• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

カロリーを守ればOK!ダイエット中に食べたい美容にいいおやつ

Date:2014.09.22

食後や間食にどうしても甘いものやおやつが食べたくなります。ダイエットをしている時は「間食はダメ」と思って甘いものを我慢している人も多いと思います。

我慢をするとどうしても食べたくなり、ドカ食いをしてしまいリバウンドしてしまうというダイエットの失敗をした人もいるのではないでしょうか。

ダイエットだから甘いものは確かに控えた方がいいのですが、全く食べてはいけないということはありません。でもせっかく食べるのであれば美容、そしてダイエットにいいものを選びたいものです。どういうものがおススメなのでしょうか。

ダイエット中でもカロリーを抑えれば甘いものもOK

ダイエット中は甘いものを食べるのはダメと思っている人が多いですが、実はそうでもありません。甘いものが好きな人が無理に我慢をするとそれがストレスになり、ダイエットが長続きしないということも多いそうです。

そこで最近よく言われるようになったのが「100キロカロリールール」です。100キロカロリーまでなら甘いものやお菓子もOKというルールです。このくらいのカロリーだと3回の食事でコントロールができるということで、この100キロカロリーというのが言われるようになりました。

この100キロカロリールールの影響か、スイーツも100キロカロリー以内のものがたくさん販売されるようになりました。

せっかく食べるのであれば美容やダイエットにいいものを選ぶ

ダイエット中、せっかく甘いものを食べるのであれば美容やダイエットに良いものを積極的に摂りたりところです。ただ甘いだけではなく、体や美容に良いとなるとおおやつを食べると罪悪感も減るのでダイエットも成功しやすくなります。

では、どういうものをおやつとして食べるといいのでしょうか。

美容やダイエットにいいアーモンドは積極的に摂ろう

ナッツというとお酒のおつまみのイメージが強く、何だか太りやすいのではという気がします。でも20粒程度であれば体重にはあまり左右しないと言われています。それどころかアーモンドには食物繊維がたっぷりと含まれているので便秘解消にもなります。

そしてアーモンドを食べることで体内のリパーゼの働きが弱まり、脂肪吸収率が下がるのだとか。他にもオレイン酸がたっぷりと含まれているので美容にも良いとされています。

ただ気をつけたいのがローストしているアーモンドを選ぶこと。「アーモンドだから」とアーモンドチョコなどを20粒食べては意味がありませんので注意しましょう。

栄養バランスの良いおやつにはドライフルーツを

ダイエット中のおやつにはドライフルーツもおススメです。乾燥させていることにより少量で多くの栄養素を摂りいれることもできますし、味も濃く噛みごたえも出るので少量で満腹になります。

ただドライフルーツの場合、種類によってはカロリーが高くなっていたり砂糖漬けにされているものがあるので、それはパッケージをしっかりと確認をして100キロカロリーに抑えるようにしましょう。

ドライフルーツはヨーグルトなどに甘みを足すのにも便利なので、ダイエットでヨーグルトを食べているという人は組み合わせるといいかもしれません。

甘いものが食べたい人にはグミがおススメ

どうしても甘いもの、お菓子が食べたいという人にはグミがおススメです。グミはゼラチンでできています。ゼラチンはコラーゲンからできているので美容にもいいとされています。

最近のグミにはプラスコラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンなどを豊富に含んでいるものが多く販売されています。果汁も100%で作られているものが多いので、こういうものを選びましょう。

グミの場合、1粒が約10キロカロリーなので1日の数は10個、美味しくてついつい食べ過ぎてしまうで注意が必要です。

ダイエット中でも食べても食べても大丈夫な甘いものはあります。どういうものがいいのか、そして間食やおやつの1つ1つのカロリーを気にすることもダイエットに繋がるので、自分でいろいろと計算をしてみるのもいいかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事