、乾燥する季節に悩まされる湿疹や肌のカブレにも良く効くのだそうです。

夏の間に出来てしまった、蚊などの虫刺され跡も、カモミールティーを含んだコットンなどでお手入れすると、だいぶ見た目が軽減されますよ。

飲んで体に良いお茶はお肌や髪にも美味しい

shutterstock_223040749 - コピー
お茶というと、喉を潤して一息つく為に飲むモノだと思っていましたが、飲んで美容や健康に良いという事は、直接肌や髪につけても良い効果をもたらしてくれるのです。

これからは一杯飲んだお茶のティーバッグやお茶の葉は捨てずに、美容素材として取っておき、美肌や美髪の為にリサイクルしてドンドン活用していきましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント