• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

パーティは勝負服に頼るより、アクセで肌をきれいにみせて!

Date:2014.01.29

お友達の結婚式や2次会、謝恩会など大掛かりなパーティーから同窓会まで女子であればだれでも気合が入るものです。

普段のスタイルよりフォーマルかつ華やかなスタイルだからこそ服に気合をこめがちですが、それは一つ間違えるととても「イタイ女子」になってしまいます。

いつもより「よりキレイに」なりたいという思いからですから、服に気合を入れるより自分にあうパーソナルカラーを知って肌をきれいに見せる方が魅力を引き出すことができます。

日焼け肌にはゴールド。透明感のある白い肌にはシルバー。

夏に日焼けできた小麦肌のタイプは、秋色ベースの渋みの効いた色が似合われるとされます。

またアクセサリーはゴールドやブロンズ。ネックレスやピアスまたはイヤリングを付けるときゴールド系のものを付けると、肌の色と共にしっとりとしたつやの肌に見せてくれます。

透明感のある白い肌のタイプの方はビビットカラーが似合われるでしょう。はっきりとした色目のイブニングドレスにシルバーやパール系のアクセサリーは首もとをはじめ肌の透明感をより一層際立たせることができます。

日本人の肌に合うとされる「ピンクゴールド」。

「日焼けもしていないし、白い肌と言う訳でもない私は?」という方が大半だと思います。そのような方はアクセサリー選びで意識したいのが、「アクセサリーのMix使い」。

首の肌を透明感のある肌に見せるには、まずゴールドとシルバーのどちらがあっているかを見ましょう。たいていの場合シルバーかもしれませんが、基本的に日本人の肌にはゴールドが相性が良いとされています。

ですからゴールドでも茶に近いようなゴールドよりも、いわゆる「ピンクゴールド」のような優しい色目のものの方が合うかもしれません。そしてMix使いをしていきましょう。

「アクセサリーのMix使い」をして肌をきれいに!

ネックレスを選ぶ際、どのようにMix使いをするのかというと…。ピンクゴールドを例にとるなら、チェーンとなる部分にピンクゴールドを使用したもので、パールやクリアストーンがあしらってあるデザインのものを選ぶことができます。

クリアストーンには服の色に合わせたスモーキ―カラーのストーンだと服もはえますし、肌の色も明るく見せる事ができます。

もし手元にあるアクセサリーをアレンジしたい上級者さんには手元のものでもできます。上級者さんは長いものと短いものを重ねて使う事に慣れておられるかもしれません。

おさえておきたいのは…長めに使うアクセサリーには細めのシルバーやピンクゴールドを2連にして着け、短かめのアクセサリーにパールやスモーキ―カラーのストーンを使ったものを重ねたり、またはパールなどのネックレスに小さめのコサージュを付けてポイントにすると今年らしさが出るでしょう。

ですから、肌色が黒いとか首が短い…などコンプレックスにするより、肌を明るく見せるためのアクセサリーを常に身に着けて自信を持ってください。

美に対する自信こそ自分をきれいにさせるものです。肌をきれいに見せるベースになるアクセサリーに自分らしさをプラスしながら肌で勝負してみてください!

この記事をシェアする

関連記事