• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

憧れのパリ。本にのらないパリジェンヌたちが楽しむおしゃれな裏エリア。

Date:2013.12.12

おしゃれな大人の街といえば…パリ。空に映えるエッフェル塔、セーヌ川沿いに散歩を楽しむ人たちが、ゆっくりまったりと時間を過ごしているといった、どこをとっても映画にありそうなシーンの街です。

日本からの観光客も1、2区といった観光名所あたりではよく見かけます。ルーブル美術館も日本人に出会う事が年々増えていると感じるほど。

背景には有名な俳優さんや女優さんがリポートする番組で、パリの美術館が頻繁に取りあげられたり、円高が続いたおかげもあるようです。

どこに行こう…どこを見てもステキすぎ!

誰もが知っている有名名所…エッフェル塔やノートルダム、凱旋門、ベルサイユ宮殿などは、1度は行っておくべきでしょう。パリは革命運動のいわば発祥地ですから、歴史的背景はあちらこちらに色濃く残っています。

またショッピングでは免税店に行くのが面倒に思えても、観光客としての特権ですから押さえておきたいものですね。2、3度とパリを訪れている人にとっては名所だけではつまらなくなるものです。

またすべての場所が素敵なので、限られた時間でどこへ行くのがいいか迷うものです。パリの地元の人たちはどこで買い物したり、お茶したり食事をしているの?か知りたいはず!女性の一人旅でも1日で楽しめるエリアをご紹介します。

雨でも雪でも楽しめるパサージュ。

パサージュは地下1階から2階部分は店舗、3、4階は住居となっていて通路に沿って吹き抜けガラス天井といった作りのお店が立ち並ぶ場所です。

今でいうショッピングモールの原型のようなところですが、規模が小さく、あるパサージュは隠れ道を思わせるそんな懐かしさ漂うクラシックなところが異なります。作られた年代ごとにデザインも入っているお店の種類も違うパサージュは、パリ市内に点在しています。

昔長いドレスに身をまとったマダム達が、天気やドレスのすそを気にしないでショッピングを楽しめるとあって、パサージュの数も増え繁栄していました。その名残が今もなお残っているのです。女性一人でも安心して回ることができます。

9区 Passage Jouffroy パサージュ ジョフロワ

1区から20区に区分されている中の「9区 パサージュ ジョフロワ」は、他のパサージュともつながっているので便利なところです。地元のビジネスマンの方たちも仕事の合間のランチに通うほど手軽なビストロやカフェがあり、デリだけをテイクアウトする方もみえます。

公共の乗り物としてはメトロで「リシュリュー・ドゥルオ」という駅から北東に歩いてすぐです。パサージュ ジョフロワの入り口にはグレヴァン美術館があるので分からなくなったら目印に探すと良いでしょう。

2区 Galerie Vivienne ギャルリー・ヴィヴィエンヌ

比較的ルーブル美術館よりの方向になる「2区 ギャルリー・ヴィヴィエンヌ」は、パサージュの中でも保存状態がよく通路にはタイルでモザイク調のきれいな床も見事です。なんといっても夜のお店が閉まってしまう時間帯でも、イルミネートされており、華やかです。

パサージュ内にはワインバーやカフェレストランもあり、お値段がちょっと高めではありますが地元の方たちも通うカフェがあります。ギャルリーという名からも分かるようにギャラリ―もあり、パリのオシャレなインテリアに関心のある方にはお勧めです。

夜遊び

パリでの女子ひとり夜遊びは慎重に行動してください。パリはフランス人の方以外にたくさんの人種の方も住んでいます。それはフランス政局が難民の受け入れをしているためです。

祖国を離れ、ワーキングビザのない人々もいるのですから、考慮して夜遊びはホテルの近くで楽しんでください。街角にたくさんのオシャレなカフェがあちらこちらにありますから、ホテルから近くのお店を探すのは難しくありません。

あたたまる人柄にいやされて良い思い出を!

地元の方は観光客にも親切です。困っていれば声をかけてくれたり、言いたいことさえ伝われば、言葉がわからなくても面倒をみてくれます。大都会といっても人間味ある暖かい人間性にホッとすると思います。ぜひパリに行ったら素敵な時間を過ごしてください。

この記事をシェアする

関連記事