• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

海外発!女性の価値観を大きく変える話題のオススメ小説3選

Date:2012.04.11

W580Q100_shutterstock_316939499

「ブリジット・ジョーンズの日記」をはじめとして、海外で書かれた女性作家の小説の中には、読んで女性が元気が出る本がたくさんあります。

男社会の中で奮闘しながら強く生きているだけでなく、ユーモアもあってスッキリする本も。その中から、文庫に収録されていて、手に入りやすい物の中から、テーマ別に何冊か紹介したいと思います。

仕事が楽しくて結婚は決められない・・現実は甘くないけど、甘いお話

「チョコチップ・クッキーは見ていた」他、<お菓子探偵ハンナ・シリーズ> ジョアン・フルーク著

30過ぎても結婚しないの?仕事ばっかり?などと言われている30代・40台のシングルさん、食べるのが好きな人、猫好きの人に特にオススメ

人気シリーズで現在12巻まで出版されているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、アメリカの小さな田舎町で、自分の手作りのクッキーショップを営むハンナが主人公。

年上の恋人に裏切られ、逃げるように故郷に帰り、昔から一番得意で好きなクッキー作りを仕事にしたハンナ。見た目も構わずちょっと太めで、問題児の猫と二人暮しですが、店の経営や新作のクッキーのことで頭がいっぱい、仕事に打ち込んでいる姿は共感度が高いキャラです。

初期の作品では美人でオシャレで口うるさい母と、同じく美人でオシャレで早々と結婚した妹とのギクシャクした関係、新しい恋人候補との煮え切らない様子なども「わかる~」という作品です。

どの本にも、オリジナルのクッキーなどのお菓子類や、家庭料理のレシピなども掲載され、クッキーなどを作る描写も多いので、つい甘い物が食べたくなってしまうのが難点。(が、実際に作ってみたら、やはりアメリカのレシピだけあって、かなり甘かったです)

人間に虐待され、なつかない猫のモシェも存在感があります。癒されて元気が出る作品です。

別れたムカツク男に鉄槌を下してスッキリ

「第一夫人同盟」「怒れる3人の妻たち」 オリヴィア・ゴールド・スミス著

元ダンナや元カレにむかついてる人、男性の身勝手さが腹立たしい人に特にオススメ

彼女の本は、ユーモアもあり、批判精神もあって、読むとスッキリして前向きになれる物が多いのですが、2000年前後に出版された、初期に書かれたこの2冊は、妻になった女性達が立ち上がり男たちに復讐するという内容です。

日本の女性達のように、ナメられても泣き寝入りなんてしないところ、現実にはなかなか実行には移せないことをやってくれることが、スッキリする理由ではないかと思います。

「第一夫人同盟」は「ファーストワイフ・クラブ」と言うタイトルでコメディ映画化され、ダイアン・キートンやゴルディ・ホーンが出演しています。映画では妻が4人になっていますが、小説は3人の妻が主人公。

若いうちに結婚し、自分も子育てのかたわら、夫の仕事の成功のために必死で尽力した糟糠(そうこう)の妻たち。でも成功した夫は、妻と別れて連れて歩くのに自慢できる若い女と再婚。妻達はタッグを組んで夫たちに復讐するというストーリー。

「3人の怒れる妻たち」も妻達が、共同戦線を張るのですが、こちらは愛人のせいで実家に出戻ったり、ダメ夫にこちらから三行半を突きつけたり、夫の仕事(ドラッグディーラーの嫌疑)のせいで、地域からつまはじきにあったり、それぞれ違う理由で夫によって窮地に立たされた妻たちが、復讐を実行するストーリーです。

どちらも、アメリカらしく追い詰められてもユーモアを忘れず、辛らつで、明るく、前向きで、夫のせいで窮地に陥っても、自分の将来も自分で切り開く強さもあって、元気をもらえるそんな女性達の話です。

主婦をなめると痛い目に

「ゴミと罰」他、<主婦探偵ジェーンシリーズ> ジル・チャーチル著

主婦の生活に嫌気がさしている、主婦の生活はラクで羨ましいと思っている、夫が単身赴任中の人に特にオススメ

普通の主婦が主人公の人気シリーズで、こちらも10作目までが翻訳されています。夫に先立たれた(不倫の末ジェーンを捨てて家を出た直後、事故死する)ことだけが、普通ではありませんが、日本では夫が単身赴任中の家庭に似ているかもしれません。

ティーンエイジャーを含む3人の子育てに疲れ、家事は不得意、飼い犬はおバカで言うことをきかない・・郊外に住む平凡な主婦が、お隣の主婦仲間と、殺人事件の解決をするというストーリー。

平凡な日常の中で、殺人事件の解決がリクレーションになっている点が肩の抜けたミステリーになっています。お隣の相棒のシェリィ(車に乗ると人格が激変し、夫の成功で今はプチセレブになりつつも、中味は変わらず普通の主婦感覚)のキャラにも共感できる作品です。

作品が進むにつれて、40歳過ぎの子持ちでもロマンスあり、亡くなった夫の姑との確執あり、自分の親との関係や、難しい10代子の子育ての悩みなど、30代、40代の女性なら持つ普通の悩みがいくつも出てくるシリーズです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント