• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

足元お洒落を楽しみたい!失敗しないパンプス選びのポイント

Date:2015.02.01

shutterstock_131393606_

長時間の外出や立ち仕事で夕方になると足がパンパンにむくむという女性はかなりいるのでは?スニーカーやローヒールならまだしも、仕事上かならずパンプスをはかないといけない場合は厄介ですよね。足を酷使してしまうと体全体も疲れやすいですし、精神的にも参ってしまう。

だからこそ、自分の足に合ったパンプスを選ぶことは非常に大事です。ここでは「購入して失敗した」と後悔しないための足が疲れないパンプス選びのコツや毎日のパンプスのお手入れ法をご紹介いたします。

「パンプスは仕事上必須です」という女性の悩み

「休日の日にパンプス履いて出かける」ならばまだしも、仕事上どうしてもパンプスを履くのが必須という女性たちも多くいます。毎日長時間立ちっぱなし、動きぱなしの仕事についていると足のむくみや足の裏の痛みに耐えられないはず。そんな女性たちの声を聞いてみましょう。

デパートで化粧品を販売しています(30代女性)

デパートの美容部員です。主な仕事はお客様の肌の状態をチェックしたり、その人に合ったメイク法や化粧品を紹介したり販売したりする接客業務の他に、棚に商品を並べたり、品出しのときは重い荷物を運ぶのも日常茶飯事。

商品が足りなければ急いで他の階へ取りに行ったり、想像よりはるかに重労働ですが、そのときに履いているのが、パンプスです。

パンプスでこれらの仕事をこなすのは、かなり足に負担がかかります。つま先の裏に体重がかかってしまい、夕方になると尋常じゃないくらい足の裏が痛い!

でも、お客さまに美しさを提供する商売なので、スニーカーやローヒールは絶対にNG!着るものはもちろん、足元も美しさを保つ必要があります。ですから、パンプスの生活からは逃げられません。

ホテルの配膳パートで4時間立ちぱなし(38歳女性)

配膳のパートを毎日4時間しています。物を持ったり、ちょこまか歩き回る仕事なのでフルタイムではないといえども、足のつま先が激しく痛くて辛いです。そして、靴擦れでかかとと小指に水ぶくれが…。とうとう、水ぶくれが破れて肉が見えてしまいました。

「もしかしたら、パンプスが合っていないのかな…」「仕事辞めた方がいいかな」と悩む日々です。この痛みが少しでも和らいだならどんなに仕事が楽しいか…。かなり、疲労感やモチベーションが違ってくると思います。

航空会社で客室乗務員しています(26歳女性)

チェックインから、搭乗常務まで5時間立ちっぱなしです。搭乗口にお客さんが揃っていなければ、探しにいかなくてはなりません。

ターミナルの階段をかけまわってかなり仕事的にもハードですが、その際に履いているのはもちろんかかとの高いパンプスです。

この職業に華やかさを感じ、小さい頃から憧れていました。しかし、実際は足腰を痛めるくらいキツイ仕事内容で…。特にうちの会社の規定では、ヒールは3~5センチと決められています。

背が低い私は5センチのヒールを好んで履いています。ヒールは足を美しく見せてくれるので仕事柄履き続けなくてはなりません。

パンプスで足が痛くなるのはどうして?

パンプスを履いて足が痛くなったり、外反母趾やまめができるなど、足トラブルになる原因は、ずばり「そのパンプスがあなたの足に合っていないから」です。

足に合わないパンプスは足が疲れるだけでなく、足全体がむくんだり、体のゆがみ、腰痛の原因となります。「仕事上履く必要がある」「どうしてもパンプスを履きたい!」「お洒落を楽しみたい!」という人は、パンプス選びは慎重に行うべきでしょう。

店頭でパンプスを選ぶときのチェックポイント

実際に自分に合ったパンプスを購入するときにチェックすべきところをあげてみました。

①かかとはフィットしているか?

かかとが緩すぎず、きつ過ぎないことが大事。かかとがしっかりとフィットしているかの確認ですが、つま先立ちをしたり、歩いてみてください。スポッと足からパンプスが抜けてしまうのは、かかとがフィットしていない証拠です。パンプスのトップラインがくるぶしに当たらないというのもチェック条件の一つでしょう。

②甲の部分はフィットしているか?

甲にすき間があると足が間に滑ってしまうので気をつけて。逆に足の甲がギュッと押されたり、食い込み過ぎるパンプスは、パンプスを履いているだけでストレスをためてしまうのでやめておいてくださいね。

③つま先が1センチから1.5センチ余裕があるもの

足指の先端に空きが1センチから1.5センチほど余裕があるものをおススメします。つま先が窮屈だと外反母趾になったり、まめなど足指トラブルの原因を作ってしまいます。足先に関してはピッタリし過ぎず、少し余裕のあるものを選ぶことをおススメします。

④ヒールがかかとの中心にあるもの

ヒールは体を支えてくれる大事な役割があります。パンプスを選ぶ時、かかとの真下に体重が落とせる設定されたパンプスを選ぶとかかとは疲れずにすむでしょう。

あなたの足の形とパンプスのデザイン

パンプスと一言でいっても色々なデザインがあります。「つま先が尖がった形のパンプスがいい!」という人もいれば、可愛らしさを追求して「つま先が丸みを帯びたラウンドタイプ」が好みの方もいるでしょう。

しかし、です。パンプスを選ぶとき、自分の足の形に合ったデザインを選ばないと足トラブルを引き起こす恐れがあるので気をつけて! 足トラブルを引き起こす前に、自分の足の形を知り、その形にあったデザインのパンプスを選ぶようにしましょう。

エジプト型の足

足の指 5本の中で、親指が一番長いのが「エジプト型」です。日本人の7割近くがこのエジプト型といわれています。このタイプの人は、外反母趾になりやすいというデメリットがありますので、できるだけ、親指を圧迫しないデザインのパンプスを選んだ方がいいでしょう。

一番おススメなのが、つま先に丸みのある「ラウンドタイプ」のパンプスです。つま先が丸くカーブしているので、親指を圧迫しにくいというメリットがあります。

可愛らしさとやわらかな印象を与えてくれますが、デザインによっては子供っぽいイメージを与えかねないので、選ぶときは慎重に選びたいですね。

ちなみにつま先がきつ過ぎても問題ですが、あまりに空き過ぎると前にスーッと滑ってしまうので、丁度よく1センチくらい余裕のあるものを選ぶことをおススメします。

ギリシャ型の足

親指よりも人差し指が長い形を「ギリシャ型」といいます。人差し指に負担がかからないデザインのパンプスを選ぶようにしましょう。

ギリシャ型の足におススメしたいのが、つま先が尖がった「ポインテッドタイプ」と靴の先がほっそりとしている「アーモンドタイプ」です。

「ポインテッドタイプ」は、つま先が尖がっているので、人差し指に負担をかけにくいですし、見た目的にもエレガントな大人の女性の足元を演出してくれます。

「アーモンドタイプ」は、「ポインテッドタイプ」と「ラウンドタイプ」の中間のような形で、アーモンドに似ているデザインからその名がつきました。履き心地はラクチンですが、見た目としては無難な印象を与えてしまうかも!

スクエア型の足

親指から小指にかけてほぼ同じ長さなのが「スクエア型」です。外反母趾になりにくいというメリットがありますが、小指にタコができやすいというデメリットもあり。

足の指が平らなのでつま先が尖がった「ポインテッドタイプ」は足の指が痛くなって長い時間履くことはできないので避けた方がいいかも!逆に大きく丸みのある「ラウンドタイプ」は、すんなりとラクに履けるので、ぜひおススメしたいですね。

パンプスお悩み Q&A

新しく購入したパンプス。「靴ずれして困る」「夕方になると爪先が痛い」などの悩みへの対処法をご紹介いたします。

靴ずれを予防したい

靴ずれの予防策として「足に合った靴を選ぶこと」そして「靴ずれが起こる前に靴ずれ防止専用のばんそこうやパットを貼る」です。アマゾンや楽天などのネットやドラックストアで販売されています。

靴ずれで悩んでいる人は、ケガの時に貼る普通のばんそこうで対処されている方もいるようですが、すぐに剥がれてしまい、結局は役に立ちません。しかし、かかと専用のばんそこうであれば、かかとのカーブにしっかりとフィットし、剥がれにくいので安心して履けます。

ばんそこうタイプではなく、パットタイプも売られています。パットタイプは、汚れたら洗って、何度も繰り返し使えるので、とてもリーズナブル。色は、肌に自然なベージュや透明なのでストッキングをはいても目立たないですよ。

靴ずれになってしまった場合

靴ずれの予防をせずにすでに靴ずれになってしまったときは、どうすればいいでしょうか。靴ずれになってしまった時、まず優先してほしいのが、傷口を治すことです。

水ぶくれ、皮むけ、擦れて生々しい傷があるにも関わらず、靴を履いてしまうと、傷口からばい菌が入り込み化膿してしまう危険性大!皮膚科や形成外科に受診し処置してもらいましょう。

つま先が痛くなる悩み

パンプスを履いて時間が立つと足のつま先が痛くてたまらない…。その原因は、爪先に空間がないのでは?または、つま先のフォルムが自分のつま先と合っていないのかも?

パンプスの先がキツキツだと当然ですがつま先が痛くなります。指先からパンプスの先に多少の空間があるとつま先が圧迫されずに気持ちよくパンプスを履くことができるでしょう。つま先があたらずに、自由に動かせるゆとりあるパンプスを選ぶようにしてくださいね。

そして、パンプスを選ぶ際、足先のフォルムと足のつま先が合っているものを選ぶことをおススメします。つま先の形も人それぞれ。親指が一番長い人もいれば、中指が長い人もいます。足指の長さがどれも均等な人もいるようです。

毎日のパンプスお手入れ方法

パンプスが雨で濡れたとき、汚れてしまったとき、どのようなお手入れをしていますか?そのまま放っておくとシミになったりしますので、きちんとした処置やケアをしてください。

お気に入りのパンプスを長持ちさせたい

気に入ったパンプスを長持ちさせるコツは「毎日履かない!」これに限ります。確かに気に入ったものはいつでも履きたいもの。毎日使用していれば、自然と足になじんで履きやすくなりますしね。

しかし、毎日だとパンプスもくたびれやすいですし、すぐに劣化してしまいます。なので、パンプスは3足くらい用意し、ローテーションを組んで履いてはいかがでしょうか。

パンプスの形状を変化させないようシューキーパーを使用することを強くおススメします。シューキーパーを使用しないとどうしても底材の反り返しや履きジワで形が崩れてしまいます。本当にお気に入りのパンプスを長持ちさせたいなら、シューキーパー必ず入れましょう。

革製なのに雨で濡れてしまったら

まずは、きれいな布で水分を拭き取り、風通しの良いところで乾かします。乾かす際は、木製のシューキーパーを入れて2日くらい壁に立てかけておくだけ。早く乾かしたいからといって、ドライヤーで乾かす人がいますが、ひび割れの原因になるので絶対に止めてくださいね。

完全に乾いたら、靴クリームで靴に栄養を与えましょう。ちなみに靴クリームは無色のものを選ぶとどんな靴の色にも対応できるので便利です。

雨でシミができてしまったら

一部に雨シミができてしまったら、放っておくと輪シミができてしまいます。それを防ぐには、全体的に水で濡らすことが大事です。流水で均一に濡らして、しっかりと乾かします。靴の中に水が入り込まないように気をつけてくださいね。

エナメルの靴に汚れがついた

パンプスでもエナメルでできた素材は光沢があるので汚れが目立ちやすいです。特に白系のエナメル靴は黒い傷のような汚れがつきやすいんですよね。靴用のクリーナーで磨いてもなかなか汚れは落ちません。そこでおススメなのがガラスクリーナーです。少量のガラスクリーナーを布につけて、汚れ部分を軽く軽く磨きます。布を指に巻き付けて磨くのが軽く磨けるコツです。

終わりに

足元オシャレは「パンプス選び」と「日々のお手入れ」これが大事です。ラクなのに綺麗なパンプスで今よりもずっと快適な足元ファッションを楽しんでください。

この記事をシェアする

関連記事