• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

最新グッズを使って「おうちクリーニング」で季節ごとの衣替えをスムーズに。

Date:2013.12.07

衣替えはいくつになっても、面倒な作業です。「特に冬と春が大変…」と思ってらっしゃる方も少なくないようです。

一昔前は衣替えの衣類は、全部クリーニング店にお世話になったご家庭が多かったのですが、今では家計をやりくりするため自分で洗う家庭も増え、衣類用中性洗剤も種類が増えてきました。

家計のやりくりするためというとちょっと残念な気持ちになりますが、好きな家事を女性に聞くと…どの年代も「お洗濯」が上位に入るケースが多いのです。つまり衣替えを「片づけ」とくくってしまわずに「洗濯」とくくる作業に変えればよいのでは?

意外と楽しんでいる!「おうちクリーニング」

好きな家事は「お洗濯」と答えるだけあって、シングルの方も主婦の方も「おうちクリーニング」を楽しんでおられるようです。雑誌にも「おうちクリーニング」のノウハウが掲載されていたりしますから、ご存じの方も多いようです。

例えば、衣類用中性洗剤の選び方や洗濯機のコースの選び方、型崩れしないネットの使い方また干し方、アイロンのあて方などなど。確かにこれだけの例を挙げてみると、一、二枚の洗濯ならまだしも、大量の衣類を仕上げるのも整頓するのも大変です。

でも、クリーニング代ブラウス・シャツ¥300、セーター¥500、コート裏地¥1500…を稼ぐつもりですればお得感がでてきます。またクリーニングはその店によってのりの張り具合が違うため、季節をこえて着ようとしたときにはしわが寄ってしまうという難点があります。

ですからのりの張り具合や、衣替えで片付けるクローゼットの幅に合わせられるのは、やはり「おうちクリーニング」の良い点なのです。

衣替えの時期から最新グッズで整理整頓をスムーズに。

衣替えの季節になったら、まず着回しする服を10着決めます。例えば、スカート2着・ブラウス3着・パンツ2本などトータルで10着まで。もちろんこの数字が少ないほど楽になるわけですから、お子さんが多い方は調整できます。

普段のお洗濯に数枚混ぜながら片付けていきます。夏用にせよ冬用にせよ、スカートでもしわにならないものは畳んで片付けます。ここで使えるのがふた付きクリヤーボックスです。最新グッズとして「スタックボックス」がおすすめです。

キャスターもついていて移動可能ですし、ボックス同士積み上げて収納しておいても、1つずつ移動させずにそのまま積み上げた状態で、側面についているふたを開ければ中の服をとる事ができます。

しかもクリアですから中身がよく確認でき一度片付けたら、「掘り起こす」ようなことをしなくてもよいため整理整頓がスムーズです。ぜひ活用してみてください!

この記事をシェアする

関連記事