• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供のパーティを華やかに!手作り耳付きヘアバンドの作り方

Date:2016.03.12

耳付き手作りヘアバンド

冬だ!パーティだ!というわけで(?)、こんにちは!

パーティーピーポーなお祭りライター、yolyです。

パーティを盛り上げるっていったらアレよね、被り物よね!今までだってあれやこれや、ご紹介してきました。

あれや↓

これや↓

こんなのも↓

で、今回はどうするの?ってきたら、もう、今回はイチから全部、作っちゃうよ!

ネタ切れなんてどこ吹く風。まだまだ作りたいもの、あるんだから!使用したのは毛糸とかぎ針。

ほら、冬にしか使えない素材でしょ?夏に毛糸とか、もう見るだけで苦しい。

今回は冬生まれの彼女のために、うっすらとしかかぎ針が出来ない初心者の私が、うっかり作り始めちゃいました!

もし少しでもかぎ針の経験ある方なら、あっという間にできあがり。初心者な私でも所要時間は30分、さてさて早速やってみよう!

準備するもの

  • 毛糸
  • かぎ針
  • 毛糸用針
  • ヘアゴム
  • (必要なら)デコレーション用にビーズなど

耳を編む

舟を編む(小説&映画)、みたいになってるけど、耳だから。毛糸はこちら。

W500Q100_3画像2

どん。真っ黄色。なぜかって?

もちろんそれは、彼女が某ディズニーのテディベアキャラが大好きだからです!

でもだからって、これが○°ーさんだとは言いませんよ(怒られそうだもん)。あくまでクマの耳。

…って、前置き長すぎ、言い訳長すぎ。失礼失礼。

はい、先ほどの毛糸は100円ショップのセリアさんで購入のアクリル毛糸。

そしてこちら

W500Q100_3画像3

ホビーラホビーレさんで購入のかぎ針キットに入っていたもの。活用します!

まずは素人ながら、編み図を作成してみたのでどうぞ。

W500Q100_3画像4

超基本的なこのあたりしか使っておりません。

W500Q100_3画像5

鎖編み、細編み…わからない方はGoogle先生に訊いてくださいね!超親切なサイトが手取足取り(?)教えてくれるから。

…とはいえ私も初心者。ゆっくりいきましょう!

まずは端を10㎝ほど余裕を持たせ、指に2回巻きつけて。

W500Q100_3画像6

間からかぎ針、入れちゃうよ。

W500Q100_3画像7

巻き初めを引っ掛けてもどりましょ。

W500Q100_3画像8

今度は外側から

W500Q100_3画像9

引き抜きます!

W500Q100_3画像10

はい、これで指から外して大丈夫。

W500Q100_3画像11

◆今度は輪の内側から引っ張ってきたのち

W500Q100_3画像12

外側からもう一度。

W500Q100_3画像13

こんな感じになったら正解!

W500Q100_3画像14

「◆」からここまでを、あと5回繰り返しましょう。

5回繰り返したら・・・

W500Q100_3画像15

なんだかドーナツみたいなのが、できるはず。そうしたら掛かっている糸を引っ張って余裕を持たせ、かぎ針を一旦抜きましょう。

※解けないようにご注意を。

W500Q100_3画像16

今ゆるめた根元のあたりをしっかりと押さえつつ、編み始めの糸を引っ張る!

W500Q100_3画像17

これで、中心の輪が縮まって、ドーナツの穴が小さくなるはず。そこまでできたらもう一度、元の位置にかぎ針を通して。

W500Q100_3画像18

一番最初の目を拾いましょう。

W500Q100_3画像19

引っ掛けて

W500Q100_3画像20

ここは引き抜き編みをするだけ。

W500Q100_3画像21

これで一段目の出来上がり!なにやらヤヤコシイのはここまで。あとは簡単!

二段目からは説明を省略しますが、立ち上がり一目、鎖編みをしたら、同じ目に二回通して細あみ。基本は一段目と変わりません。

編み図に記載のとおり、5段目~10段目は4段目と同じく、全て細編み。

そしてできるのは…

W500Q100_3画像22

これこれ。小さな帽子みたいな物体ができたら正解!

それを潰せば、ほら

W500Q100_3画像23

耳っぽ~い!

端は15cm位残して、カットしましょう。

耳だからもちろん、もう一つ作ってね!

バンド部分を編む

はーい、こちらはもっと簡単。なんてったってただの帯状のもの、編むだけだからね!

用意するのはヘアゴム。30㎝程。

W500Q100_3画像24

かぎ針編みって、棒針編みと違って弾力のない編みあがりなので、ゴムで着脱しやすいようにしますよ!

ただの黒いゴムで全く問題ないですが、ここはお洒落にラメ入りゴムにしてみました。

W500Q100_3画像25

端を結んだら…

W500Q100_3画像26

さっき、耳を作った時の一段目と同様に編んでいきますよ!

W500Q100_3画像27

幅はお好みですが、10~15目くらいがいいような気がします(私の主観)。

W500Q100_3画像28

今度は輪にはせず(最初の目は拾わず)、クルッと左右反転させて1目、鎖編み。

W500Q100_3画像29

そのまま編んでいきますよ!

W500Q100_3画像30

多少ガタガタでもキニシナーイ!

W500Q100_3画像31

ゴムも含めて頭にまわるサイズになったら(50段前後だと思います)、最後の段にはゴムを絡ませて。

W500Q100_3画像32

目を拾う時にゴムを一緒に通す感じ。最後まで行ったら、10㎝ほど残してカット。

針に端を通して、ほつれてこないようにガシガシ留め付けちゃいます。

W500Q100_3画像33

ついでに、耳もバンドへ付けちゃいましょう!こちらも残しておいた15cmで縫い留めます。

W500Q100_3画像34

耳付きヘアバンドのできあがり!

W500Q100_3画像35

ふっふっふ…我ながら、けっこうな○゜ーさんっぷりじゃない!?

いやいやちがうけどね、ただの黄色いクマだけどね(無駄な抵抗)。

さてさて、このままでも充分だけど、もっとオシャレにしたかったから…王冠付けちゃいますよ!

王冠を編む

普通だったら王冠だし、金色…の毛糸はなかなかハードル高いから、黄色?…ってなるところ。

でも私は耳を黄色で編んでしまったので、こちら!

W500Q100_3画像36

白でいきます!編み図はこちら。

W500Q100_3画像37

W500Q100_3画像38

今回は最初を輪にせず、まずは33目、鎖編み。

W500Q100_3画像39

編み図のとおり、3段目までは一列ひたすら編むだけ。

W500Q100_3画像40

4段目はちょっと面倒だけど、ゆっくり編めば簡単です。

W500Q100_3画像41

細編みの後は、一目飛ばして中長編み・長編み。

長編みの上に鎖編み3目、お忘れなく!

また一目飛ばして、細編み。

W500Q100_3画像42

これを繰り返していきましょう!

W500Q100_3画像43

端まで編めたら

W500Q100_3画像44

また15cmほど残してカット。

W500Q100_3画像45

かぎ針棒が通っていた輪を広げ、

W500Q100_3画像46

引き抜きます。

W500Q100_3画像47

これでほつれる心配なし。針で端と端を縫いあわせたら

W500Q100_3画像48

王冠完成!

W500Q100_3画像49

直径3cmくらいの、小っちゃい小っちゃい王冠です。

白い王冠に白いパールをつけたらかわいいだろうなぁ!…と思い立ったので、超行き当たりばったりだけど…ビーズの棚をゴソゴソ。

W500Q100_3画像50

こちらは普通の針と糸で。

ジャーン!

W500Q100_3画像51

か…可愛い。思いっきり手前味噌だけど、思わず可愛い!

と呟いてしまいました。だって可愛いでしょ(鼻息)!

W500Q100_3画像52

最後は耳付きヘアバンドに縫い付けるだけ。

W500Q100_3画像53

王冠と同じ、白い毛糸で。

完成!

W500Q100_3画像54

試着なう。

いかがでしょうか!?

W500Q100_3画像55

なかなかのしっかりとしたホールド感で、ヘアバンドとしても機能しそうです。(もちろん人目を気にしなければですが)。

さてさてこれで、パーティーを盛り上げる一助になるかな~!ワクワクです。

なんだか○゜―さん関係なしに、もう一つ作りたくなってきました…!!

ちなみに耳を作る時に、5段目以降の量を増やせばウサギもできちゃいますよ!

それでは、長くなりましたが最後までご覧いただき、ありがとうございました!

W500Q100_3画像56

Let’s start the party!

この記事をシェアする

関連記事

コメント