• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

パリのお土産コスメなら、オーガニックコスメがおすすめ!

Date:2014.06.02

パリにはかわいくて素敵な小物屋さんがあります。小さなかわいいお店に入ってみれば、オーガニックの手作りソープのお店だったり、古本…しかもかわいい絵本の古本屋さんだったり。

パサージュと呼ばれるアーケード付の歩行者通路の両側1階、または2階に店舗が立ち並ぶ小道も地元の人が足しげく通う小さなお店であふれています。かわいいなと思ってもアンティークだったりするとお土産にはちょっと高かったりするものです。

コストパフォーマンスもよく品質もよいもの…となると、パリのおみやげと言えばオーガニックのコスメがおススメです。

王道のメルヴィータ!

イギリスやスイスなどもオーガニックのコスメや食べ物に力をいれていますが、パリに集まるオーガニックのお店は植物学の博士が商品化したものだったり、bioを売りにして全くの無添加のコスメなどがあり上品質なものが日本の半値で買えます。

メルヴィータも最近では日本でもデパートにお店を出していますからご存じな方も少なくありません。口に入れてよいものを原材料にしているので、コスメだけでなくはちみつからハーブティー、化粧水から美容オイルまで種類も豊富です。

お友達の中にはそこまで、オーガニックに興味がない方もおられるでしょう。そのような方へのお土産なら街角にあるドラックストアに立ち寄ってみましょう。

CATTIER。メルヴィータよりも・・・

パリのドラッグストアはアメリカのように大きなものではありません。ヨーロッパ特有の小さな薬局です。薬局におかれているオーガニックのコスメはメルヴィータのようなブランドに比べてコストパフォーマンスが良く品質も十分良いものばかりです。

例をあげるなら、CATTIER。メルヴィータよりも1つ1つが少し大きめに感じますので、見栄えもします。

ただ、植物性ですから、人によって合う合わないが当然出てきますので、ハンドクリームや美容オイルのようなアレルギー反応を起こしにくいものをプレゼントした方がこのまれるかもしれません。

特に化粧水は、合う合わないがはっきり出ますので乳液のような中和されているものの方が使いやすいものです。またリップクリームもおススメです。

リップクリームにもふつうある程度の添加物が含まれているものですが、CATTIERもメルヴィータもオーガニックだけに添加物は一切入っていませんし、付け心地がなめらかでかぶれもあまり聞きません。

ラッピングもしてもらいましょう♪

どの店にしても、帰りのフライトの重量制限を考えるとなるべく軽いお土産を選びたいところのはずです。ですからリップクリームや小さなボトルの乳液化か、オイルがよいかもしれません。

たいていの場合小さなラッピングもしてくれますから、お願いすると良いでしょう。ちなみにどのお店もある程度英語を話すスタッフがいますので安心です。

片言の英語であっても、お互いに英語を母国語とするわけではないので、ある程度ブロウクンな英語でも聞いてくれようとしますから、あきらめないで話してみましょう。

この記事をシェアする

関連記事