• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

フルーツケースと端布をリメイク!10分で出来る可愛い小物入れの作り方

Date:2012.07.18

イチゴや果物、お菓子が入っていた、ちょっと柔らかめな透明ケースの同じ形を2つ用意し、お気に入りの端布や、和紙を挟んで小物入れにします。縁は刺繍糸や飾り紐で巻きかがりしますが、更に、レースやリボンなどで飾れば更に可愛くなります。

準備するもの

このようなフルーツケースを用意します。ピッタリ同じ形の透明ケースが2つ必要です。形は、四角でも丸でも大丈夫です。イチゴケースのような柔らかいケースの方が作業は楽です。

材料は、フルーツケースのような透明ケースを2つ、透明ケースに敷き詰められる程度の大きさの端布、はさみ、ホッチキス、端布と同系色の刺繍糸、飾り用にリボンやレース、布用のボンド等です。

早速作っていきましょう

まず、フルーツケース2個と、端布を用意します。

フルーツケース2つに端布を挟みます。フルーツケースで布を挟んだ状態で、布を引っ張りながら、フルーツケースにできるだけピッタリするように整えます。

布の位置などを整えたら、フルーツケースの端から2cmくらいの位置で布を切ります。

4箇所をホチキスで留める

赤い円の中のように、縁の4カ所をホッチキスで留めます。

余分な箇所を切り落とす

ホッチキスで止めたら、縁ぎりぎりで端布の余分を切り落とします。刺繍糸を針にセットして、縁の裏側から布ごとフルーツケースに突き刺すようにしながら、巻きかがりして行きます。怪我をしないように十分気をつけてください。

柔らかいフルーツケースと薄手の布地であれば、少し力を入れれば針で巻きかがりできますが、力を入れても針が通らない時は、目打ちなどで縁に1cmくらいの等間隔に穴を開けてから、巻きかがって行きます。レースで飾る場合は、巻きかがりは適当で大丈夫です。

一周したら両端の糸を縛って裏側で目立たないように糸を短く切ります。巻きかがりのこの状態で完成とする場合には、巻きかがりの間隔を狭めて等間隔で丁寧に。また、ホッチキスの針を外す方がキレイです。

飾り付け

縁を飾るためのレースやリボンを用意します。今回は、白いレースと、細いリボンを用意してみました。

トップの縁は、白のままのレースを、側面の飾りには同じレースにリボンを通したものを用意してみました。

巻きかがりした縁にボンドを塗ります。

白いレースをぐるりと縁に貼り付けます。

側面にもぐるりとボンドを塗ります。

リボンを通したレースを貼り付けます。これで一応完成ですが、好みで更にレースやリボンを飾っても良いです。透明ケースで挟んでいますので、布は汚れませんし、内部の多少の汚れは拭き取ればOK。小物入れとして、意外に長持ちします。色々な形のフルーツケースで作って、可愛く飾り付ければ、華やかな空間を演出できますよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント