• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

パートナーに対して気持ちが冷めかけた時に改めて振り返りたいこと

Date:2013.12.03

何かのきっかけで、パートナーに対する気持ちが、なんとなく冷めかけてくるということは、どのカップルでも1度や2度はあるのではないかと思います。時に、もういっそのこと、別れてしまった方がいいのでは?と迷うこともありますよね。

そんな時、このまま本当に別れるべきか?後悔しないか?それとも続けてみるべきか?を決断する前に、以下の様なことを振り返ってみてはいかがでしょうか。勢いで決断し、別れを宣言してしまう前に、ちょっとだけ時間を取ってみてください。

出会った頃のことや付き合い始めたきっかけを思い出す

今は気持ちが冷めかけていても、出会った頃の気持ちを思い出すことで、彼への愛情が蘇る場合があります。

彼と出会った時は、どのようなシチュエーションで、どんなきっかけで付き合うことになったのか・・・こういったことを振り返って考えていると、当時のドキドキした新鮮な気持ちが蘇ってくるはずです。

その時、自分が彼に惹かれた理由は?そして、彼が自分に好意を持ってくれた理由は?そのようなことを思い出してみた時に、今もお互いに、そんな素敵な部分が変わっていないのであれば、単に慣れてしまって、ワガママになってしまった自分に気がつくかもしれません。

彼が折れてくれたことを考えてみる

今まで、二人の間に何か行き違いがあったような時や、相手を怒らせてしまった時など、どちらかが折れたり許してくれたので、関係を続けることが出来た・・・ということはありませんでしたか?

もし、相手が折れたり許してくれたことがあったのなら、そのことをよく振り返ってみてください。すると自然に、感謝の気持ちが湧いてきて、少し暖かい気持ちになれるのではないでしょうか。今回は、あなたが折れてあげる番なのかもしれません。

改めて、彼の好きなところを書き出してみる

ブログネタなどで、よく「恋人の好きなところを100個書き出す」というのを見かけます。これを書いてみた人は、改めて、パートナーの良さを確認することが出来て、パートナーに対する気持ちも再び盛り上がってくるようですよ。

ですから、是非ノートに100個を目指して、彼の好きなところ、素敵だと思うところ、カッコイイと思ったことなどを、書き出してみてはいかがでしょうか。

当たり前になってきて、忘れかけていたようなことでも、改めて考えてみると、「これは彼だからこその良いところだな」という、他の人では代わりがきかない長所、あなたにとっての良いところが、きっとあるのではないでしょうか。

そんなポイントを再認識すれば、お別れするのがもったいない、と感じるかもしれませんよ。

付き合ってきた中で一番うれしかった時のことを思い出す

今まで付き合ってきた期間の中で、二人で様々な思い出を作ってきたことと思います。その中でも、これは一番うれしかった!感動した!ということは、どのようなことだったでしょうか。

何かをサプライズでプレゼントしてくれた時のことだったかもしれませんし、自分の気持ちを一生懸命に語ってくれた時のことかもしれませんね。

そのように、二人の気持ちが通じ合い、喜び合えた時のことを思い出して、再びその時の気持ちを味わってみることで、彼への柔らかな愛情、ほんわかとした気持ちも思い起こされてきませんか?

そんな時のことを振り返り、微笑みがこぼれるようでしたら、ちょっとした倦怠期に入っていただけで、まだまだやり直しがきくかもしれません。

過去に別れ話になったけれど乗り越えた時のことを思い出す

長く付き合っているカップルの場合には、今までにも、別れ話が出たことがあっても、珍しくはありません。

もし、そのようなことがあったのでしたら、その時のことも振り返ってみましょう。その時は、どのような原因で別れ話になり、そしてどのように乗り越えたのでしょうか。その時のことが、今回にも活かせそうかどうか、考えてみると良いでしょう。

尚、悪いパターンとしては、今回もその時と同じような理由で再び、関係が危うくなっているのでしたら、これを最後のチャンスとして「次に繰り返すのはやめて欲しい」ということを、本気で訴えてみるのも良いかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事